ハチ(コバチの仲間)

2024年2月11日 (日)

●再びタマゴクロバチの仲間

お馴染みになって来たタマゴクロバチの仲間。
見つかる場所によって、何種類かいることまでは分かっていますが、詳細は不明です。
私が和名を知っているのは、この見た目だとミツクリタマゴクロバチ(今回のは違いますよ!)位かな。

昨日は舞岡公園に出掛けましたが、お馴染みさんの皆が「フユシャクは不作」と嘆いてました。
フユシャクの成果の無いまま、昼過ぎにゴーヘイさんと再会し、日向ぼっこをしながら話し込んでました。
引き上げの準備をして、歩き始めて少し移動したところで「シモフリトゲエダシャク発見!」。
しかも交尾中で「今日も、舞岡に来て良かった!」となった訳ですね!
その後、メスが離れて歩き出したところで落下してしまいましたが、拾い上げて枝に止まらせてメス単体で再撮影となりました(^^)v
お陰で、予定時間を大きく超過したので、お昼ご飯を食べ損なってしまいましたとさ(^^;。

タマゴクロバチの仲間(ハチ目/タマゴクロバチ科)
Cocolog_2024020901 撮影:2024.02.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024020902 撮影:2024.02.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024020903 撮影:2024.02.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024020904 撮影:2024.02.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024020905 撮影:2024.02.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024020906 撮影:2024.02.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2024年2月 5日 (月)

●メタリックなヒメコバチ科の仲間

ツバキの葉の裏のヒメコバチ科の仲間ですが、これはメタリックな外観が切れなコバチです。
大きさは、翅の先まで約2.2mmほどで、まあ普通のヒメコバチの大きさでしょうか。
こう言う感じの方が、色合いとしては撮りやすいのですが、コイツは比較的直ぐに動き出すので要注意。

昨日は、田んぼの作業で舞岡公園に行きましたが、事情があって作業は無しで餅つきのみ実施。
ついてもらって(ここでも他力本願)お餅を、美味しく頂いてきました(^^;
午前中は雨だったので、お馴染みさんには誰にも会いませんでした。
ただ、木の幹が濡れて黒っぽくなったお陰で、フユシャクのオスが張り付いているのが遠目で分かりました。

ヒメコバチ科の仲間(ハチ目/ヒメコバチ科)
Cocolog_2024020401 撮影:2024.01.30, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024020402 撮影:2024.01.30, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024020403 撮影:2024.01.30, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024020404 撮影:2024.01.30, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024020405 撮影:2024.01.30, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2024年2月 4日 (日)

●ニッポンオナガコバチの雌雄(瀬上市民の森)

今回のは、瀬上市民の森に行ったときに撮った、ニッポンオナガコバチの雌雄になります。
最初の2枚がオスで、産卵管が無いのと触覚に細かな毛が沢山生えているのが分かると思います。
たぶん、他の虫と同じようにメスを探すために役に立つのだと思います。
ニッポンオナガコバチのオスを、この時期に見たことは無かったと思いますが、今年は二回目になります。
普通だと、この時期に目にするのはメスばかりだったように記憶してますが、最近は怪しいからな~(^^;。

昨日は、予定通りに舞岡公園に行ってみましたがフユシャクがパッとしなかったので、樹皮めくり作戦変更しました(^^;
最後に。カッパ池で近づいても全然逃げないアオサギの幼鳥を撮影して帰ってきました。
虫がいないと、今月は何をターゲットにしようか、本当に困ってしまいますね!
今日は、田んぼの作業の初仕事なので、舞岡公園に行きますが虫撮りは無しです。

ニッポンオナガコバチ Macrodasyceras japonicum (ハチ目/オナガコバチ科)
Cocolog_2024020301 撮影:2024.01.29, 横浜市栄区瀬上市民の森

Cocolog_2024020302 撮影:2024.01.29, 横浜市栄区瀬上市民の森

Cocolog_2024020303 撮影:2024.01.29, 横浜市栄区瀬上市民の森

Cocolog_2024020304 撮影:2024.01.29, 横浜市栄区瀬上市民の森

Cocolog_2024020305 撮影:2024.01.29, 横浜市栄区瀬上市民の森

| | | コメント (0)

2024年1月26日 (金)

●ヒメコバチの仲間(久良木公園)

この時期、真剣になって探し回ったら、結構な種類のコバチを見付けられるはずなんですが、チョット少ないかな。
今回のヒメコバチは、大きさが翅の先端まで約3.2mmほどで、ヒメコバチとしては大きい方かな。
コバチを撮れなくなったら、冬の虫撮りはお休みになってし舞うでしょうね。

今日は金曜日、頑張れば明日は虫撮りに出掛けられます(^^)。
今度の土曜日は、児童遊園地に出向いてフユシャク意外にも期待できそうですね!

ヒメコバチの仲間 (ハチ目/ヒメコバチ科)
Cocolog_2024012501 撮影:2024.01.09, 横浜市港南区久良木公園

Cocolog_2024012502 撮影:2024.01.09, 横浜市港南区久良木公園

Cocolog_2024012503 撮影:2024.01.09, 横浜市港南区久良木公園

Cocolog_2024012504 撮影:2024.01.09, 横浜市港南区久良木公園

| | | コメント (0)

2024年1月25日 (木)

●寄生されたイモムシの残骸

葉っぱをひっくり返して、これを見て直ぐに分かる人がいたら、結構な虫マニアかも知れないですね!
白い網の中に見える黒っぽい物体が4個、寄生したヒメコバチのサナギが入っているはずです。
前に、これと同じようなのも持ち帰って、その後の状況を確認したことがあります。
今回のは、比較的小さな芋虫だったのでサナギの数も少ないですが、もっとたくさんいることもあります。
しかし、ヒメコバチの幼虫が共同してうまい具合にサナギを守る網を張るのが不思議です。
早く、土曜日にならないかな~(^^)。

たぶんヒメコバチが寄生 (ハチ目/ヒメコバチ科?)
Cocolog_2024012403 撮影:2024.01.13, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024012402 撮影:2024.01.13, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024012404 撮影:2024.01.13, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024012405 撮影:2024.01.13, 横浜市戸塚区舞岡公園

※概ね、こんな感じのヒメコバチの仲間が出てくるはずです。Is2024012207 撮影:2023, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2024年1月24日 (水)

●タマゴクロバチの仲間(久良岐公園)

この時期に見ることができるフユシャクも、それほど種類が多い訳ではないので、他も撮らないとネタが無くなる。
なので、冬場は葉の裏めくりと樹皮剥がしがメインになってきますが、小さいのが多いので撮るのも大変。
タマゴクロバチの仲間にも何種類かいますが、今日のはケヤキの樹皮の裏で良く見掛けるヤツで、翅の先端まで約1.6mmほど。
色が真っ黒で無ければ、1mm位でも何とかなるけど、キレイに撮るのは結構しんどいです(^^;。

昨日は、当初の予定を変更して久良木公園に行ってみました。
先ずは、予定をしていなかったフユシャクのメスを2匹撮ることが出来たのは良かったですね。
今回は、樹皮めくりを中心に攻めてみましたが、初見のヒゲナガゾウムシの仲間を撮れました。
お馴染みの虫が多かったのですが、まあまあの成果だったのかな(^^;。

タマゴクロバチの仲間 (ハチ目/タマゴクロバチ科?)
Cocolog_2024012301 撮影:2024.01.09, 横浜市港南区久良木公園

Cocolog_2024012302 撮影:2024.01.09, 横浜市港南区久良木公園

Cocolog_2024012303 撮影:2024.01.09, 横浜市港南区久良木公園

Cocolog_2024012304 撮影:2024.01.09, 横浜市港南区久良木公園

 

| | | コメント (0)

2024年1月21日 (日)

●この冬初のキイロホソコバチ

冬場の見た目の虫が少ないときは、なんと言っても葉の裏めくりに限ります(^^)。
と言っても、無差別にめくっても見つかる訳では無く、裏にいそうな場所を選ぶ必要はありますが。
今日のは、ツバキの葉の裏で見つけたキイロホソヒメコバチ(翅の先端まで約2.5mm)です。
ヒメコバチの仲間としては標準的(?)な大きさかな、でも色が黒っぽく無いのでキレイですね。
暫くは、こんなのを探しながらフユシャクなども撮る生活が続きます。

さて、雪が心配ですが今日は無事帰ってくることが出来るでしょうか(^^;。

キイロホソコバチ Stenomesius japonicus (ハチ目/ヒメコバチ科)
Cocolog_2024011811 撮影:2024.01.13, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024011812 撮影:2024.01.13, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024011813 撮影:2024.01.13, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024011814 撮影:2024.01.13, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2024年1月19日 (金)

●ナミスジフユナミシャクの交尾(児童遊園地)

フユシャクのメスを見つけるのが難しいのに、何と自力でナミスジフユナミシャクの交尾を見付けました(^^)v。
しかも、ポジション的には丁度良い高さだった上に、通路側に向いていたので撮影が凄~く楽で助かりました。
この日は、ナミスジフユナミシャク日和だったようで、他に単独のメスが2匹いましたが、他にも2匹いたそうな。
この児童遊園地は、意外にもフユシャクを撮るには穴場のようですね!

今日から、二泊三日で軽井沢まで身内4名とワンコ1匹で出掛けますが、天候がチョット(^^;。
なので、次のフユシャク撮りは、週明けの月曜日以降ですね。

ナミスジフユナミシャク Operophtera brunnea (チョウ目/シャクガ科)
Cocolog_2024011711 撮影:2024.01.14, 横浜市南区児童遊園地

Cocolog_2024011712 撮影:2024.01.14, 横浜市南区児童遊園地

Cocolog_2024011713 撮影:2024.01.14, 横浜市南区児童遊園地

Cocolog_2024011714 撮影:2024.01.14, 横浜市南区児童遊園地

Cocolog_2024011715 撮影:2024.01.14, 横浜市南区児童遊園地

| | | コメント (0)

2024年1月16日 (火)

●コガネコバチ科の仲間(芹が谷)

コガネコバチ科の仲間も何種類か居るのだけれども、形は概ねこんな格好です。
コバチの中では、逆三角形=逆おにぎりの形をした顔が結構かわいいです。
ただ、大きさは翅の先端まで約2.3mm程度しか無いので、マクロ撮影しないと良さが分からないかも。

昨日は、予定を変更して舞岡公園に行きましたが、チャバネフユエダシャクのメスを見付けることが出来ました。
今回は、擬木では無く桜の木の表面に張り付いていましたが、私が見付けた更に上に追加で一匹確認されました。
柵が無かったら、メスも普通の木を上っていくようですが、上まで行っちゃたら見付けにくいですね(^^;

コガネコバチ科の仲間 (ハチ目/コガネコバチ科)
Cocolog_2024011501 撮影:2024.01.08, 横浜市港南区芹が谷周辺

Cocolog_2024011502 撮影:2024.01.08, 横浜市港南区芹が谷周辺

Cocolog_2024011503 撮影:2024.01.08, 横浜市港南区芹が谷周辺

Cocolog_2024011504 撮影:2024.01.08, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | | コメント (0)

2024年1月13日 (土)

●久しぶりのニジモントビコバチ

冬場でも葉の裏には、色々な小さな虫たちが存在しています。
その中で比較的気に入っているのがコバチの類で、綺麗な色のコバチや変わった形のコバチが居ます。
今日のニジモントビコバチは、両方を備えている数空少ない種の一つですね。
このコバチの触覚の一部が、光の関係で紫色に輝いてキレイで、今回は無事撮ることが出来ました。

今日は、予定通り舞岡公園に行くことにします。
コンビニのパンは今一なので、昼ご飯用に今日はパン屋さんでサンドイッチを買うことにしています。
上永谷のパン屋さんが始まるのが9時なのとバスの時間の関係で、虫撮りの散策は10時少し前に開始かな(^^)。

ニジモントビコバチ Cerapteroceroides japonicus (ハチ目/トビコバチ科)
Cocolog_2024011201 撮影:2024.01.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024011202 撮影:2024.01.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024011203 撮影:2024.01.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024011204 撮影:2024.01.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧