クモ

2023年1月25日 (水)

●近所で再び見つけたムツトゲイセキグモ(芹が谷)

ムツトゲイセキグモを、最初に近所(芹が谷)で見かけのは2017年1月28日に撮影していました。次は5年はぶりに前岡公園で亜成体(少し小さかった)を見つけ、2022.10.07にムツトゲイセキグモの亜成体として掲載済みです。
それが、今年になって近所を散策していて再びムツトゲイセキグモ(成体)を見つけることが出来ました。日本七大珍種と言われているクモの一つのムツトゲイセキグモですが、たぶん近所に生息していたんだと思います。
今回、近所で見つけた成体がいたのも、前回見つけた場所と数mしか離れていない場所でしたので、探せばもっと見つかるのかも知れません。
二週間ほど確認に行ってなかったので、昨日確認してみたら行方不明になってましたが、そのままだったら、観察会の日に持って行くことも考えていたのにね(^^;。

ムツトゲイセキグモ Ordgarius sexspinosus (クモ目/ナゲナワグモ科)
Kumo_23011501 撮影:2022.01.08, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kumo_23011502 撮影:2022.01.08, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kumo_23011503 撮影:2022.01.08, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kumo_23011504 撮影:2022.01.08, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kumo_23011505 撮影:2022.01.08, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kumo_23011506 撮影:2022.01.08, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kumo_23011507 撮影:2022.01.08, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | | コメント (0)

2023年1月19日 (木)

●コガネクモの仲間?01031

葉の裏で見つかるのはコバチだけはなく、小さなクモも見つかりますが、クモの場合は幼体も混ざっているので非常に分かりにくいです。
実際、成虫なのか幼体なのかを見分ける方法(虫なら翅の有無で結構区別が付きます)を知らないので、科まで絞り込むことが出来ないのです。
ただ、見付けたものは撮っておくことで、後になって詳細が分かることもあるので楽しみもあります。
今回のも、触肢が大きいのでオスの成体では無いかと思っています。
大きさは、写真の曲がった状態で体長約3.5mmほど。
次の月曜日も何か天気が良く無さそうで、場合によっては日曜日の天候も危ないかも知れない。
そんなことを気にしながら、今日と明日の仕事を何とかこなすことになります。

コガネクモの仲間?01031(クモ目/コガネグモ科?)
Kumo_23011301 撮影:2023.01.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_23011302 撮影:2023.01.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_23011303 撮影:2023.01.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_23011304 撮影:2023.01.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_23011305 撮影:2023.01.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

 

| | | コメント (0)

2023年1月15日 (日)

●コガネグモ科の仲間?12291

葉の裏で見つけた小さなクモ、形的にはコガネグモ科の仲間の幼体ではないかと思っていますが、誰の幼体なんでしょうね?
最初の4枚と残りは別の個体になりますが、形的には同じ種ではないかと思いますが、触肢の感じから最初のがオスで他方がメスみたいです。
大きさは、頭から腹の先端まで約4.5mmほど。
昨日は、天候不順で予定していた舞岡公園には出掛けらませんでした。
今日の日曜日は、大丈夫そうなの舞岡公園に出向いていると思います。ダメだったら、明日は舞岡公園に出掛けましょうね(^^)

コガネグモ科の仲間?12291(クモ目/コガネグモ科?)
Kumo_23010901 撮影:2022.12.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_23010902 撮影:2022.12.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_23010903 撮影:2022.12.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_23010904 撮影:2022.12.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_23010905 撮影:2022.12.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_23010906 撮影:2022.12.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_23010907 撮影:2022.12.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年12月23日 (金)

●子守中のネコハエトリ(^^)

タイトルが本当だったら良い写真になるのかも知れませんが、そんなに現実は甘くない(^^;。
おわかりの通り、子守ではなく獲物として捕獲した子グモを咥えているところです。
ハエトリグモの仲間は、お腹がすいているときに近くを移動する小さな物に対して、同じクモの仲間でも反応するように出来ているようです。
前に、ハエトリグモを入れた容器に小さなハエを入れたら、速攻で飛び掛かっていきました。ただ、一度逃げられると相手として危険があると判断するのか、二度目は襲うことはありませんでした。
寒くなってきたので、そろそろネコさんも冬ごもりの準備が始まることでしょうか。

ネコハエトリ Myrmarachne formicaria (クモ目/ハエトリグモ科)
Kumo_22121801 撮影:2022.12.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22121802 撮影:2022.12.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22121803 撮影:2022.12.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22121804 撮影:2022.12.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22121805 撮影:2022.12.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22121806 撮影:2022.12.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年12月18日 (日)

●キジロオヒキグモの亜成体は無事!

舞岡公園に行くと、ほぼ毎回生存確認をしていますが、昨日も同じ場所に留まったままでしたが、少しは位置を変えているようです。
このまま、何とか春まで頑張ってもらって成体になって、名前の通りの「尾引き」状態を見せてもらいたいものです。
今回掲載の写真は、前の週の12月12日に撮影したものですが、薄暗い場所にいるので写りは良くないです(^^;。

キジロオヒキグモ亜成体 Arachnura logio (クモ目/コガネグモ科)
Kumo_22121201 撮影:2022.12.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年12月 9日 (金)

●オナガグモ

最初の4枚は、葉の裏で伸びきった状態だったオナガグモのメス、こう言う状態だったら私にだって簡単に撮ることができます。
でも、伸びきったオナガグモって撮っても面白みが全くないことに気が付きました(^^;。
仕方ないので、別の日に撮ったオナガグモを載せますが、やっぱり活動感のある方が撮っても良い感じになりますね。
でも、最終的には一番安定感のある真っ直ぐに伸びた状態になってしまいました。
明日は土曜日、舞岡公園へ出掛けられる日がやって来ます、雨も降りそうにないので一安心です(^^)。

オナガグモ Ariamnes cylindrogaster (クモ目/ヒメグモ科)
Kumo_22120501 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22120502 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22120503 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22120504 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22120505 撮影:2022.11.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22120506 撮影:2022.11.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年12月 7日 (水)

●ヨツデゴミグモ?のオス

これも葉の裏で見つけた小さなクモのオス、形てきにはヨツデゴミグモのオスだと思いますが、お腹(背中)の真ん中の部分の色が薄いのが気になる。
大きさは体長約3.8mmなので成体の大きさと同じですが、色の感じがネットで得られる写真と異なるのは個体差のせいなのか?。
クモは、幼体と成体で違いが大きかったり、色や模様の変異も多いみたいなので難しいけど、真剣に探すと色々なのが見つかりそうなので、注意して見る必要がありそうです。
昨日は、午前中まで雨の影響が残ってしまったので、次回の虫撮りは土曜日までお預けになってしまいました。

ヨツデゴミグモ?(オス) Cyclosa sedeculata Karsch 187 (クモ目/コガネグモ科)
Kumo_22112811 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112812 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112813 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112814 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年12月 4日 (日)

●ユウレイグモ

今回のユウレイグモは、半円形に曲がったアオキの葉の内側に隠れていましたが、体長が4mm弱だったので、もう少し大きく成長すると思います。
冬場だと、ヤツでの枯れ葉が丸まった中にいることが多いように思いますが、他にも楽しめる虫が居ることもあります(^^)。
胴体の大きさの割に脚が非常に長いので、ザトウムシほどではありませんが、撮りにくいことには変わりないです。
初夏だに産卵をするようで、産卵後も親グモは卵を保護しているらしいです。一度、その姿も撮ってみたいものですね。
昨日の朝は、久しぶりに寒かったのですが、そんなこと気にしないで虫撮りに出掛けてみました。
虫は少なかったけど、鳥撮りさんは多かったみたいで、お馴染みさんとは5名と出会いがありました。でも、皆さん成果は良くなかったみたいでした。
私ですか、今回も20種類以上(当然、何度も撮っているのを含めてですが)は撮りましたが、成果と言えるの初撮りのマルウンカの幼虫とチャタテムシの羽化シーンかな(^^;。

ユウレイグモ Pbolcus crypticoleus. (クモ目/ユウレイグモ科)
Kumo_22112801 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112802 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112803 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112804 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112805 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年11月30日 (水)

●小さなツクネグモ(初見)

葉の裏にはゴミが沢山付いているものもあれば、凄くキレイな葉もありますが、生えている場所や風の抜け具合なんかが影響しているのだと思う。
今日のは、葉をめくった時にゴミみたいなが見えたので、ゴミか生き物か迷ったのですが、見ていたら動き出したので生き物だと判明。
カメラを使って確認したら、見た頃のない容姿をした小さなクモで、体長約1.4mmの非常に小さな丸っこい形でした。
小さなクモの場合はクモの幼体の可能性もあるので、名前が分からない場合がありますが、色々と調べて見たらツクネグモと言うことになりました。「腹部の形が、つくね芋に似ているから付けられた名前」だそうですが、つくね芋を検索して形を見たら納得してしまいました(^^)。
ツクネグモは舞岡公園で初めて知りましたが、この大きさとゴミみたいな外観なので、多分今までも目にしていたと思いますが、この大きさなので全く気にとめていなかった可能性が大きいですね。

ツクネグモ Phoroncidia pilula (クモ目/ヒメグモ科)
Kumo_22112501 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112502 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112503 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112504 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112505 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (2)

2022年11月26日 (土)

●キジロオヒキグモの亜成体(初見)

何時ものように葉めくりをしていたら出てきた、お腹の部分がチョット変わった形のクモ。最初は、調べて見ても何グモなのかが分かりませんでしたが、Twitterの投稿(その昔、近所にいた方の)を見ていて似たのがいたので調べて見たら、なんと日本七大珍種のクモと言われている中のキジロオヒキグモの亜成体のようで、少し嬉しくなりましたが普通の人が見ても、どってことない感じのクモですかね。
ちなみに、日本七大珍種のクモとは、次の7種類だそうですが、舞岡公園で既に2種類ほど撮っていますので、本当に「日本七大珍種のクモ」なのと思ったりしていますが、残りの種は見つかる可能性は低そうです。
 1.サカグチトリノフンダマシ
 2.ツシマトリノフンダマシ
 3.キジロオヒキグモ  ← 今回、撮影できました。
 4.カトウツケオグモ
 5.ワクドツキジグモ
 6.ムツトゲイセキグモ ← 先日、撮影済みですし近所でも過去に撮ってますので意外に多い?
 7.マメイタイセキグモ
今回は亜成体(まだ約10mmほど)だったようですが、成体になると体長25~28mmほどになり、お尻の部分が凄く長くなるそうなので、このままこの場所で成体まで育って欲しいと思っています。そして、成体になった時には、その姿を撮ってみたいと今から考えています。
そう言えば、「観察会」の中にクモに詳しい方がいらっしゃると聞いているので、次回お会いした時に話を聞いてみたいと思っていますので、宜しくお願いします(^^;。
今月に入って、今日は用事の入ってない初めての土曜日、舞岡公園に出陣しているはずだったのですが、お天気次第と言うことになりそう。さて、無事出掛けることができて何か良いのが(珍しい種類と言う意味ではないです)撮れるでしょうか。

キジロオヒキグモ(亜成体) Arachnura logio (クモ目/コガネグモ科)
Kumo_22112301 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112302 撮影:2022.11.14, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112303 撮影:2022.11.14, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112304 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22112305 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧