クモ

2022年9月24日 (土)

●カラスハエトリのメス

多分、ハエトリグモが好きな人だったら、絶対に好きになると思うカラスハエトリのメス。いつものように、カメラを向けると前を向いてしまうので、色々と手を出したりして撮影したけど、最後は近くにいた小さなクモに飛び掛かって捕食したあと、隙間に入り込んでしまいました。カラスハエトリのメスは、顔が可愛いだけでなく表の模様も綺麗なのが良いね。カラスハエトリのメスを撮ったのは、今年の1月に舞岡公園で撮って以来だから、久さしぶりだった。
今日はともかく、明日の日曜日は午後から田んぼで稲刈りがあるので、その前に虫撮りを楽しみたいと思っている。でも、お天気の方がどうなっているかが気になるなぁ。

カラスハエトリ(クモ目/ハエトリグモ科)
Haetorigumo_22091801 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Haetorigumo_22091802 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Haetorigumo_22091803 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Haetorigumo_22091804 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Haetorigumo_22091805 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年9月21日 (水)

●またオオトリノフンダマシ(^^;

ひろしさんが2匹目として見付けたのを私も撮ったのですが、帰ってから確認してみたらオスが偶然写っていました。これで、オスの大きさが分かると思いますが、他のトリノフンダマシでもオスが小さいのが普通のようですね。
しかし、舞岡公園にはオオトリノフンダマシがたくさんいて嬉しいことですが、できたらトリノフンダマシもお会いしてみたいものです。2013年に一度だけ、舞岡公園に来たときに見付けていますが、それ以来ご無沙汰したままです。ただ、その時撮影したのが10月になっているので、まだまだ出会いの機会はありそうです。

オオトリノフンダマシ Cyrtarachne akirai (クモ目/コガネグモ科)
Kumo_22091801 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22091802 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22091803 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22091804 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

ひろしさんが2匹目として見付けたのを撮ったのですが、オスが偶然写っていたのので、オスの大きさが分かると思います。

| | | コメント (0)

2022年9月13日 (火)

●ヌサオニグモ

ふと笹の葉をみたら見たことのないクモの姿が、お腹の模様が特徴的だったので帰って調べたらヌサオニグモと直ぐに判明しました。なかなかキレイな色をしていますが、多分夜に網を張るタイプで朝になると網をたたんで寝ているタイプなんでしょうね。
昨日は風が強めだったのですが、行けば何とかなるだろうと舞岡公園に出掛けてみました。風が強いと言っても比較的弱い場所も存在していたので、出掛けたなりの収穫は何とか確保できました(^^;。オオトリノフンダマシは、手の届かない高い場所に卵のうと一緒にいる新たな個体を発見、この場所だったら見つかっても取られてしまうことはないでしょうから一安心、

ヌサオニグモ Araneus ejusmodi (クモ目/コガネグモ科)
Onigumo_22090901 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Onigumo_22090902 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Onigumo_22090903 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Onigumo_22090904 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年9月 9日 (金)

●オオトリノフンダマシを再び

個人的には、オオトリノフンダマシの当たり年のようで、既に3匹のメスとオスを撮ることができました。1匹目が既に掲載済みのこれで、二匹目は「ひろしさん」のブログの撮影した場所の情報を頂いたので、見つけることができて撮ることができました。3匹目は、更に別の場所にいるのを見つけて撮ることができましたが、レディー・ファーストと言うことでlovelymiena2さんのブログで先に登場しています。

ちなみに、2匹目の撮影では風があってブレたのしか撮れなかったので、必殺技の洗濯ばさみに登場してもらい、枝をリュックに固定して撮ることで、風の影響を避けることができました。撮影の間、メスは卵嚢を守っているのでジッとしててくれたので、撮影後に元の状態に戻しておきました。
3匹目は、少し高い位置の葉の裏に単独でいたので、こちらは葉っぱごと切り離しして撮りやすい位置に移動後に撮影させて頂き、撮影後に切り離した葉を元の木の別の葉に固定しておきました。実は後から知ったのですが、この場所にはオオトリノフンダマシのメスが2匹いたようですが、私は1匹しか見付けることができませんでした。更に、里山のとっとこさんのところにも登場しているので、結構たくさんいるみたいですね。

今回は、オマケとして背中の模様が動くgifアニメーションを作成して載せてみましたので、最後の画像をクリックしてみて下さい(^^)。

オオトリノフンダマシ Cyrtarachne akirai (クモ目/コガネグモ科)Kumo_22090601 撮影:2022.09.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22090602 撮影:2022.09.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22090603 撮影:2022.09.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22090604 撮影:2022.09.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22090605 撮影:2022.09.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22090606 撮影:2022.09.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

※クリックすると背中の模様がアニメーション表示にKumo_22090509 撮影:2022.09.04, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年9月 8日 (木)

●アシダカグモの交接に遭遇

午前の虫撮りを一段落させて、休憩所で一休みを兼ねて昼食をっとったあとに、いつものように歯磨きをしに手洗い場に言行って、ふと脇を見たら脚の沢山ある大きなクモがいるではありませんか。写真を撮るには準備が必要だし、一緒に休憩所にいたlovelymiena2さんに「チョット来てみて」と声を掛けたのが、今回の物語の始まり。良く見るとアシダカグモが交接している状況で、オスがメスの上に載っていましたが、交接の詳細は初めてだったので未確認です。
私が三脚の準備をしている間にlovelymiena2さんに先に撮影してもらうこと(既にブログに掲載されています)にしもらい、もう一方らいらっしゃた方にも先に撮ってもらい、私は準備が終わってからゆっくり撮りましたが、場祖hが部屋の中の隅っこだったので薄暗かったのが、私には厳しかったな。しかも、初めて見たと言うことで、機が高ぶっていて集中できていなかったのも影響したみたいだが、実物を見ることができたのが良かった。
でも、みんなでワイワイやりながら撮影をしたのも面白かったし、実はlovelymiena2さんが撮影に夢中になっている後ろ姿を、内緒でスマホで撮れたのも楽しかったな(^^;。

アシダカグモ Heteropoda venatoria (クモ目/アシダカグモ科)
Kumo_22090501 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22090502 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22090503 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22090504 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22090505 撮影:2022.09.03, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (2)

2022年9月 4日 (日)

●アシナガグモ?

オオトリノフンダマシを探していて見つけた足が長~いアシナガグモの仲間、このクモに関しては触肢の大きなオスの方が格好良いと思う!
脚が長い分、全体を含めて撮るのは結構難しい感じがするので、いっそうのこと必要な部分だけ撮るようにした方が楽かもしれない。それにしても、立派な触肢を持ったオスでしたね。
昨日は、午前中は暑さをさほど感じませんでしたが、日が出だしてからは暑さが戻ってきた感じも、でも真夏の暑さではなくなりましたね。虫が減ったなと思いつつも、昨日も30種類ほど撮って帰ってきましたが、初見はムシ×1種とクモ×1種だけでしたが、コイツは見つけて撮ることができましたが、葉の上から西日が当たっていたので今一歩の写りだったのが残念(^^;。

アシナガグモ? Tetragnatha praedonia (クモ目/アシナガグモ科)
Kumo_22090101 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22090102 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22090103 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22090104 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22090105 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kumo_22090106 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年9月 1日 (木)

●オオトリノフンダマシの♀と♂

ひろしさんの8月26日のブログの記事を見て、それらしい場所を再び探した結果、最初に葉の裏で休んでいるのメスの個体を見つけました。その後、他にもメスがいないか確認していたら、同じ機の別の葉に小さいクモががいたのを見つけ、撮ってきた写真を確認した結果はオス(体長約2.5mm)で間違いなさそうです。両方な連でいるところを撮れたら最高だったのですが、残念ながら今回は叶わず。だいぶ前に、舞岡公園にスポットで来たときにも、オオトリノフンダマシを見つけているので、今回で二度目の撮影になりました。
だいぶ前に、シロオビトリノフンダマシでもオスを見つけて撮影を経験していますが、トリノフンダマシのオスって他の蜘蛛のメスに比較してみんな小さいんですね。
なお、今週の火曜日にも同じ場所を探してみましたが、メスだけでなくオスの姿も見えなくなっていましたので、他の場所に移動してしまったようです。

オオトリノフンダマシ Cyrtarachne akirai (クモ目/コガネグモ科)
Torinofundamashi_22082801 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Torinofundamashi_22082802 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Torinofundamashi_22082803 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Torinofundamashi_22082804 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Torinofundamashi_22082805 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

 

| | | コメント (0)

2022年8月27日 (土)

●オダカグモ

少し前の写真になりますが、何かいないかと葉を捲って見つけたのが初めて見たオダカグモでした。クモの仲間は普段あまり撮らないので、どの科のクモなのかが分かりづらく、科が分からないと名前までたどり着けない。今回は、形からヒメグモ科だろうと当たりを付けてから、唯一持っている図鑑の「日本のクモ」のページをめくって、見つけ出したもの。
ネットの検索で「ヒメグモ科」では見つけられなかったが、図鑑で見つけたオカダグモで改めて検索して確認が取れた次第です。
コレが掲載される頃には、舞岡公園周辺にいると思いますが、なんだか暑さが戻ってきていて汗びっしょりになっているかも知れない(^^;。

オダカグモ Meotipa argyrodiformis (クモ目/ヒメグモ科)
Himegumo_22082301 撮影:2022.07.02, 横浜市戸塚区舞岡公園

Himegumo_22082302 撮影:2022.07.02, 横浜市戸塚区舞岡公園

Himegumo_22082303 撮影:2022.07.02, 横浜市戸塚区舞岡公園

Himegumo_22082304 撮影:2022.07.02, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年8月20日 (土)

●シラヒゲハエトリ

久しぶりにハエトリグモを撮ったので、パッと見ても何ハエトリなのだか直ぐには出てきませんでした。過去に自分で撮った写真とネットの写真を比較しながら、ようやくシラヒゲハエトリに辿り着いた次第で情けないです。ハエトリグモは好きなクモが多いか科なのに、暫く撮っていなかったからか、名前が出てこないのってチョット悲しいですね。今回のシラヒゲハエトリ君は、どうやらハエの仲間(最後の写真)を捕獲して食事中だったようです。

シラヒゲハエトリ Menemerus fulvus (クモ目/ハエトリグモ科)
Haetorigumo_22081301 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Haetorigumo_22081302 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Haetorigumo_22081303 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Haetorigumo_22081304 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Haetorigumo_22081305 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年8月19日 (金)

●ゴホンヤリザトウムシ

久しぶりにザトウムシの仲間を見つけました。ネットの写真を見ると、もう少し色の濃いのが普通のようですが、背中に立派なトゲが5本あるのが確認できたので、ゴホンヤリザトウムシで間違いなさそうです。もしかしたら、まだ幼体なので色が薄いのかも知れませんね。
本体の割に足が非常に長いので、こう言うのって全体が撮りにくいので、本体部分を中心に撮ることにしていますが、本体が空中に浮いたまま移動できるなんて凄い構造になっていますね。

ゴホンヤリザトウムシ Systenocentrus japonicus (ザトウムシ目/マザトウムシ科)
Zatoumushi_22081301 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zatoumushi_22081302 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zatoumushi_22081303 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zatoumushi_22081304 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zatoumushi_22081305 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧