ハエ

2023年1月26日 (木)

●キモグリバエ科の仲間1

葉の裏にはキモグリバエ科の仲間も何種類かいるのですが、今回のは、その中では渋い感じの色合いのタイプになります。
似た色合いのに、ニセコミスジキモグリバエと言うのもいますが、こちらは背中のスジがシッカリ付いているので、コイツよりも格好良く見えます。ただ、 ニセコミスジキモグリバエの方は、まだ舞岡公園では見たことがないです。
大きさは、体長約1.7mm(翅の先端まで約2.5mm)ほど。どう見ても、普通のハエにしか見えませんね(^^)。
最近、舞岡公園でも葉めくりをする人が増えているらしいけど、皆さん「冬の虫が何処にいるか」分かってきたのかなぁ(^^)。
火曜日にムツトゲイセキグモを確認してガッカリした後、念のためにいつものコースを巡回したら、壁にアヤニジュウシトリバが止まっているのを発見!
先日教えて頂いたとおり「ニジュウシトリバは、冬場は壁に止まっている個体もいる」を実感することが出来ました(^^)v。

キモグリバエ科の仲間1(ハエ目/キモグリバエ科)
Hae_23011501 撮影:2023.01.07, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_23011502 撮影:2023.01.07, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_23011503 撮影:2023.01.07, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_23011504 撮影:2023.01.07, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_23011505 撮影:2023.01.07, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2023年1月11日 (水)

●アジアコブカタキモグリバエ

葉の裏でコバチと一緒にみつかる、キモグリバエ科の仲間の一つのアジアコブカタキモグリバエで、キモグリバエの中では一番目にするように思いますが、黄色の種類もいるので、そちらの方が有名なのかも。
ジックリ見ると、ハエにしては中々良い感じの外観をしていますが、これも小さいのでマクロ撮影して画面で大きくしてみないと、ありがたみが分からないかな。
大きさは、体長約2.2mm(翅の先端まで約2.8mm)ほど。
さて、正月気分も終わりにして、今日から本格的に仕事が始まりますが、さて何から行うかな(^^)。

アジアコブカタキモグリバエ Meijerella inaequalis (ハエ目/キモグリバエ科)
Hae_23010601 撮影:2022.12.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_23010602 撮影:2022.12.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_23010603 撮影:2022.12.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_23010604 撮影:2022.12.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_23010605 撮影:2022.12.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2023年1月 6日 (金)

●ユスリカ科の仲間(初見)

葉の裏で見つけたチョット変わった模様のユスリカ科の仲間、ネットで探してみたけれども似たのは見つかりませんでした。
ユスリカの魅力は、オスの華やかな触角でしょうが、今回はあまり魅力的には撮れませんでした、残念(^^;。
大きさは、体長約4mmほど。
今週は、出勤日が2日しかないので今日で今週の仕事もおしまいです。明日は、天気が良くない良いうな情報もありますが、まあ雨さえ降らなければ虫撮りには影響しないので、明日の朝の天候次第ですね。ちなみに、去年の1月9日に舞岡公園で3種類のフユシャクのメスを1日で撮っいてたので、まだまだ期待しても大丈夫でしょうね(^^)。

ユスリカ科の仲間(ハエ目/ユスリカ科)
Yusurika_23010201 撮影:2022.12.19, 横浜市戸塚区舞岡公園

Yusurika_23010202 撮影:2022.12.19, 横浜市戸塚区舞岡公園

Yusurika_23010203 撮影:2022.12.19, 横浜市戸塚区舞岡公園

Yusurika_23010204 撮影:2022.12.19, 横浜市戸塚区舞岡公園

Yusurika_23010205 撮影:2022.12.19, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年12月26日 (月)

●チョウバエ科の仲間02

嫌われ者のオオチョウバエとは別種のチョウバエ科の仲間。翅に模様がないのでスッキリした感じに仕上がっています。
チャイロっぽい個体と白っぽい個体がいましたが、多分個体差で同じ種になると思います。
モコモコした感じに仕上がっていて、冬には暖かそうで良いかも知れません。
大きさは、翅の先端まで約2.6mmほどで、オオチョウバエと同じ大きさです。

チョウバエ科の仲間02(ハエ目/チョウバエ科)
Hae_22121801 撮影:2022.12.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22121802 撮影:2022.12.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22121803 撮影:2022.12.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22121804 撮影:2022.12.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22121805 撮影:2022.12.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22121806 撮影:2022.12.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年12月15日 (木)

●ノミバエ科の仲間

最近、葉の裏の虫ばかりですが、これからも暫く続きますで、お付き合い下さい(^^)。
この小さなハエは、ノミバエ科科の仲間で橙色のと黒いのがいましたが、両方は別種になります。
小さなハエですが、コバエじゃなくてノミバエになったのかは分かりませんが、ノミのように跳ねるからでは無いように思います。
橙色の方は、小さい方がオスで大きい方がメスのようで、お腹の先に産卵管のようなのが写っています。
大きさは、両方共に翅の先端まで約3mmほど。
他にも、小さなハエ(コバエじゃないヤツね)が何種類かいても良さそうなのですが、今のところコイツらしか出会ってません。

ノミバエ科の仲間-1 (ハエ目/ノミバエ科)
Hae_22120601 撮影:2022.12.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22120602 撮影:2022.12.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22120603 撮影:2022.12.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

ノミバエ科の仲間-2(ハエ目/ノミバエ科)Hae_22120604 撮影:2022.12.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22120605 撮影:2022.12.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22120606 撮影:2022.12.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年12月 8日 (木)

●ヒトスジコガタハネオレバエ?の交尾

ボーッとしないで注意深く歩いていると、結構色々な場面に出会ったりするから面白いです。
今回は、葉の裏で交尾中のヒトスジコガタハネオレバエ?を見つけましたが、チョコチョコ動き回らなかったので、シッカリ撮らせて頂きました。
でも、最後は別れ別れになってしまいましたが、別に私のせいじゃないですよね(^^;。
注意深く、周囲を見ながら歩いているつもりですが、他の人が見ているはずの虫が目に入らないことが結構あるので、虫探しも難しいです(^^)。

ヒトスジコガタハネオレバエ? ?Psila kanmiyai (ハエ目/タハネオレバエ科)
Hae_22120501 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22120502 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22120503 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22120504 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22120505 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年11月20日 (日)

●オオハナアブを大きく撮りたかったが

地べたに止まって動かなかったら、シッカリ寄って大きく撮ることができるけど、虫だって危険を察知したら飛んで行ってしまう。
先ずは、ファインダー一杯の大きさで撮って、もうちょい寄ってアップで撮ろうとしたところで飛んでいってしまったので、このカットを2枚撮影して終了。
アップで撮れなかったから、眼の部分をトリミングで切り取って見かけ上のアップを行ってみたが、相手が動かなければブレることは少ない。
虫の眼に模様がある場合があるが、この模様と見え方の関係ってどうなっているんだろうか、何か意味があるんだろうけど。

昨日は虫撮りに出掛けられなかったので、今日は舞岡公園で虫撮りに専念する予定ですが、どうも午後からは雨が降りそうなので、早めに出掛けて雨が降りそうになったら帰ることにしてます。

当ブログにお越しの方で、プロフィールを見たことがない人がいらっしゃったら一度クリックしてみて下さい(^^)。

オオハナアブ Phytomia zonata (ハエ目/ハナアブ科)
Abu_22111901 撮影:2022.11.14, 横浜市戸塚区舞岡公園

Abu_22111902 撮影:2022.11.14, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年11月11日 (金)

●オオヒメヒラタアブかな?

何の気なしに、久しぶりに撮ってみたヒメヒラタアブの仲間、最初はキタヒラタアブだとばかり思っていたけど、お腹の模様が違っているのに気が付きました。
調べて見た範囲だと、自信は無いけれともオオヒメヒラタアブが近そうな感じがしています。ただ、写りの方が今一歩でチョットに写りにブレがあるけど、ブログの記事の大きさだったら何とかなると思って載せちゃいました(^^;
折角良い感じの瞬間に出会っても、風が吹いていたりすると直ぐにブレちゃって、上手い具合に撮れないことが多いから、風の有る日は苦手なんです。

今のところ、舞岡公園には毎週2回の徘徊を予定をしているのですが、今週末は土日共に予定が入っているので、舞岡公園には月曜日にならないと行けなくなってしまった。
ブログのネタの方は、それなり撮りためてあるので、直ぐに干上がってしまうことはありませんが、虫撮りできないし、お馴染みさんにも会えないのが非常に残念です。

オオヒメヒラタアブ?(ハエ目/ハナアブ科)
Hanaabu_22110801 撮影:2022.10.30, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hanaabu_22110802 撮影:2022.10.30, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年10月14日 (金)

●ヤマトヒラタアブ

ごく普通種のハナアブ科の仲間のヤマトヒラタアブ、お馴染みの虎模様がクッキリしていてキレイでしたが、花ではなく葉の上で休んでいました。しかし、風があったのでシッカリした写真を撮るのに苦労していたら、シッカリ逃げられてしまいました。

ヤマトヒラタアブ Syrphus ribesii (ハエ目/ハナアブ科)
Abu_22101001 撮影:2022.10.01 横浜市戸塚区舞岡公園

Abu_22101002 撮影:2022.10.01, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年10月 5日 (水)

●ヒラタアシバエ科の仲間

知る人は知っている眼が赤くて動体が黒く、葉の上でチョコマカ動く小さなハエの仲間。大きさは、翅の先まで4mmチョイと小さく動き回るので撮りにくいけど、たまに動きが止まることがあるので、その時が撮影のチャンスと言うことになります。名前の由来は、脚の先の部分が平らになっているそうですが、それを意識して撮ってないので写真では分からないと思います。眼の大きなハエの仲間は、格好良いのが多いですね。

ヒラタアシバエ科の仲間(ハエ目/ヒラタアシバエ科)
Hae_22100301 撮影:2022.10.01 横浜市戸塚区舞岡公園

Hae_22100302 撮影:2022.10.01, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧