ハエ

2018年7月17日 (火)

●キリウジガガンボのメス

マンションの廊下で、見たことのない模様の翅の大きめのガガンボを発見し、初めて見るガガンボかと思って調べてみたら、コイツが有名なキリウジガガンボのメスだと知りました(^^;。こう言う、特徴を持った虫だと絵合わせでもなんとか同定ができるのですが、普通の姿をした虫だと素人には調べるのが大変と言うか不可能に近いと感じます。
昨日の夜は、思ったよりも気温が下がったようで、だいぶ楽な感じがしましたが、まだ暑い夜が続くのでしょうね。

キリウジガガンボ (ハエ目/ガガンボ科)Gaganbo_18071401撮影:2018.06.26, 横浜市港南区芹が谷周辺

Gaganbo_18071402撮影:2018.06.26, 横浜市港南区芹が谷周辺

Gaganbo_18071403撮影:2018.06.26, 横浜市港南区芹が谷周辺

Gaganbo_18071404撮影:2018.06.26, 横浜市港南区芹が谷周辺

Gaganbo_18071405撮影:2018.06.26, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年6月20日 (水)

●ヒロクチバエ科の仲間

ヒロクチバエを見つけて撮り始めたら、2匹いることに気が付きました。大きさが違っていたので雌雄だと思っていたら、最終的に交尾にいたりました。ヒロクチバエとはよく言ったもので、確かに面白形の口吻をしています。これが、もっとスッキリ撮れたら良かったのですが、葉の上のはえを撮るのは難しくて、こんなのしか撮れませんでしたね(^^;。

ヒロクチバエ科の仲間 (ハエ目/ヒロクチバエ科)Hirokuchibae_18061101撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hirokuchibae_18061102撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

上の2枚がメスで、コイツがオスです。 Hirokuchibae_18061103撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hirokuchibae_18061104撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hirokuchibae_18061105撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

●アシナガムシヒキ

草の茎に止まっている虫は、写真に撮るには良い環境ですが、風があるとゆらゆらと揺れてしまって撮りにくい環境でもあります。今回のは、交尾中でつながったままのアシナガムシヒキで、下にぶら下がっている方がオスなのでしょうね。それにしても、本当に丈夫な交尾器のようで、ちょっとやそっとでは外れないで飛んでいきますね(^^)。

アシナガムシヒキ (ハエ目/ムシヒキアブ科)Mushihiki_18060401撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Mushihiki_18060402撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Mushihiki_18060403撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Mushihiki_18060404撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

Mushihiki_18060405撮影:2018.06.02, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年6月 5日 (火)

●ホソヒラタアブ

どうってことの無いホソヒラタアブですが、丁度良い場所に止まったので久しぶりに撮りました。風さえ吹かなければ、それなりに撮ることは出来るのですが、なかなか思うようにならないので困ってます(^^)。

ホソヒラタアブ (ハエ目/ハナアブ科)Hirataabu_18052801撮影:2018.05.27, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hirataabu_18052802撮影:2018.05.27, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年5月27日 (日)

●オオイシアブ

オオイシアブは二度目の登場になりますが、今回はコメツキムシを捕獲していました。l昆虫界の最強のハンター言われるだけあって、狙った獲物は逃さないようでカマキリなんかよりも恐れられているそうな(^^;。こちらは、上から飛渡来て一瞬で連れ去ってしまうので、見える場所にいたらアウトなんですね。

オオイシアブ (ハエ目/ムシヒキアブ科)Abu_18052201撮影:2018.05.21, 横浜市港南区芹が谷周辺
Abu_18052202撮影:2018.05.21, 横浜市港南区芹が谷周辺
Abu_18052203撮影:2018.05.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年4月17日 (火)

●ハグロケバエ

4月に入って気温も上がり、ようやく虫の種類も数も増えてきたことを実感できるようになりました。ここに来て、お馴染みのケバエも飛び出してきました。まあ、ケバエ自体はどうってことありませんが、コイツの幼虫の塊に関しては、さすがに遠ざけてしまいます。幼虫の方は、よっぽど不快だと思うのですが(^^;。

ハグロケバエ (ハエ目/ケバエ科)Kebae_18041601撮影:2018.04.14, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年4月16日 (月)

●オオイシアブ

見たことのあるような無いようなアブを見つけ、念のために撮影して確認してみたら初めて撮るムシヒキアブの仲間でした。似ていると思ったのは、前に撮ったミケモモブトハナアブの仲間でしたが、科が違っていましたね(^^;。
丁度日の当たる場所だったので、最初は日が当たった状態で撮りましたが、チョットどぎつい感じだったので太陽を遮っての撮影もしましたが、逃げられなくて良かったです。今回の写りを見ると、どちらが良いかは好みの分かれるところですね。

オオイシアブ (ハエ目/ムシヒキアブ科)Abu_18041501撮影:2018.04.10, 横浜市港南区芹が谷周辺
Abu_18041502撮影:2018.04.10, 横浜市港南区芹が谷周辺
Abu_18041503撮影:2018.04.10, 横浜市港南区芹が谷周辺
Abu_18041504撮影:2018.04.10, 横浜市港南区芹が谷周辺
Abu_18041505撮影:2018.04.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年4月12日 (木)

●ヒメガガンボの仲間

このヒメガガンボの仲間の写真も何回か撮っていますが、なかなか良い感じの写真が撮れません。もっとキレイな写真を撮りたいのですが、なかなか明るい場所にいるのと出会いがありません。良く見たら、お腹の部分は緑色をしているのは分かりますが、明るいところで見たら以外にキレイな緑色の感じがします。

ヒメガガンボの仲間 (ハエ目/ガガンボ科)Gaganbo_18040801撮影:2018.04.01, 横浜市港南区芹が谷周辺
Gaganbo_18040802撮影:2018.04.01, 横浜市港南区芹が谷周辺
Gaganbo_18040803撮影:2018.04.01, 横浜市港南区芹が谷周辺
Gaganbo_18040804撮影:2018.04.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

●タブノキの虫こぶ

タブノキの葉の裏で、チョット大きめ(直径約4.5mmですが)の虫こぶを一つ見つけました。横から見た目はリンゴに似ていますが、上から見ると窪みがあります。調べてみたら、タブウスフシタマバエの幼虫が作った虫こぶ(タブノキハウラウスフシと呼ばれているようですね)のようです。フッカーSさんの「東京23区内の虫 2」にタブノキハウラウスフシの情報がありましたが、成虫の姿はタマバエに似た感じで、もしかしたら既にお目に掛かっているかも知れませんね。

タブウスフシタマバエ (ハエ目/タマバエ科)Mushikobu_18040801撮影:2018.03.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Mushikobu_18040802撮影:2018.03.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Mushikobu_18040803撮影:2018.03.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Mushikobu_18040804撮影:2018.03.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年3月30日 (金)

●ニセコミスジキモグリバエ

これも、冬場のお馴染みさんでしたが、今年の冬は少なかったですね。それ予定も、こんなに小さかったかと見つけたときに感心してしまいました(^^)。大きさは、体長約1.2mm(羽根の先端まで約1.5mm)しかなく、最初は初めて見る小バエかと思ってしまいました。
気温が上がって、虫たちも活動を始めていることでしょうが、思ったほど出会いがないのは何故なのでしょう。

ニセコミスジキモグリバエ (ハエ目/キモグリバエ科)Kimoguribae_18032701撮影:2018.03.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kimoguribae_18032702撮影:2018.03.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kimoguribae_18032703撮影:2018.03.24, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

より以前の記事一覧