ハチ(コバチの仲間)

2019年4月10日 (水)

●コガネコバチの仲間を深度合成

深度合成と言ったら「やっぱりコバチ」と言うことで、予約見つけて捕獲してきたコガネコバチ科の仲間を撮影してみました。前に撮影したコナジラミよりも思っていた以上にキレイに撮れた感じがしましたが、実際に写真を撮って分かったことが幾つかあります。
 1.被写体のゴミは、事前に確認して削除しておく必要があること。
 2.被写体の固定方法を検討する必要があること。皆さん、どうやって固定しているかな?
 3.CombineZPだと、サイズの大きな写真で枚数が多いと処理できない→フリーソフトだから限界? 。
 4.フラッシュを使用しないと、やっぱり仕上がりが質素な感じになってしまう?
 5.捕獲した被写体の処理方法も検討する必要がある→今回は、捕獲して容器に入れておいただけだった 。
 6.物理的な装置の準備よりも、他の処理の方が大変だということか。

以上ですが、まずはお馴染みのBABAさんにお伺いして、アドバイスを受けてみようかななどと安易な考えでいたりして(^^; 。
いつかは、BABAさんのような迫力のある写真も撮ってみたいものです!

コガネコバチの仲間 (ハチ目/コガネコバチ科)
Combaine_19032501 撮影:2019.03.19, 横浜市港南区芹が谷周辺
 Combaine_19032502 撮影:2019.03.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2019年4月 8日 (月)

●コガネコバチ科の仲間10

コイツも、春先に見掛けるコガネコバチ科の仲間でしょうが、4月5日のコガネコバチ科?の仲間0316との関係は不明です。大きさは、こちらの方が大きく体長約2.2mm(羽根の先端まで約2.4mm)となります。なかなか渋い色をしていますが、光が上手く当たれば金属的な姿が浮かび上がると思います。
出張で2週間ほど虫撮りから離れていましたが、今日は久し振りに裏に出掛けて様子を見てこようと思っています。

コガネコバチ科の仲間10 (ハチ目/コガネコバチ科)
Kobachi_19031901
撮影:2019.03.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_19031902
撮影:2019.03.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_19031903
撮影:2019.03.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_19031904
撮影:2019.03.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金)

●コガネコバチ科?の仲間0316

春先にみつかる、コガネコバチ科の仲間だと思います。似たようなので、大きいのと小さいのがいるのですが、雌雄なのか別種なのかは良く分かりません。コイツは、小さい方の個体になります。
コガネコバチ科?の仲間0316 (ハチ目/コガネコバチ科?)
Kobachi_19031801
撮影:2019.03.16. 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_19031802
撮影:2019.03.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_19031803
撮影:2019.03.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2019年3月 3日 (日)

●タマゴクロバチの仲間

す粉に前にもケヤキの樹皮の下にいたのを載せていますが、今回のはヤツデの葉の裏にいたもので微妙に違い様な気がしますが…(^^;。小さいので、来まい部分までキレイに撮れていないので違いが良く分かりませんが、似たようなのが多そうなので違うことを期待して載せることになした。実は、他のことをやっていたら写真が準備されてないことに気が付き、この写真が急遽登場となった次第です。

タマゴクロバチの仲間 (ハチ目/ハラビロクロバチ科)
Kobachi_19021901撮影:2019.02.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_19021902撮影:2019.02.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_19021903撮影:2019.02.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_19021904撮影:2019.02.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_19021905撮影:2019.02.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日)

●タマゴクロバチの仲間

これもケヤキの樹皮の下のお馴染みさんですが、外見が似ているのでどのタマゴクロバチの仲間なのかは良く分かりません(^^;。このタマゴクロバチの仲間は、カメムシの卵に寄生するのが多いようですが、卵に遭遇できるのは随分と先になるので大変でしょうね

タマゴクロバチの仲間 (ハチ目/ハラビロクロバチ科)
Kobachi_19021921撮影:2019.02.18, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19021922撮影:2019.02.18, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19021923撮影:2019.02.18, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19021924撮影:2019.02.18, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19021925撮影:2019.02.18, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19021926撮影:2019.02.18, 横横浜市港南区久良岐公園

| | コメント (0)

2019年2月22日 (金)

●ヒメコバチ科の仲間0216

ヤツデの葉の裏にいた初めて見るヒメコバチの仲間、ブログ別カテゴリー・リスト で調べてみたらBABAさんの記事「ヒメコバチ科 (Cirrospilus vittatus Walker ) ♀ その1」が似ている(背中の模様が異なる)ことを見つけました。同じ種ではなさそうですが、Cirrospilus sp. であることは間違いなさそう。大きさは体長約1.6mm(羽根の先端まで約2.0mm)で、とてもキレイな色のコバチでした。Cirrospilusで画像検索してみたけど、ドンピシャなのは出てこなかったですね

ヒメコバチ科の仲間0216 (ハチ目/ヒメコバチ科)
Kobachi_19021911撮影:2019.01.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_19021912撮影:2019.01.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_19021913撮影:2019.01.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_19021914撮影:2019.01.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (2)

2019年2月21日 (木)

●タマゴクロバチの仲間

ケヤキの樹皮のしたのお馴染みさんのタマゴクロバチの仲間です。たぶん、タマゴクロバチ亜科 Trissolcus sp. なのではと思いますが、似たのが多いからな~?。

タマゴクロバチの仲間 (ハチ目/ハラビロクロバチ科)
Kobachi_19021111撮影:2019.02.10, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19021112撮影:2019.02.10, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19021113撮影:2019.02.10, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19021114撮影:2019.02.10, 横横浜市港南区久良岐公園

| | コメント (0)

2019年2月20日 (水)

●ヒメコバチ科の仲間32

コバチの数が極端に少ないから、見つけたら撮るしかないです。コイツは、同じ造りで眼が茶色、体が黄色、模様が黒の種がいますが、こちらの方が圧倒的に数が少ないです。
おちゃたてむしさんのところの「ヒメコバチ科の一種(Sigmophora brevicornis) (改題) 」と同じ種だと思います。普通種とのことなので、ここでも良く見つかるのですね。

ヒメコバチ科の仲間32 (ハチ目/ヒメコバチ科)
Kobachi_19021101撮影:2019.02.10, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19021102撮影:2019.02.10, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19021103撮影:2019.02.10, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19021104撮影:2019.02.10, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19021105撮影:2019.02.10, 横横浜市港南区久良岐公園

| | コメント (0)

2019年2月14日 (木)

●ヒメコバチ科の仲間2

お馴染みのヒメコバチ科の仲間の一つですが、メタリックな背中に魅力があります。今回は、思ったよりもキレイに撮れた1枚があったので、等倍で切り出してシャープネスを掛けて強調してみたのが2枚目の写真になります。こう言うのを見てしまうと、BABAさんのように倍率を上げて深度合成した写真も撮ってみたくなりました(^^)。

ヒメコバチ科の仲間2 (ハチ目/ヒメコバチ科)Kobachi_19021121 撮影:2019.02.10, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19021122撮影:2019.02.10, 横横浜市港南区久良岐公園

| | コメント (0)

2019年2月13日 (水)

●イスノキモンオナガコバチ

近くの久良木公園まで遠征し、ヤツデの葉の裏を確認したら少し大きめの虫を見つけ、最初はアブに見えたのですがカメラ越しに覗いたらコバチでした。見たことのないオナガコバチでしたが、帰ってから色々と調べてみたら、イスノキモンオナガコバチと言うことが判明(もちろん初見です)し、おちゃたてむしさんのところでもイスノキモンオナガコバチが掲載されていました。折角の初見のコバチだったのですが、残念だったのはコバチのいた場所の葉の表面がキレイでなかったことですね(^^;。
大きさは体長約4.9mmで、ニッポンオナガコバチだと体長約2.9mm前後なので、結構大きさに違いがありました。ただ、横から見ると同じような価値をしているので、同じオナガコバチ科だと言うところまでは、すぐに分かりました。

イスノキモンオナガコバチ (ハチ目/オナガコバチ科)
Kobachi_19020441撮影:2019.02.03, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19020442撮影:2019.02.03, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19020443撮影:2019.02.03, 横横浜市港南区久良岐公園

Kobachi_19020444撮影:2019.02.03, 横横浜市港南区久良岐公園

ニッポンオナガコバチとの比較(同じ倍率で撮影) Kobachi_19020445撮影:2019.02.03, 横横浜市港南区久良岐公園

| | コメント (0)

より以前の記事一覧