昆虫

2018年5月22日 (火)

●ヒメシロモンドクガの幼虫

5月の前半は、意外にも見つけられた虫の数が少なかったように思います。そうなると、撮ることが少ないイモムシ・毛虫たちにも、お願いして登場してもらうしか無いのでした。未だに、大きなイモムシ・毛虫にはびびることもありますが、だいぶ慣れてきたので最近は撮ることが少しは増えてきましたね(^^)。毛虫は、痛い目に遭う確率が多いので、見つけてもちょっかいは出さないように気をつけています!

ヒメシロモンドクガ (チョウ目/ドクガ科)18052001撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

18052002撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

18052003撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

18052004撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

●クヌギカメムシ

あれまあ、また記事を書くのを忘れたまま掲載されてしまったかと思ったら、掲載時間が間違っていて間に合いました(^^;。
笹の葉の上で休んでいたのは、羽化してから時間の経過していないクヌギカメムシのようです。なので、色が全体的に白っぽくなっていますが、これはこれで良い感じの色をしていました。

クヌギカメムシ (カメムシ目/クヌギカメムシ科)Kamemushi_18052001撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_18052002撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_18052003撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_18052004撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

●シバタカレキゾウムシ

草の葉の裏に付いていた小さなゾウムシは、カレキゾウムシの仲間と言うことまでは間違いないと思いますが、その先がスッキリしません。大きさは、体長約3.6mm(口吻の先から羽根先端まで約4.5mm)で、前に撮ったことがあるダルマカレキゾウムシとは異なるので、初物のカレキゾウムシの仲間ですね。最近は、初顔の虫の数がめっきり減ってしまいましたが、それでもたまには初顔に会えるので虫撮りも続いています(^^)。

5月20日追記
おちゃたてむしさんから「ちょうど甲虫図鑑を開けているところだったので調べてみました。多分シバタカレキゾウムシだと思います」とのコメントを頂き、改めて確認した結果タイトルと記事の追加訂正をしました。
おちゃたてむしさん、ありがとうございます。

シバタカレキゾウムシ (コウチュウ目/ゾウムシ目)Zoumushi_18051901撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

Zoumushi_18051902撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

Zoumushi_18051903撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

Zoumushi_18051904撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (2)

2018年5月19日 (土)

●キアシナガバチの巣

金網の柵に作られたキアシナガバチの巣、女王バチが一匹で頑張っていましたが、こんなに目立つ場所だと問題がありますね。既に産卵も始まっていて、この先どうなるのかと思っていましたが、案の定これを撮影した翌週には巣が無くなっていました。あまり人通りの多い場所では無かったのですが、目立ちすぎたのでしょうね。

キアシナガバチ (ハチ目/スズメバチ科)Ashinagabachi_18050701


撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺Ashinagabachi_18050702撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺
Ashinagabachi_18050703撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺
Ashinagabachi_18050704撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺
Ashinagabachi_18050705撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

●アカバキリガの幼虫

見たことの無いイモムシに遭遇しました。明らかに、蛾の幼虫だと言うことが分かる格好をしていますね。調べてみたら、アカバキリガの幼虫だと言うことが分かりましたが、成虫を見た記憶が無く調べてみたら2009年に一度だけ撮影していました。その後見掛けてませんでしたが、まだ生息を続けていたのですね。

アカバキリガ (チョウ目/ヤガ科)Yaga_18050701撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺<

Yaga_18050702撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺<

Yaga_18050703撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺<

Yaga_18050704撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

●カシワノミゾウムシ

コイツはヤツデの葉の裏で見つけたもので、形からしてノミゾウムシの仲間だと言うことが分かります。何となく見たこと無いかなと思って確認してみたら、2011年に撮影していましたが、そのときの方がズングリしていました。もしかして、雌雄の差なのかも知れませんね。

カシワノミゾウムシ (コウチュウ目/ゾウムシ目)Zoumushi_18050701撮影:2018.05.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Zoumushi_18050702撮影:2018.05.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

●キアゲハ

羽化して間もないと思われるナミアゲハキアゲハが、スイバに止まっていました。日が出て間もない時間だと、ゆっくる羽を休めているのですが、チョットしたことで飛び出してしまうと、そのまま飛んで行ってしまいます。風の無い、早朝にだけ撮れる一コマでした。

5月17日追記。
何処で間違ったのか、キアゲハがナミアゲハになってしまっていましたが、コメントをいただけたので訂正しました。ありがとうございます。

キアゲハ (チョウ目/アゲハチョウ科)Ageha_18050701撮影:2018.05.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Ageha_18050702撮影:2018.05.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (2)

2018年5月16日 (水)

●ヒメトサカシバンムシ

ヒメトサカシバンムシは、比較的珍しい虫らしいのですが、ここには住み着いているようで今年も姿を見ることが出来ました。ただ、半径10m位の範囲でしか見掛けてないので、ごく一部に生息しているようです。

引っ越しの方は無事終了し、部屋の中も必要な分は片付きましたが、場所が変わると同じことをするにも今までも向きが逆になったりして、なれるまでは暫く落ち着かないかも知れませんね。

ヒメトサカシバンムシ (コウチュウ目/シバンムシ目)Shibanmushi_18050701撮影:2018.05.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shibanmushi_18050702撮影:2018.05.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shibanmushi_18050703撮影:2018.05.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shibanmushi_18050704撮影:2018.05.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shibanmushi_18050705_2撮影:2018.05.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年5月15日 (火)

●アカクビナガハムシの幼虫

アカクビナガハムシの幼虫も、この後一気に姿が見えなくなってしまったので、サナギになるために移動してしまったのでしょう。

今日は、引越の片付けの続きをしていることでしょう。ごく近場への引越なので、昨日の午後から片付けは始まっているはずですが、最近は物忘れも多くなってきたので、どの箱に入れたか分からないものがたくさん発生していることと思います(^^)。

アカクビナガハムシ (コウチュウ目/ハムシ目)Hamushi_18050701撮影:2018.05.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hamushi_18050702撮影:2018.05.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hamushi_18050703撮影:2018.05.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hamushi_18050704撮影:2018.05.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

●ミカンワタカイガラムシ

今年も、ミカンワタカイガラムシが綿ぼうぼうになっていました。オスの抜け殻もたくさん見つかりましたが、未だに自然の状態(羽化させたオスは見たことがありますが)でオスの姿を見たこともなしいし、当然交尾の様子も見たことがありません。

ミカンワタカイガラムシ (カメムシ目/タカイガラム科)Kaigaramushi_18050701撮影:2018.05.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

より以前の記事一覧