チョウ(蛾の仲間)

2022年6月19日 (日)

●カノコガ

昨日も、少し離れた舞岡公園まで出向いて、朝から2時過ぎまで徘徊しながら虫撮りに励んでいましたが、さすがに時間が長かったので疲れた。
でも、裏の雑木林とは規模が全然違うので色々な虫がいて楽しいし、私以外にも虫撮りをしている人がいるので、そういう方々と話ができる事も有るのも面白いですね。暫くは、ちょいちょい通ってみようかと考えています。
昨日も沢山撮影(失敗もあるので、たくさん撮っておくことにしている)をしましたが、RAWで撮影しているのでjpgにする現像処理が必要なので、撮り過ぎると後が大変なことになる(^^;。
そうそう、昨日は舞岡公園の自然2ひろしさんに、初めてお会いして話をすることができました。本名聞くのを忘れたし自分も名乗るを忘れたけど、また会うこともあるでしょうから、その時にお聞きすることにしましょう。そう言えば、他にも話をし高田が何名かいたのですが、皆さんの名前も聞くのをスッカリ忘れましたね(^^)。

カノコガ Amata fortunei (チョウ目/?ヒトリガ科)
Kanokoga_22061801 撮影:2022.06.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | コメント (0)

2022年5月28日 (土)

●フタツメオオシロヒメシャク

記事を書くのを忘れていますね。


フタツメオオシロヒメシャク Problepsis albidior matsumurai (チョウ目/シャクガ科 )
Shakuga_22052201 撮影:2022.05.010 横浜市港南区芹が谷周辺

Shakuga_22052202 撮影:2022.05.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shakuga_22052203 撮影:2022.05.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shakuga_22052204 撮影:2022.05.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2022年5月25日 (水)

●サツマキノメイガ

見たことが有るような無いような小さめのキレイなガがいたので、取り敢えず撮っておいて確認してみたら初めて見るサツマキノメイガでした。普通に見ることのできるツトガ科の仲間になりますが、今頃になって初めて見ることになることになるとはね。

サツマキノメイガ Nacoleia satsumalis South (チョウ目/ツトガ科 )
Nomeiga_22051601 撮影:2022.05.010 横浜市港南区芹が谷周辺

Nomeiga_22051602 撮影:2022.05.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

Nomeiga_22051603 撮影:2022.05.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

Nomeiga_22051604 撮影:2022.05.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2022年5月16日 (月)

●オカモトトゲエダシャクの幼虫

糞を3個つなげたままのオカモトトゲエダシャクの幼虫、この後4個目がどうなったかは定かでありません。結構大きかったので、終齢幼虫だったのかも知れません。

オカモトトゲエダシャク(チョウ目/シャクガ科)
Shakuga_22050501 撮影:2022.05.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shakuga_22050502 撮影:2022.05.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2022年5月10日 (火)

●ウスベニトガリメイガ

止まり方が独特なのと翅の模様も良い感じなので、見つけると撮りたくなってしまうウスベニトガリメイガ。ただ、撮りにくい場所にいることが多いので、なかなか良い感じに撮るのが難しいです。暫く、雨模様の日が続く天気予報になっているので、次に虫撮りができるのはいつになるのやら。

ウスベニトガリメイガ Endotricha olivacealis (チョウ目/メイガ科)
Meiga_22050501 撮影:2022.05.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

Meiga_22050502 撮影:2022.05.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

Meiga_22050503 撮影:2022.05.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

Meiga_22050504 撮影:2022.05.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

Meiga_22050505 撮影:2022.05.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2022年5月 3日 (火)

●シャチホコガ

毎年マンションの廊下にやってくるシャチホコガ、見た目に特徴のある姿をしているので見つけると撮影してしまいます。ただ、シャチホコガの場合は、なんと言っても幼虫の姿の方が圧倒的に撮りがいがありますが、残念ながら幼虫の方との出会いは最近無しです。

シャチホコガ Stauropus fagi persimilis Butle (チョウ目/シャチホコガ科)
Shachihokoga_22050101 撮影:2022.04.18, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shachihokoga_22050102 撮影:2022.04.18, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shachihokoga_22050103 撮影:2022.04.18, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shachihokoga_22050104 撮影:2022.04.18, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shachihokoga_22050105 撮影:2022.04.18, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (3)

2022年4月22日 (金)

●久しぶりのリュウキュウキノカワガ

マンションの廊下で見つけた久しぶりのリュウキュウキノカワガ、チョットしゃれた感じの見た目のガですね。前にも見たことはありますが、マンションの廊下以外では見たことがありません。

リュウキュウキノカワガ Risoba prominens (チョウ目/コブガ科)
Kinokawaga_22041801 撮影:2022.04.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kinokawaga_22041802 撮影:2022.04.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kinokawaga_22041803 撮影:2022.04.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kinokawaga_22041804 撮影:2022.04.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2022年4月18日 (月)

●ケブカヒゲナガ

この地で撮影したことのあるヒゲナガガの仲間は、今回のケブカヒゲナガを含めてウスキヒゲナガ、キオビクロヒゲナガ、ホソオビヒゲナガ、ミドリヒゲナガの5種類になりますが、ほぼ毎年見られるのはホソオビヒゲナガだけで、キオビクロヒゲナガは過去に2回(2007年と2008年)、とミドリヒゲナガは過去に1回(2015年)しか見たことがありません。なので、両者ともに既にいなくなってしまっている可能性が大きいです。ケブカヒゲナガも、過去に数回見ただけだと思います。

ケブカヒゲナガ Adela praepilosa Hirowatari (チョウ目/ヒゲナガガ科)
Higenagaga_22041701 撮影:2022.04.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_22041702 撮影:2022.04.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_22041703 撮影:2022.04.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_22041704 撮影:2022.04.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_22041705 撮影:2022.04.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2022年4月12日 (火)

●ウスキヒゲナガ

気温も上がり春らしくなったので、ヒゲナガガも見られるようになりました。今年、最初に見たのはヒゲナガガはウスキヒゲナガになりましたが、色が薄茶色なのに枯れ葉に止まっていたので微妙な感じになりました。翌週にも見付けることができましたが、前回よりもましな場所に止まってくれたので助かりました。

ウスキヒゲナガ Nematopogon distinctus. (チョウ目/ヒゲナガガ科)
Higenagaga_22041001 撮影:2022.04.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_22041002 撮影:2022.04.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_22041003 撮影:2022.04.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_22041004 撮影:2022.04.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_22041005 撮影:2022.04.10, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2022年4月 5日 (火)

●ヨモギエダシャク

こちらもお馴染みのヨモギエダシャクですが、こんな感じで止まっていられると普通なら素通りしてしまいそうです。大型のガは、アップで撮ると眼が何とも言えませんね。

ヨモギエダシャク Ascotis selenaria (チョウ目/シャクガ科)
Shakuga_22040411 撮影:2022.03.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Shakuga_22040412 撮影:2022.03.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

より以前の記事一覧