甲虫

2022年12月11日 (日)

●カタビロトゲハムシ

北公園の「散策の森ゾーン」の奥まで入ってしまい、アオキの葉をめくりめくってようやく出てきた1匹のハムシ。
近所でも1回見ていますが、今回で2回目の出会いのカタビロトゲハムシ、トゲは虫は好きなハムシの一つですが数が少ない気がします。
なかなか格好良い形をしてますが、立体感があるのでピントが合わせにくいのが難点です。
最初は、真っ黒な個体だったのでクロトゲハムシかと思ったのですが。触覚の色が茶色だったのでカタビロトゲハムシになりました。
大きさは、体長約4.6mm(触覚の先端まで約7.0)ほど。
散策の森ゾーン」も、見た目は良い感じがしたのですが、思ったほど虫が見つからなかったのが残念でした。夏場だったら、沢山いたのかな?。

昨日の舞岡公園は、見つかった虫の数がチョット少なかった気がします。もう少し、虫がいても良さそうな気がしますが、野鳥も少ないと言われているので、生き物自体が少なくなっているようです。
冬場は、葉の裏の小さな虫たちに期待しているのですが、特にヒメコバチの類が少ないと思っていたら、先週近所で確認した時も非常に少なかった。ブログ仲間のおちゃたてむしさんも「10年も前に比べるとめっきり少なくなってしまいました」と言っているので、横浜や舞岡公園だけが少ないと言うことでも無さそうです。
12月6日に「キジロオヒキグモ が、行方不明になってしまった!」と載せましたが、念のために昨日再確認したら、確認した場所を間違えていて、チャンと生存を確認できたので一安心しました(^^;。

カタビロトゲハムシ Dactylispa subquadrara (コウチュウ目/ハムシ科)
Hamushi_22120501 撮影:2022.11.28, 横浜市戸塚区小菅ケ谷北公園

Hamushi_22120502 撮影:2022.11.28, 横浜市戸塚区小菅ケ谷北公園

Hamushi_22120503 撮影:2022.11.28, 横浜市戸塚区小菅ケ谷北公園

Hamushi_22120504 撮影:2022.11.28, 横浜市戸塚区小菅ケ谷北公園

Hamushi_22120505 撮影:2022.11.28, 横浜市戸塚区小菅ケ谷北公園

| | | コメント (0)

2022年12月 6日 (火)

●カメノコテントウ

いつ出会っても見とれてしまう大きなカメノコテントウ(大きなテントウムシは迫力が違う)、近所でも昔は目にすることが出来なかったが、最近ではハラグロオオテントウと共に毎年目にするようになりました。
最初、直ぐ近くの大きな木の表面を歩いていたのを見つけ、何とか立ち止まってもらおうと行く手を遮ったりしていたら、何と下に落ちてしまった。「しまった!」と思って下を見たら、ササの切れ端にシッカリと止まっていてラッキーでし。
ついでに、反対側に回って裏までシッカリ撮らせてもらえて、本当にカメノコテントウ虫様々でした。
で、思ったのは、ハラグロオオテントウのお腹は確かに黒いが、カメノコテントウと似たような感じなので、あっちだけ腹黒じゃ可哀想な感じがしないでもない。キイロオオテントウあたりでも、良かったような気がするのは私だけかな(^^;。
しかし、オオテントウの仲間を見ると、普通の大きさのテントウムシの見え方がチョット変わってしまうほど、インパクトが大きいように思います。

カメノコテントウ Aiolocaria hexaspilota (コウチュウ目/テントウムシ科)
Tentoumushi_22112901 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tentoumushi_22112902 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tentoumushi_22112903 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tentoumushi_22112904 撮影:2022.11.22, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年12月 2日 (金)

●チビシギゾウムシの仲間

久しぶりにケヤキの樹皮をめくって確認してみたら、既に何種類かの虫たちが隠れているのが確認できました。
その中に、お馴染みのチビシギゾウムシの仲間がいましたが、大きさは口吻の先まで約3mmと言ったところで、小さなゾウムシですが格好良いです。
今日の朝は、12月を実感できる気温になっていましたが、明日の朝は更に寒さが増すとのこと。
雨は降らないので虫撮りに出掛ける予定ですが、寒そうなので準備が必要かな。
記事の投稿漏れが、出てしまったようですね(^^;。

チビシギゾウムシの仲間(コウチュウ目/ゾウムシ科)
Zoumushi_22112801 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zoumushi_22112802 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zoumushi_22112803 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zoumushi_22112804 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zoumushi_22112805 撮影:2022.11.20, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年11月28日 (月)

●チャイロアカサルゾウムシ?かな(初見)

季節の関係で葉の裏の虫の出番が、どんどん増えていくと思います。この小さなゾウムシも、葉の裏にへばり付いていたヤツで、微妙な色合いから判断に迷ったのですが、一番近かったのがチャイロアカサルゾウムシと言うことになりましたが、非常に怪しい状態です。
最初は、口吻をたたみ込んでしまっていたので、単なる茶色の塊状態でしたが、最後には顔を見せてくれたのでゾウムシらしい姿を撮ることができました。
これが、チャイロアカサルゾウムシだとすると、初めて見るゾウムシになるので本当は確定できたら嬉しかったのですが(^^;。

昨日の日曜日は、天候には恵まれましたが朝は風がチョット強かったけど、何時ものように葉の裏を探し回っていたので、大した影響は無かった。葉めくりで虫を探して、出てきたのから順に撮っていく方法でしたが、思っていたよりはコバチが多少は撮れたのは良かった。
葉の裏のコバチ、何となく年が明けてからよりも年内の方が多い気がする。

チャイロアカサルゾウムシ? ?Coeliodinus brunneus (コウチュウ目/ゾウムシ科)
Zoumushi_22112301 撮影:2022.11.14, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zoumushi_22112302 撮影:2022.11.14, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zoumushi_22112303 撮影:2022.11.14, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zoumushi_22112304 撮影:2022.11.14, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zoumushi_22112305 撮影:2022.11.14, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zoumushi_22112306 撮影:2022.11.14, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年11月23日 (水)

●モンチビゾウムシ

例によって、名前の分からない葉をひっくり返したら、小さなゴミ見たいのが目に入って、何かちっこいのがいるなと思って良く見たら虫だと言うことに反応。
カメラの画面で確認して小さなゾウムシだと認識できましたが、大きさは体長約1.8mm(口吻含めて約2.3mm)ほどで、この時期になっても初めて見る形のゾウムシだったので嬉しくなりました。
比較的名前の知れたゾウムシだったようで、今回はモンチビゾウムシだと言うことが直ぐにわかりました。

昨日の舞岡公園は、天気が良かったので日曜日と打って変わっ人出も多く、お馴染みさんにも5名ほどお会いしましたが、最初の3名の方は何時もとは違う場所での出会いでした。撮影の収穫の方は、例によってそれなりの量を撮りましたが、初撮りは2種類だでチョット寂しいけど、虫のでが少ないから仕方ないかもね。

モンチビゾウムシ Nanophyes pallipes (コウチュウ目/ゾウムシ科)
Zoumushi_22112101 撮影:2022.11.07, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zoumushi_22112102 撮影:2022.11.07, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zoumushi_22112103 撮影:2022.11.07, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zoumushi_22112104 撮影:2022.11.07, 横浜市戸塚区舞岡公園

Zoumushi_22112105 撮影:2022.11.07, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年11月13日 (日)

●ヨモギハムシ

多分ヨモギの仲間で、お馴染みのメスのお腹がパンパンのヨモギハムシが交尾中で、そこを失礼して撮影させてもらいました。今までに撮影したことのある被写体でも、舞岡公園では初めてだと新鮮さを感じてしまう気がします(本当は、ブログのネタになると当て込んで撮っているのは内緒です)。
それにしても、メスのお腹を見る度に本当にビックリするほど膨らんでいて、針でつついたら破裂してしまいそうです。

昨日は、天候に恵まれて虫撮り日和だったように思いますが、今日も用事があるので舞岡公園には出没できません。明日は、何時ものように朝から虫撮りに励もうと目論んでいますが、思うように虫を見つけることが出来るか、気になってしまいますね(^^)。

ヨモギハムシ Chrysolina aurichalcea (コウチュウ目/ハムシ科)
Hamushi_22110801 撮影:2022.10.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hamushi_22110802 撮影:2022.10.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hamushi_22110803 撮影:2022.10.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hamushi_22110804 撮影:2022.10.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hamushi_22110805 撮影:2022.10.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年11月 8日 (火)

●ウスキホシテントウ

晩秋になって直ぐに目に入る虫がいなくなってしまったので、葉をひっくり返して裏に隠れている虫探しをする回数が増えてきました。
今日のウスキホシテントウも、葉をひっくり返したら出てきたものですが、久しぶりに出会ったような気がするのはきのせいかな?
ウスキホシテントウの紋の色は、白い個体と黄色い個体がいますが。写真に撮るなら黄色ぽい方がキレイに撮れます。
昨日の舞岡公園は、薄曇りで風も弱く虫撮りには良い感じだったのに、肝心の虫の姿がなかなか見つからない。付いて早々、ケンモンミドリキリガを教えてもらった場所で探しても見つからなかったけど、その後にお会いしたお馴染みさん(Aさん、Tさんありがとうございます)に詳しく教えてて頂いた結果、ようやく見つけることが出来ました。「チョット高い位置にいたので目に入らなかったみたいだった」、と言うことにしておきましょうね(^^)。

ウスキホシテントウ Oenopia hirayamai (コウチュウ目/テントウムシ科)
Tentoumushi_22110501 撮影:2022.10.29 横浜市戸塚区舞岡公園

Tentoumushi_22110502 撮影:2022.10.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tentoumushi_22110503 撮影:2022.10.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tentoumushi_22110504 撮影:2022.10.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tentoumushi_22110505 撮影:2022.10.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年11月 7日 (月)

●ジンガサハムシ

シダの葉をひっくり返してみたら、金色に輝くジンガサハムシが登場しました。金色に光り輝く虫はほとんどいないので、これを見ると凄いなと思ってしまいます。金色に弱い人間から見ると、ハムシ界の王様って感じでしょうか。
参考までに金色に見える理由を検索してみたら、こちらに説明がありましたが、これを読んで直ぐに理解できたら凄いかも。
昨日は、予定通り舞岡公園に虫撮りに出掛けることが出来ましたが、虫の姿が少ないのに変わりは無し。初見のホソガ科の仲間が撮れたと思ったら、既に2015年11月に近所で同じ種を撮影していて残念でした。もう一匹、正体不明の蛾がいるのだけれど、まだ素性が良く分かりません。
瓜久保の休憩所で、観察会の皆さんとお会いして、中にはブログは見ているが「そらさん」を見たのは初めてと言う方もいたようです(^^;。

ジンガサハムシ Aspidimorpha indica Boheman (コウチュウ目/ハムシ科)
Hamushi_22110501 撮影:2022.10.29 横浜市戸塚区舞岡公園

Hamushi_22110502 撮影:2022.10.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hamushi_22110503 撮影:2022.10.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hamushi_22110504 撮影:2022.10.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hamushi_22110505 撮影:2022.10.29, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年11月 4日 (金)

●イノコヅチカメノコハムシ

イノコヅチでは無く楓の葉の裏にいたイノコヅチカメノコハムシ、葉っぱ失敬して地べたまで移動したので、今までと天地が逆転。
それに驚いてか、歩き始めるまでの僅かな時間を利用して、撮影することが出来ました。
少し小ぶりで目立たない感じの色合いに仕上がっていますが、この方が見つかりにくくて安心できると思いますが、葉っぱをひっくり返して探し出す人がいたりするから、見つからないと言うことはないのでした(^^;。
昨日は祭日で良い天気だったのですが、会社は出勤日で仕事をしていました。しかも、明日は別件で用事があって虫撮りに出掛けることも出来きないので、虫撮りは日曜日までお預けとなってしまいました。

イノコヅチカメノコハムシ Cassida japana (コウチュウ目/ハムシ科)
Hamushi_22110101 撮影:2022.10.23 横浜市戸塚区舞岡公園

Hamushi_22110102 撮影:2022.10.23, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hamushi_22110103 撮影:2022.10.23, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hamushi_22110104 撮影:2022.10.23, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hamushi_22110105 撮影:2022.10.23, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年10月29日 (土)

●トホシテントウの幼虫

今年もだいぶお世話になったトホシテントウの幼虫が、カラスウリの葉の裏に沢山いるのを見つけました。表にいなくても、食痕が表に残っているので、そう言う葉を見つけてひっくり返すと簡単に見付けることができます。
テントウムシの幼虫とは似つかないトゲトゲしい姿をしていますが、良く見ると結構面白い造りになっているのが分かります。
しかも、前からしっかり見ると顔をあって小さな可愛い眼もあるのが良く分かります。
最後の白いのが脱皮した後の抜け殻、トゲまでシッカリ残っていてキレイに脱皮しているのが分かります。テントウムシの幼虫は、自分の脱皮した抜け殻は食べないみたいです。
これだけ沢山いることが確認できているので、来年も沢山の成虫をみることができそうで安心しましたが、来年もまたたくさん撮ることになってしまうののがチョット心配だったりして(^^;。

トホシテントウ Epilachna admirabilis (コウチュウ目/テントウムシ科)
Tentoumushi_22102301 撮影:2022.10.16 横浜市戸塚区舞岡公園

Tentoumushi_22102302 撮影:2022.10.16, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tentoumushi_22102303 撮影:2022.10.16, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tentoumushi_22102304 撮影:2022.10.16, 横浜市戸塚区舞岡公園

Tentoumushi_22102305 撮影:2022.10.16, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧