バッタ

2024年4月 1日 (月)

●今季は初めてヤブキリの幼虫

寒さから一転して暑くなったので、今季初のヤブキリの幼虫が姿タンポポの花の上にいました。
ヤブキリの幼虫は、小さいときは七の花粉なんかを餌にしてますが、最終的には肉食になる怖い存在です。
でも、この幼虫は同じ花にやって来たコバチにビビっているように見えました(^^)。
虫が少ない中、お馴染みの破り気の姿を確認することが出来て一安心です。

今日から4月だというのに、今年は近所のソメイヨシノの開花も遅れているし何か変な感じがしますね。
これからが本格的な虫の季節になりますが、今年は大丈夫なのか気になります。

ヤブキリ Tettigonia orientalis orientalis (バッタ目/キリギリス科)
Cocolog_2024033101 撮影:2024.03.30, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024033102 撮影:2024.03.30, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024033103 撮影:2024.03.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

Cocolog_2024033104 撮影:2024.03.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2023年11月11日 (土)

●今頃クダマキモドキの幼虫が

ふと見たら、11月だと言うのに私の好きなクダマキモドキの若齢幼虫がいるではありませんか。
何で今頃と思いながら、今時は貴重なムシだったので、シッカリ撮らせて頂きました。
しかし、今年の暑さのせいで待ちきれずに孵化してしまったのでしょうか😱
情報によると、何かの手違いで孵化してしまったようですが、冬を越すことはできないとのことでした。

今日は、午前中に用事があるので、明日の舞岡公園行きを楽しみにしています。
何か、良い感じのムシとの出会いがあると嬉しいのですが(^^)。

クダマキモドキ(バッタ目/キリギリス科)
Kirigirisu_23111001 撮影:2023.11.05, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kirigirisu_23111002 撮影:2023.11.05, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kirigirisu_23111003 撮影:2023.11.05, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kirigirisu_23111004 撮影:2023.11.05, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kirigirisu_23111005 撮影:2023.11.05, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2023年11月10日 (金)

●まだ居たアオマツムシのオス

人工の杭の上にいたのはアオマツムシのオスで、ほぼ無傷で綺麗な状態で日向ぼっこをしていた感じ。
この時期になっても、こんなに綺麗な状態の個体がいるとは思いませんでした😱。
ヤッパリ、今年は11月になっても暑い日が続いていたので、それが影響しているのかな。

今日からは、気温も下がり編年並みにんなるようで、さすがも暑さが戻ってくることは無いでしょうね。
明日の土曜日は、再び用事があるので虫撮りは無しに。
日曜日は舞岡公園を予定していますが、気温が下がって朝は寒いくらいになあるのかな。

アオマツムシ Truljalia hibinonis (バッタ目/コオロギ科)
Koorogi_23110701 撮影:2023.11.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Koorogi_23110702 撮影:2023.11.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Koorogi_23110703 撮影:2023.11.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Koorogi_23110704 撮影:2023.11.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Koorogi_23110705 撮影:2023.11.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2023年10月 9日 (月)

●やっぱりササキリ

初夏には、たくさんの幼虫がいたのに、成虫の姿は思ったほど多くは見掛けない。
やはり自然界の中では、生き残るのも大変なことなんでしょうね。
お気に入りの虫というのは、みつけると撮りたくなってしまうので、写真の貯まってしまうのが難点か(^^;。
それにしても、ヤブキリの成虫の方が全く見掛けませんが、何処に隠れているのやら。

今日は、一日雨模様なので虫撮りができませんが、代わりにたまった写真の整理でもしますか。
後は、掃除と片付けもしないとダメだし・・・(^^;。

ササキリ Conocephalus melaenus (バッタ目/キリギリス科)
Sasakiri23100801 撮影:2023.10.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Sasakiri23100802 撮影:2023.10.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Sasakiri23100803 撮影:2023.10.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Sasakiri23100804 撮影:2023.10.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Sasakiri23100805 撮影:2023.10.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2023年10月 7日 (土)

●今年もクサヒバリ

去年初めて撮ったクサヒバリですが、今年も無事生息が確認できて撮ることもできました。
こう言うのが撮れるようになると、秋になったなと感じることができます。
多分、鳴き声は聞いたことがありますが、鳴いているところを目撃したことがありません。

この連休ですが、日曜日が稲刈りの後の脱穀が有り、月曜日が雨模様なので、今日頑張るしか無さそう。
と言うことで、今日も舞岡公園に出向いて虫探しをすることになっています。
何か、秋差しい大きな虫が見つかると嬉しいのですが・・・(^^)。

クサヒバリ Svistella bifasciata (バッタ目/ヒバリモドキ科)
Kusahibari_23100601 撮影:2023.10.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kusahibari_23100602 撮影:2023.10.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kusahibari_23100603 撮影:2023.10.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kusahibari_23100604 撮影:2023.10.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2023年9月20日 (水)

●サトクダマキモドキ(芹が谷)

これは近所で撮ったものですが、サトクダマキモドキの成虫が葉の上で休んでいました。
キリギリスの仲間は、幼虫も良いですが成虫も迫力があって良い感じですね。
サトクダマキモドキは、気づかれると高い位置に飛んで行ってしまうことが多いのですが、今回はラッキーでした。

例のクロメンガタスズメは、月曜日に確認したら1匹だけ戻ってきていましたが、背中の一部がハゲていましたね。
アミダテントウは人気が急上昇した結果、直ぐに逃げるものだから拉致される個体が増えたそうな(^^;

サトクダマキモドキ Holochlora japonica (バッタ目/キリギリス科)
Kirigirisu_23091901 撮影:2023.09.17, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kirigirisu_23091902 撮影:2023.09.17, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kirigirisu_23091903 撮影:2023.09.17, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kirigirisu_23091904 撮影:2023.09.17, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kirigirisu_23091905 撮影:2023.09.17, 横浜市港南区芹が谷周辺

 

| | | コメント (0)

2023年8月29日 (火)

●アオマツムシ

少し前からアオマツムシの成虫も確認できるようになってきたので、気温が下がって来れば鳴き始めることでしょう。
比較的大きな音で鳴くので、纏めて鳴かれるとうるさく感じがしますが、秋が来たのを実感できるかな??
しかし、相変わらず、いかにも悪そうな顔をしていますね(^^)。

暑さが続いているせいか、虫もいるような、いないような・・・、何処に行ってしまったのやら?
クロメンガタスズメは、昨日は母屋にいる二匹しか見つかりませんでしたね。

アオマツムシ Calyptotrypus hibinonis (バッタ目/コオロギ科)
Korogi_23082801 撮影:2023.08.19, 横浜市戸塚区舞岡公園

Korogi_23082802 撮影:2023.08.19, 横浜市戸塚区舞岡公園

Korogi_23082803 撮影:2023.08.19, 横浜市戸塚区舞岡公園

Korogi_23082804 撮影:2023.08.19, 横浜市戸塚区舞岡公園

Korogi_23082805 撮影:2023.08.19, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2023年8月25日 (金)

●セスジツユムシ(芹が谷)

裏の草原を散策してみたら、すでにセスジツユムシ(今回のは♂)の成虫が出現していました。
何か、前に見たセスジツユムシの印象と違うと思ったら、メスの姿の方がインプットされていたようです(^^;。
こう言うのが見られるようになって来たと言うことは、秋へ向かって準備が進んでいると言うことかも。
暑い日が続いているので、順調に準備が進んでいると良いのですが、こればかりは分かりませんね。

さて、金曜日が来たので明日は虫撮りができる土曜日になります。
週明けになると天気がチョット心配な雰囲気なので、土曜日に頑張っておかないとね(^^)。

セスジツユムシ Ducetia japonica (バッタ目/ツユムシ科)
Tsuyumushi_23082201 撮影:2023.08.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsuyumushi_23082202 撮影:2023.08.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsuyumushi_23082203 撮影:2023.08.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsuyumushi_23082204 撮影:2023.08.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | | コメント (0)

2023年8月20日 (日)

●セスジツユムシの幼虫

セスジツユムシは、まだ幼虫のままですが前の時よりは大きくなっているようです。
調べて見たら、去年成虫を捕っていたのは9月に入ってからですから、まあ順調に育っていると言うことかな。
しかし、ツユムシの幼虫だったら、もう少し見た目の格好良さがあっても良いと思いますが、親に似て単調ですね。

しかし、昨日も暑かったですが今日も暑くなりそうで参っちゃいますね。
さて。今日の虫撮りはどうしたものか・・・。

セスジツユムシ Ducetia japonica (バッタ目/ツユムシ科)
Tsuyumushi_23081901 撮影:2023.08.08, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tsuyumushi_23081902 撮影:2023.08.08, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tsuyumushi_23081903 撮影:2023.08.08, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tsuyumushi_23081904 撮影:2023.08.08, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2023年8月18日 (金)

●ヒメクダマキモドキの幼虫

ヤマクダマキ(サトクダマキモドキかな)の方は成虫が出始めているのに、ヒメクダマキモドキの方は少し遅れて成虫が出てくるみたいです。
幼虫で格好良さを比べると、ヤマクダマキの幼虫が圧倒的な綺麗さで一番、二番がサトクダマキモドキかな。
いずれにしても、キリギリスの仲間の幼虫の姿って、綺麗なのが多いと思っています。

やっと金曜日が来たと言うことは明日は土曜日、久しぶりに舞岡公園に虫撮りに行くことが出来ます(^^)
しかし、暑さがまだ残っているようなので、要注意と言うことに変わりは無さそうです!

ヒメクダマキモドキ Phaulula macilenta (バッタ目/キリギリス科)
Kudamakimodoki_23081501 撮影:2023.08.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kudamakimodoki_23081502 撮影:2023.08.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kudamakimodoki_23081503 撮影:2023.08.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kudamakimodoki_23081504 撮影:2023.08.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kudamakimodoki_23081505 撮影:2023.08.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧