バッタ

2020年11月12日 (木)

●セスジツユムシ褐色型

笹の葉の上で休んでいた褐色のセスジツユムシ、久しぶりに見ましたね。

セスジツユムシ Ducetia japonica (バッタ目/キリギリス科)
Tsuyumushi_2020110701 撮影:2020.10.24, 横浜市港南区(戸塚区)平戸永谷川

Tsuyumushi_2020110702 撮影:2020.10.24, 横浜市港南区(戸塚区)平戸永谷川

Tsuyumushi_2020110703 撮影:2020.10.24, 横浜市港南区(戸塚区)平戸永谷川

Tsuyumushi_2020110704 撮影:2020.10.24, 横浜市港南区(戸塚区)平戸永谷川

Tsuyumushi_2020110705 撮影:2020.10.24, 横浜市港南区(戸塚区)平戸永谷川

| | コメント (0)

2020年11月 8日 (日)

●コバネイナゴ

稲科の植物が少ないのが原因なのでしょうが、イナゴというのは意外に見ることが少ない虫の一つになります。田んぼがあるところだと、腐るほど沢山いるのでしょうが。

コバネイナゴ Oxya yezoensis (バッタ目/イナゴ科)
Inago_2020110701 撮影:2020.10.19, 横浜市港南区(戸塚区)平戸永谷川

Inago_2020110702 撮影:2020.10.19, 横浜市港南区(戸塚区)平戸永谷川

Inago_2020110703 撮影:2020.10.19, 横浜市港南区(戸塚区)平戸永谷川

Inago_2020110704 撮影:2020.10.19, 横浜市港南区(戸塚区)平戸永谷川

Inago_2020110705 撮影:2020.10.19, 横浜市港南区(戸塚区)平戸永谷川
 

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

●ツユムシ

ニラ(?)の花の上にいたツユムシ、こちらを気にしてか向きを変えたりしていましたが、最後は葉の上でお馴染みのポーズでノンビリ休んでいました。

ツユムシ Phaneroptera falcata (バッタ目/キリギリス科)
Tsuyumushi_20101801 撮影:2020.10.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsuyumushi_20101802 撮影:2020.10.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsuyumushi_20101803 撮影:2020.10.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsuyumushi_20101804 撮影:2020.10.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsuyumushi_20101805 撮影:2020.10.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

●ホシササキリ

刈り取られてしまった草原に、ホシサキリが残っていました。この場所で見ることができるのは、ササキリとホシササキリの二種類だけで、他のササキリの仲間はいないみたいです。ホシササキリの方が、ササキリよりも成虫が出てくるのは少し遅いようです。

ホシササキリ Conocephalus maculatus (バッタ目/キリギリス科)
Hoshisasakiri_20101801 撮影:2020.10.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hoshisasakiri_20101802 撮影:2020.10.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hoshisasakiri_20101803 撮影:2020.10.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hoshisasakiri_20101804 撮影:2020.10.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hoshisasakiri_20101805 撮影:2020.10.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

●アオマツムシ

お馴染みのアオマツムシですが、今年は声を聞く期間が短かったように思います。昔は、もっと激しく長い期間鳴いていたはずです。夏の気候が影響しているのでしょう。しかし、相変わらず目つきの悪い顔をしていますね!

アオマツムシ Truljalia hibinonis (バッタ目/マツムシ科)
Aomatsumushi_20101801 撮影:2020.10.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Aomatsumushi_20101802 撮影:2020.10.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Aomatsumushi_20101803 撮影:2020.10.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Aomatsumushi_20101804 撮影:2020.10.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Aomatsumushi_20101805 撮影:2020.10.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年10月 7日 (水)

●ササキリの♀

この時期に見掛けるササキリはメスばかりですが、今年は数が少ないように思います。メスのお腹も大きくなっているので、シッカリさんら産卵してもらって来年に備えてほしいものです。

ササキリ Conocephalus melaenus (バッタ目/キリギリス科)
Sasakiri_20092901 撮影:2020.09.22, 横浜市港南区芹が谷周辺

Sasakiri_20092902 撮影:2020.09.22, 横浜市港南区芹が谷周辺

Sasakiri_20092903 撮影:2020.09.27, 横浜市港南区芹が谷周辺

Sasakiri_20092904 撮影:2020.09.27, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

●サトクダマキモドキ

ヒメクダマキモドキの幼虫、今年はよく見掛けましたが、サトクダマキモドキの方は幼虫の姿をほとんど見掛けないまま成虫との遭遇になってしまいました。相変わらず怖い顔をしていますが、アオマツムシの方が怖い顔してますね。

サトクダマキモドキ Holochlora japonica (バッタ目/キリギリス科)
Kudamakimodoki_20090801 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20090802 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20090803 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20090804 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20090805 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20090806 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

 

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

●ヒメクダマキモドキ_幼虫

キリギリス科の仲間の幼虫は、良いのがたくさんいますね。ただ、後ろ脚が長いので被写体としては撮りにくい形になります。最近は、クダマキモドキの幼虫よりもヒメクダマキモドキの幼虫の方が目にする機会が多く、生育環境に何か変化があったのでしょうか。

ヒメクダマキモドキ_幼虫 Phaulula macilenta (バッタ目/キリギリス科)
Kudamakimodoki_20072101 撮影:2020.07.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20072102 撮影:2020.07.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20072103 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20072104 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20072105 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20072106 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

●ヤブキリの幼虫

毎年、春先に大量に出てきてタンポポの花上にいるのを見掛けますが、ある大きさ以上になると姿を見なくなってしまいます。若齢幼虫はハナの花粉などと食しているそうですが、大きくなると肉食系に変わるのだそうで、そうなると生活する場所も必然的に変わるので姿を見なくなってしまうのでしょう。成虫は、なかなか格好良いと思っていますが、ほとんど見ないで終わってしまう年もあります。

ヤブキリ Tettigonia orientalis (バッタ目/キリギリス科)
Yabukiri_20062901 撮影:2020.06.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yabukiri_20062902 撮影:2020.06.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yabukiri_20062903 撮影:2020.06.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yabukiri_20062904 撮影:2020.06.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yabukiri_20062905 撮影:2020.06.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

●セスジツユムシの幼虫

ササキリ以外にも、キリギリス科の幼虫は成虫と違って格好良いのが多いように感じますが何故なんでしょう。ウマオイの幼虫は、もう一度見てみたい個体の一つですが、成虫も見る機会がなくなってしまい実現できるか微妙です。
昨日は、9時過ぎになったら風も少しは収まってきたので、2週間ぶりに虫撮りに出掛けてみましたが、最初に感じたのはヤブ蚊が多くなってきたことでした(^^;。

セスジツユムシ Ducetia japonica (バッタ目/キリギリス科)
Tsuyumushi_20062901 撮影:2020.06.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsuyumushi_20062902 撮影:2020.06.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsuyumushi_20062903 撮影:2020.06.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsuyumushi_20062904 撮影:2020.06.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsuyumushi_20062905 撮影:2020.06.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsuyumushi_20062906 撮影:2020.06.16, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

より以前の記事一覧