ハエ

2022年9月25日 (日)

●スキバツリアブ

初めて撮ったスキバツリアブ、全体の感じは頭が小さくて寸胴だし、何となく不格好に見える。もうチョット撮りたかったんだけど、近づくと逃げて行くのを繰り返した結果、私の方が根負けして悟るのを止めてしまいました(^^;。
もう少し、インパクトのある外観だったら、もっと粘って撮り続けたでしょうが、また会えそうな感じがしたので次回のお楽しみと言うことになりました。でも、本当に再会はあるのかな。

スキバツリアブ Villa limbata (ハエ目/ツリアブ科)
Abu_22091301 撮影:2022.09.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

Abu_22091302 撮影:2022.09.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年9月19日 (月)

●クロバエ科の仲間

同じクロバエ科のミドリバエと比較のためにキンバエの仲間を載せてみることにしました。最初のミドリバエの方は、なかなかキレイな色をしていますが、数が少ないように見掛けることも少ないですが、舞岡公園では3回ほど目にしています。
一方のキンバエの仲間の方は、それなりに目にするとも多いのですが、意外に敏感で近寄ろうとすると直ぐに飛んで行ってしまいます。本当のキンバエは、全体的にもう少し緑色が濃い色をしているようなのと、ハエの仲間の似たのが多くて種名を特定るするのが難しいので、キンバエの仲間としてあります。
関東地方の台風は今日がピークのようですが、明日も虫撮りができるような状況では無さそうですね。台風が過ぎたら、一気に秋がやって来るのでしょうか、そうなると虫の種類も変わっていくのかな。

ミドリバエ Isomyia senomera (ハエ目/クロバエ科)
Kurobae_22091301 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kurobae_22091302 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kurobae_22091303 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

キンバエの仲間 Luciliinae sp. (ハエ目/クロバエ科)
Kurobae_22091311 撮影:2022.08.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kurobae_22091312 撮影:2022.08.30, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kurobae_22091313 撮影:2022.09.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年8月18日 (木)

●再びアシナガバエ科の仲間

虫が見つからない中、草原にアシナガバエ科の仲間が結構見られたので撮影してみました。多分8月13日が同じ種のメスで、こちらがオス(お尻の部分が手前に曲がっている)だと思います。マクロ撮影して拡大してみるとハエとは思えないような綺麗な色で、眼がとても綺麗な色合いになっているのが分かりました。液晶画面のドットを拡大してときのような感じがしますね。

アシナガバエ科の仲間 Dolichopodidae sp. (ハエ目/アシナガバエ科)
Ashinagabae_22080811 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Ashinagabae_22080812 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Ashinagabae_22080813 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Ashinagabae_22080814 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年8月16日 (火)

●ツマグロキンバエ

お馴染みさんのツマグロキンバエなんですが、今年になってみたのは今回が初めてでしたが、良く花にやって来ているのを見掛けると思います。ツマグロキンバエは、眼の模様が独特なのと口吻が伸びることが特徴かな。本当は、口吻を伸ばしたところを真横から撮りたかったんだけど、前に回って撮り始めたら口吻を伸ばし始めたので撮ることができなかった。まあ、相手がハエでは言うことを聞いてくれるはずもないので、その時の運次第と言うことなのでしょうが。

ツマグロキンバエ Stomorhina obsoleta (ハエ目/クロバエ科)
Hae_22080801 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22080802 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22080803 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22080804 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22080805 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年8月13日 (土)

●アシナガバエ科の仲間

アシナガバエ科の仲間のこの種は、沢山いるんだけど良い感じの位置に止まっているのが少ない。でもって、近づきすぎると飛んで行ってしまうし、もう少し撮る側の気持ちになって行動してほしいものだと思う(^^;。
全体的にメタリックな感じに仕上がっているし、眼の色も綺麗なのですが脚にトゲが沢山生えているのがチョット・マイナスポイントかも知れない。それでも、他に大した虫が見当たらないとき、チョット撮って遊ぶのには丁度良いかも。
この位の大きさがあれば、撮るのは比較的問題ないのですが、カメラを地べたに付くくらいに低い位置に置けると、もう少し撮るのが楽になる。だから、2枚目の写真のように真横からでは無く少し上から見た感じの写りになってしまう。

自然現象なので文句を言っても始まらないのは承知しているが、折角の土曜日なのに台風が近づいて来ているので虫撮りに出掛けられないのは残念だな。

アシナガバエ科の仲間 Dolichopodidae sp. (ハエ目/アシナガバエ科)
Ashinagabae_22080801 撮影:2022.08.01, 横浜市戸塚区舞岡公園

Ashinagabae_22080802 撮影:2022.08.01, 横浜市戸塚区舞岡公園

Ashinagabae_22080803 撮影:2022.08.01, 横浜市戸塚区舞岡公園

Ashinagabae_22080804 撮影:2022.08.01, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年8月10日 (水)

●ミドリバエ

近所で一回だけ見掛けて撮り損なったミドリバエ、一見キンバエに似ていますが、それもそのはず同じクロバエ科になりますが、その中のでもツマグロキンバエの方のお仲間になります。個体によってミドリの具合が異なるので、もっと綺麗な色の個体も居るようです。
暑さのせいで、カメラの置き方が雑になって撮影しているのをハエに気が付かれて、直ぐににげられてしまいました(^^;。

ミドリバエ Isomyia senomera (ハエ目/クロバエ科)
Hae_22080201 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22080202 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年8月 9日 (火)

●トゲツヤヘラクチイシアブ

舞岡公園で、ちょくちょく目にするトゲツヤヘラクチイシアブ(トゲツヤイシアブ)、小さなハチを捕獲していたが、相手の首元に見事に口吻が差し込まれていた。写真を何枚も撮っていたので、途中で向きを変えたときに変えたのか、今度はお腹に差し込まれていた。
ウシアブのように人間を刺すようなことは無いが、こんなのに差されたら痛いだろうね。

最近は、坂下口のバス停から瓜久保へ向かって進んでいくのですが、某ブログの情報で地下鉄の舞岡駅から舞岡ふるさとの森を抜けるコースがあることをしりました。昨日は、このコースを歩いてみましたが、思ったような収穫が無かったのは、普段の行いが良くないからか(^^;。
でも、瓜久保の休憩所では、フレンドリーなミドリセイボウとアヤヘリハネナガウンカに会えたので、出掛けただけの収穫はありましたので後日掲載予定です。

トゲツヤヘラクチイシアブ(トゲツヤイシアブ) Pogonossoma funebre  (ハエ目/ムシヒキアブ科)
Mushihiki_22080201 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mushihiki_22080202 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mushihiki_22080203 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mushihiki_22080204 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mushihiki_22080205 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年7月31日 (日)

●ムシヒキアブ科の仲間

こちらは、舞岡公園で初めて目にするようになったイシアブの仲間で既に7月25日に載せていますが、先日のがオスでこちらがメスだと思います。
昨日も舞岡公園に出陣しましたが、今回もお馴染みさんの何人かにお会いすることができました。初めての方のいたのですが、既に当ブログをご覧になっている方で、私が「そらです!」って言ったらビックリされていました(^^)。

ヒメキンイシアブ_? ?Choerades japonicus (ハエ目/ムシヒキアブ科)
Mushihikiabu_22072321 撮影:2022.07.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mushihikiabu_22072322 撮影:2022.07.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mushihikiabu_22072323 撮影:2022.07.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

ムシヒキアブの親分のシオヤアブ、この口吻を差し込まれて体液を吸い取るというのだから怖い存在。でも、撮って見る分には格好良い姿をしていると思う。

シオヤアブ Promachus yesonicus (ハエ目/ムシヒキアブ科)
Mushihikiabu_22072301 撮影:2022.07.11, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mushihikiabu_22072302 撮影:2022.07.11, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mushihikiabu_22072303 撮影:2022.07.11, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年7月28日 (木)

●ミカドハマダラミバエ

木の幹をウロチョロしている小さいのを発見、よく見たらミカドハマダラミバエでした。ミバエ科の仲間は、目の色が綺麗だし翅の模様も色々あって楽しい。暫くジッとしていたかと思ったら、急に動き出すので落ち着いて写真が撮れない。でも暫く粘った結果は、それなりに撮れたので良しとして、次の場所にいどうしました。

ミカドハマダラミバエ Staurella mikado (ハエ目/ミバエ科)
Mibae_22072301 撮影:2022.07.11, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mibae_22072302 撮影:2022.07.11, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mibae_22072303 撮影:2022.07.11, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mibae_22072304 撮影:2022.07.11, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mibae_22072305 撮影:2022.07.11, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年7月27日 (水)

●アシナガムシヒキ

お馴染みの片脚を上げて止まる姿のアシナガムシヒキ、今回は獲物を捕獲していたので、片脚だけで葉にぶら下がっていた。獲物はガガンボのようだったが、もごとに首の部分に口吻が刺さっている。写真を撮るためにゴソゴソやっていたので、最後は葉の上に移動してしまったが、写真としては、ぶら下がっていた方が良かったのにね。

アシナガムシヒキ Molobratia japonica (ハエ目/ムシヒキアブ科)
Mushihikiabu_22072311 撮影:2022.07.09, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mushihikiabu_22072312 撮影:2022.07.09, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mushihikiabu_22072313 撮影:2022.07.09, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mushihikiabu_22072314 撮影:2022.07.09, 横浜市戸塚区舞岡公園

Mushihikiabu_22072315 撮影:2022.07.09, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧