バッタ

2022年11月 2日 (水)

●セスジツユムシ

このセスジツユムシ、この場所が気に入ったのか翌週になっても同じ場所にいました。普通、このての虫って同じ場所に陣取っていることって少ないと思いますが、何科特別な事情があったのか。
ちなみに、この場所には二匹のセスジツユムシがいて、確認してみたら両方ともメスでした。
今日からまた、今週の仕事が3日間始まってます。週末の天気は問題なさそうで良いのですが、肝心の被写体をどれだけ見つけることが出来るか、こっちの方が心配になってきました(^^;。

セスジツユムシ Ducetia japonica (バッタ目/キリギリス科)
Tsuyumushi_22103001 撮影:2022.10.23 横浜市戸塚区舞岡公園

Tsuyumushi_22103002 撮影:2022.10.23, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tsuyumushi_22103003 撮影:2022.10.23, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tsuyumushi_22103004 撮影:2022.10.23, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年10月27日 (木)

●クサヒバリを再び

先日掲載した初めてのクサヒバリは、緑かぶりしていて色がチョット変でしたが、舞岡公園からの帰り道で柵の杭の部分にいたので色の方は大丈夫だと思います。小ぶりの体ですが、なかなか綺麗な感じの外観をしています。一枚目の写真で、何とか全体が写っていると思っていたら、触覚の先端部が途中で切れいていて、更に続いているのに帰ってきて良く見て気が付きました。
鳴き声を聞いたことが無かったので、ネットで調べて確認してみましたが、鈴虫とは違った秋の虫らしい声で鳴いていました。もしかしたら、聞いたことがあるのかも知れませんが、高い音なので聴力の落ちたおじさんには聞きづらい感じがしました。
今回、改めて撮影ができたので、クサヒバリの撮影も無事リベンジすることができて良かったです。
なお、一番最後のクサヒバリの写真は、先日浩さんが掲載したクサヒバリと同じものです。

クサヒバリ Svistella bifasciata (バッタ目/ヒバリモドキ科)
Kusahibari_22102301
撮影:2022.10.15 横浜市戸塚区舞岡公園

Kusahibari_22102302
撮影:2022.10.15, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kusahibari_22102303
撮影:2022.10.15, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kusahibari_22102304
撮影:2022.10.15, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kusahibari_22102305
撮影:2022.10.16, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年10月25日 (火)

●フキバッタの仲間

フキバッタが阿アザミの花を食べていましたが、葉っぱだけでは無く花びらも食べるんですね。
舞岡公園には、何種類かのフキバッタの仲間がいるようですが、今回のは見た目で判断するとダイリフキバッタぽい感じがするのですが、さて何フキバッタなのでしょうね?。
フキバッタの仲間は、他のバッタの仲間と同じ体型をしていますが、翅が独特な格好をしているので、こう言うチョット変わった形をしている虫って好みです。
昨日は、風が強くて虫撮り日和にならなかったので、近所にも虫撮りには出掛けませんでした。明日は、予定が入っているので虫撮りには出掛ける時間が無いので、今回の休みの間には1日しか虫撮りができないことになります、残念だな~!

フキバッタの仲間 Melanoplinae sp. (バッタ目/バッタ科)
Batta_22102301 撮影:2022.10.15 横浜市戸塚区舞岡公園

Batta_22102302 撮影:2022.10.15, 横浜市戸塚区舞岡公園

Batta_22102303 撮影:2022.10.15, 横浜市戸塚区舞岡公園

Batta_22102304 撮影:2022.10.15, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年10月20日 (木)

●ササキリ

ササキリの幼虫は、あんなに沢山いたのに成虫の姿は見ることが少なかったけど、たまに見掛けるようになってきた。ただ、多くはメスの成虫でオスの姿を見ることはほとんど無い状態が続いています。
オスは、既に役目を終えたのでお亡くなりになってしまったのかと思っていたら、オスの成虫だけでなく成虫になるまえのオスの幼虫まで見つけてしまったが、チョット出遅れではありませんか。
メスの方は、立派に成長した格好良い個体が多いように思いますが、この形に好き嫌いがあるので、格好良いと感じているのは私だけなのかも知れませんが(^^;。

ササキリ Conocephalus melaenus (バッタ目/キリギリス科)
Sasakiri_22101701_20221017160601 撮影:2022.10.15 横浜市戸塚区舞岡公園

Sasakiri_22101702 撮影:2022.10.15, 横浜市戸塚区舞岡公園

Sasakiri_22101703 撮影:2022.10.08, 横浜市戸塚区舞岡公園

Sasakiri_22101704 撮影:2022.10.08, 横浜市戸塚区舞岡公園

Sasakiri_22101705 撮影:2022.10.08, 横浜市戸塚区舞岡公園

Sasakiri_22101706 撮影:2022.10.15 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (2)

2022年10月15日 (土)

●アシグロツユムシ

アシグロツユムシと言うのは知っていましたが、実物を見ることになったのは今回が初めてでした。近所には、普通のツユムシとセスジツユムシはいますが、アシグロツユムシは見たことがありません。体の色が緑色なので、できたら草や葉の上で無く、コスモスなどの花の上に乗っている姿の方が良かったのですが、そう簡単には思い通りにならないようです(^^;。
ちなみに、アシグロツユムシの幼虫が可愛いので撮りたい虫の一つなので、来年は撮れたら良いなと思っています。それまで、舞岡公園に通い続けて頑張ることにしましょう。
今日も、舞岡公園に出向いていいる予定ですが、チョットだけ天候が気になってます。雨さえ降らなければ、特に大きな問題はないのですが。

アシグロツユムシ Phaneroptera nigroantennata (バッタ目/キリギリス科)
Tsuyumushi_22101001 撮影:2022.10.08 横浜市戸塚区舞岡公園

Tsuyumushi_22101002 撮影:2022.10.08, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tsuyumushi_22101003 撮影:2022.10.08, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tsuyumushi_22101004 撮影:2022.10.08, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tsuyumushi_22101005 撮影:2022.10.01, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年9月30日 (金)

●初めてのクサヒバリ(初見)

サヒバリの実物を見たのは舞岡公園が初めてでしたが、最初に葉の上にいるのを目にしたときに直ぐに分かりました。その時は、カメラを準備する前に飛んで行ってしまった。2回目も、目にして直ぐに葉の間に入り込んでしまってNGでしたが、今回は2回目に目にした場所を注意深く探して見つけました。
今回も目にして直ぐに葉の裏に隠れましたが、先ずは裏にいるのを確認して撮影開始、その後裏側に手を回して逃げないように葉の表に戻ってもらったけど、葉の陰に入っていて上手く撮れなかったな。上の葉が無かったら、本来の色で撮れたんだと思いますが、今回は緑色がかった色になってしまったのは諦めました。撮れないよ炉、撮れた補が良いしね。
良い音色ので鳴くと聞いた気がしますが、まだ聞いたことがありません。

クサヒバリ Svistella bifasciata (バッタ目/ヒバリモドキ科)
Kusahibari_22092801 撮影:2022.09.26, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kusahibari_22092802 撮影:2022.09.26, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kusahibari_22092803 撮影:2022.09.26, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kusahibari_22092804 撮影:2022.09.26, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kusahibari_22092805 撮影:2022.09.26, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年9月29日 (木)

●クビキリギス

最初はクサキリだと思って撮っていたんですが、頭の先が尖っていたので調べ直してクビギリスと判明。口元に赤いのが見えますが、もっと赤がキレイなカヤキリだったら、もっと良かったのにね(^^)。
野鳥の季節がやって来たようで、鳥撮りの人が増えてきたのが分かります。マイナーな虫撮りで頑張っていますが、虫の方が種類は圧倒的に多いので撮り続けますよ~!。舞岡公園出本格的に撮り始めたのは今年の5月、まだまだ見てないムシも多いはず。

クビキリギス Euconocephalus varius (バッタ目/キリギリス科)
Kubigirisu_22092401 撮影:2022.09.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kubigirisu_22092402 撮影:2022.09.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kubigirisu_22092403 撮影:2022.09.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kubigirisu_22092404 撮影:2022.09.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年9月25日 (日)

●サトクダマキモドキ

ササキリに比較すると、幼虫の姿も見る機会が少ないし成虫も少ない。葉っぱと同じ色をしているので見付けにくいのと、居るのに気が付かないで側を通ると高い場所に飛んで行ってしまうことが多いからかも。チョット良い感じの姿をしていますが、良く見ると目つきが良くないのは、そう見えるだけなんだよね。ちなみに、最後の写真のみ地元の草原で撮影したものです。
今日は稲刈りの日、午後からになりますが初めてなので上手く刈ることができるだろうか。まあ、上手く枯れなくても、お米の味には関係ないはずだから、気にしなくても良いかな(^^)。

サトクダマキモドキ Holochlora japonica (バッタ目/キリギリス科)
Kudamakimodoki_22091801 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kudamakimodoki_22091802 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kudamakimodoki_22091803 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kudamakimodoki_22091803_20220923200601 撮影:2022.09.11, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | | コメント (0)

2022年9月17日 (土)

●メスアカフキバッタ

フキバッタと言うのは、成虫になっても翅が小さいままなので、幼虫なんだか成虫なんだか良く分からないし、その成虫も凄く分かりにくい気がします。最初の3枚は。頭から腹にかけての色が赤っぽい色になっているので、メスアカフキバッタのメスだと思います。残りの2枚も、日にちは異なりますが同じ場所で撮っているし、全体の雰囲気からメスアカフキバッタのオスでは無いかと思って載せてしまいました。
フキバッタの仲間は、舞岡公園に通うようになってから初めて見ましたが、羽が短くて独特の雰囲気があって好きになりました。でも、舞岡公園いは何種類のフキバッタの仲間がいるのだろう?
この三連休は、今日の虫撮りで頑張らないと日月はダメだろうけど、相手のあることだから結果は分からない。初めての虫に会えると嬉しいけど、先ずは沢山の出会いがあると良いな(^^)。

メスアカフキバッタ Parapodisma tenryuensis (バッタ目/バッタ科)
Batta_22091201 撮影:2022.08.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Batta_22091202 撮影:2022.08.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Batta_22091203 撮影:2022.08.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Batta_22091204 撮影:2022.08.13, 横浜市戸塚区舞岡公園

Batta_22091205 撮影:2022.08.13, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年9月16日 (金)

●ツユムシの幼虫

ヤマイモの葉の上にいたツユムシの幼虫を発見、こんな感じの色合いだからボーッとしていたら完全に見逃してしまうけど、そこは普通と違った見方をしながら歩いているので意外に目に入るものです。その分、同じ日に他の人が見つけて撮っているのが、全然見つからないことが多いのも事実ですが(^^;
ツユムシの幼虫は、脚が長すぎて何かアンバランスな感じがしますが、これも魅力の一つになっているし、アップで見ると可愛い顔をしているのが分かります。強いて言えば、触角も長いし写真に撮るのにバランスが撮りにくいのが欠点でしょうかね。
こんな感じで、一見見逃しそうなムシは見つかるのですが、その割には他の方が撮影しているムシが目に入らないのは、何故なんだろうか。本当に、不思議ですね(^^;。

ツユムシ Phaneroptera falcata (バッタ目/キリギリス科)
Tsuyumushi_22090901 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tsuyumushi_22090902 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tsuyumushi_22090903 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tsuyumushi_22090904 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧