チョウ(蛾の仲間)

2018年6月28日 (木)

●ギンスジトガリホソガ

草原で虫が見つからないときは、その場でしゃがんで視線を低くして周囲を見渡すと、上から見ているときに見えなかった虫が見えることが良くあります。ギンスジトガリホソガは、目が真っ赤でチョット気味の悪いところもありますが、黒に白の帯が引き締まって、意外にキレイに見るガだったします(^^)。

ギンスジトガリホソガ (チョウ目/カザリバガ科)Hosoga_18061701撮影:2018.06.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hosoga_18061702撮影:2018.06.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

Hosoga_18061703撮影:2018.06.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年6月19日 (火)

●カギバアオシャク

久しぶりjに見つけた大きなサイズのアオシャクで、これは初撮りかと思って喜んだのですが、かえって確認してみたら2012年にマンションの廊下で一度撮影していました(^^;。でも、今回は自然の中にいる姿を撮ることが出来たのは良かったです。ヤッパリ、人工的な造形物の上にいるよりも、自然の中にいる方が似合いますから。

カギバアオシャク (チョウ目/シャクガ科)Shakkuga_18060401撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shakkuga_18060402撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shakkuga_18060403撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shakkuga_18060404撮影:2018.06.04, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年6月18日 (月)

●カノコガ

今の時期、カノコガがいたるところで見ることが出来ます。目立つ色合いなのと、ぶら下がって止まっていることが多いので、写真を撮るには最適か。今頃と、8月から9月に掛けて発生するそうですが、幼虫はまだ見たことがありません。検索してみたら、お馴染みのおちゃたてむしさんのところにカノコガの幼虫が掲載されていましたが、もしかしたら見たことがあるかも知れませんね(^^;。

カノコガ (チョウ目/カノコガ科)Kanokoga_18060401撮影:2018.06.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanokoga_18060402撮影:2018.06.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanokoga_18060403撮影:2018.06.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanokoga_18060404撮影:2018.06.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanokoga_18060405撮影:2018.06.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanokoga_18060406撮影:2018.06.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年5月24日 (木)

●羽化したキアシドクガ

今年はキアシドクガの当たり年のようで、幼虫の数もたくさん見ましたが、羽化して間もないと思われる個体も撮ることが出来ました。模様の無い真っ白な羽の蛾で、腹の方も白い色のように見えます。ちなみに、この蛾も初めての撮影になります。
虫撮りの帰りに気が付いたのですが、樹木の高いところで多くの個体が乱舞していました(^^;。この分だと、来年も大量に発生するのでしょうか。

キアシドクガ (チョウ目/ドクガ科)18052011撮影:2018.05.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

18052012撮影:2018.05.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

18052013撮影:2018.05.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

●ヒメシロモンドクガの幼虫

5月の前半は、意外にも見つけられた虫の数が少なかったように思います。そうなると、撮ることが少ないイモムシ・毛虫たちにも、お願いして登場してもらうしか無いのでした。未だに、大きなイモムシ・毛虫にはびびることもありますが、だいぶ慣れてきたので最近は撮ることが少しは増えてきましたね(^^)。毛虫は、痛い目に遭う確率が多いので、見つけてもちょっかいは出さないように気をつけています!

ヒメシロモンドクガ (チョウ目/ドクガ科)18052001撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

18052002撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

18052003撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

18052004撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

●アカバキリガの幼虫

見たことの無いイモムシに遭遇しました。明らかに、蛾の幼虫だと言うことが分かる格好をしていますね。調べてみたら、アカバキリガの幼虫だと言うことが分かりましたが、成虫を見た記憶が無く調べてみたら2009年に一度だけ撮影していました。その後見掛けてませんでしたが、まだ生息を続けていたのですね。

アカバキリガ (チョウ目/ヤガ科)Yaga_18050701撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺<

Yaga_18050702撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺<

Yaga_18050703撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺<

Yaga_18050704撮影:2018.05.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

●キアシドクガのサナギ

キアシドクガの幼虫ですが、出てきたと思ったらアッと言う間にサナギになってしまいました。サナギの形は、普通のガのサナギと同じですが、折角なので成虫のキアシドクガも撮影しておきたいですね。まあ、今年は発生数が多いようなので、撮ることが出来る確率は高いでしょうが(^^)。

キアシドクガ (チョウ目/ドクガ科)Dokuga_18050111撮影:2018.04.29, 横浜市港南区芹が谷周辺

Dokuga_18050112撮影:2018.04.29, 横浜市港南区芹が谷周辺

Dokuga_18050113撮影:2018.04.29, 横浜市港南区芹が谷周辺

Dokuga_18050114撮影:2018.04.29, 横浜市港南区芹が谷周辺

Dokuga_18050115撮影:2018.04.29, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

●キアシドクガの幼虫

何故か、この日(4/29)は、あちこちで見掛けたキアシドクガの幼虫たち。それまでは、全く出会ってなかったから、どこにいたのか本当に不思議です。名前に「ドクガ」と付いていますが、幼虫にも毒は無いのだそうです。ちなみに、まだ成虫には出会ったことがありません。

キアシドクガ (チョウ目/ドクガ科)Dokuga_18050101撮影:2018.04.29, 横浜市港南区芹が谷周辺

Dokuga_18050102撮影:2018.04.29, 横浜市港南区芹が谷周辺

Dokuga_18050103撮影:2018.04.29, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

●アヤモクメキリガの幼虫

スイバでお馴染みのアヤモクメキリガの幼虫、最初は撮っていて気が付かなかったのですが、脱皮をして休んでいた個体だったようです。幼虫の後方に脱皮殻が残っていましたが、こうやって見ると随分と小さな洋服を着ていたんだと思ってしまいました(^^)。

アヤモクメキリガ (チョウ目/ヤガ科)Kiriga_18042311撮影:2018.04.22, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kiriga_18042312撮影:2018.04.22, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kiriga_18042313撮影:2018.04.22, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

●ナンカイカラスヨトウの幼虫

暖かくなって、本当にそこら中がイモムシだらけになってしまいました。イモムシが苦手な私でも、これを撮らないとネタが無くなってしまいそうなので、ジッと堪えて撮影してました(^^;。

ナンカイカラスヨトウ (チョウ目/ヤガ科)Yaga_18042301撮影:2018.04.22, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

より以前の記事一覧