チョウ(蛾の仲間)

2019年5月 5日 (日)

●ホソオビヒゲナガ

この時期お馴染みのヒゲナガガですが、その中で一番多いのがホソオビヒゲナガになります。今年は、ウスキヒゲナガ、ケブカヒゲナガ、ミドリヒゲナガなどを見掛けることがありましたが、なかなか良い感じで写真を撮らせてはくれませんでした。触覚が非常に長くて面白いガなのですが、触覚を含めて全体の姿を撮影するのは結構手間が掛かります。

ホソオビヒゲナガ (チョウ目/ヒゲナガガ科)
Higenagaga_19042301 撮影:2019.04.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_19042302 撮影:2019.04.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_19042303 撮影:2019.04.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_19042304 撮影:2019.04.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_19042305 撮影:2019.04.21, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_19042306 撮影:2019.04.14, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

●ケブカヒゲナガ

久し振りの出会いだったので、容器に捕獲して場所を移動して撮影しようと思ったら、予定外の場所に着地されてしまいました。仕方ないので、このまま撮影を開始したら途中で容器が倒れてしまい、それに驚いたケブカヒゲナガに逃げられてしまいました。もじゃもじゃの顔を、アップでシッカリ撮りたかったのに残念でした(^^; 。そう言えば、BABAさんのところでも少し前にケブカヒゲナガが登場していましたね。

ケブカヒゲナガ (チョウ目/ヒゲナガガ科)
Higenagaga_19041601 撮影:2019.04.14, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_19041602 撮影:2019.04.14, 横浜市港南区芹が谷周辺

Higenagaga_19041603 撮影:2019.04.14, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2019年4月11日 (木)

●ハルノチビミノガ?

旬を過ぎてしまった感がありますが、カゲロウに似たハルノチビミノガ?になります。少し前に正体不明として記事にしたのが、チビミノガのミノだったようですがコイツの蓑なのか他の種なのかは判定できませんでした。こうやって出てくるのはオスで、メスは普通のミノムシ同様翅のないイモムシ状のままのようです。

ハルノチビミノガ? (チョウ目/ミノガ科)
Minoga_19031901撮影:2019.03.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Minoga_19031902撮影:2019.03.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Minoga_19031903撮影:2019.03.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Minoga_19031904撮影:2019.03.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2019年3月19日 (火)

●ホソガ科の仲間0309

冬場の葉の裏で見付けて嬉しい一つが、ホソガ科の仲間になります。ただ、数が少なくて出会いが少ないことと、この止まり方がチョッと撮りにくいことでしょうか。後は、意外に光が嫌いなようで、写真を撮り始めると触覚を振り回してエンジン始動状態になり、最終的には動き出してしまうことでしょうか(^^;。

ホソガ科の仲間0309 (チョウ目/ホソガ科)Hosoga_19031801撮影:2019.03.09, 横浜市港南区久良岐公園

Hosoga_19031802撮影:2019.03.09, 横浜市港南区久良岐公園

Hosoga_19031803撮影:2019.03.09, 横浜市港南区久良岐公園

| | コメント (0)

2019年2月10日 (日)

●ホソガ科の仲間08

冬の葉の裏の楽しみの一つにホソガがありますが、これがなかなか出会いがありません。今回は、偶然ダウンの袖に止まったので移動し、近くの枯れ葉の上に飛んだのを撮りました。なかなか良い格好をしているのですが、細長いので上手く撮れないのが残念でした(^^;。
昨日は、大学時代の研究室の仲間と飲み会があり、東京まで出掛けてきましたが、天気予報に反して雪の方は思ったほどではなく行き帰りの交通機関も普通に動いたいたので助かりました。大学を卒業して43年、研究室の教授を交えて懐かしい話などをして、4時間ほどが過ぎていきました(^^;。

ホソガ科の仲間08 (チョウ目/ホソガ科)
Hosoga_19020401撮影:2019.02.03, 横横浜市港南区久良岐公園

Hosoga_19020402撮影:2019.02.03, 横横浜市港南区久良岐公園

Hosoga_19020403撮影:2019.02.03, 横横浜市港南区久良岐公園

Hosoga_19020404撮影:2019.02.03, 横横浜市港南区久良岐公園<

| | コメント (2)

2019年1月29日 (火)

●ゴマフリドクガの幼虫

真冬の壁にへばり付いていたゴマフリドクガの幼虫ですが、すぐ脇に脱皮した後の抜け殻があったので、ここで脱皮をしたようです。こんな寒い中でも、シッカリ脱皮して生きていけるのが凄いですね。

ゴマフリドクガ (チョウ目/ドクガ科)
Dokuga_19012601撮影:2019.01.22, 横浜市港南区芹が谷周辺

Dokuga_19012602撮影:2019.01.22, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年12月29日 (土)

●ホソガ科の仲間

葉の裏でお馴染みのソガ科の仲間です。羽の後ろ部分の模様がきれいなのですが、なかなか良い感じに撮れません。今朝は、気温がぐっと下がって外は寒かったのですが、昼近くになり部屋の中は暖房なして22℃と、ポカポカして暖かいです(^^)。
昨日が仕事納めで、今日から年末年始の長期休暇になります。

ホソガ科の仲間 (チョウ目/ホソガ科)
Hosoga_18121101撮影:2018.12.10, 横浜市港南区芹が谷周

Hosoga_18121102撮影:2018.12.10, 横浜市港南区芹が谷周

Hosoga_18121103撮影:2018.12.10, 横浜市港南区芹が谷周

Hosoga_18121104撮影:2018.12.10, 横浜市港南区芹が谷周

Hosoga_18121105撮影:2018.12.10, 横浜市港南区芹が谷周

| | コメント (0)

2018年11月28日 (水)

●ナカオビキリガ

壁のくぼみに隠れるように止まっていたのは、ヤガ科のナカオビキリガでした。ヤガ科の仲間には、似た感じのものが多くいるので、これも最初はヨトウガかと思っていましたが、翅の赤の部分が気になったので調べてナカオビキリガだと分かりました。初めてのナカオビキリガになりました。

ナカオビキリガ (チョウ目/ヤガ科)
Yaga_18112001撮影:2018.11.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yaga_18112002撮影:2018.11.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yaga_18112003撮影:2018.11.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yaga_18112004撮影:2018.11.19, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2018年11月10日 (土)

●ハイイロリンガ

ヤツデの葉の裏をひっくり返したら、出てきたのがはハイイロリンガでしたが、虫が少ないとこう言うガでも嬉しいものです。模様だとか形が、普通のとは異なっている種だと、何となく撮りたくなってきます。初めてかなと思ったら既に撮影済みでしたが、前回撮影したのが2011年でしたので、7年ぶりの出会いになりました。

ハイイロリンガ (チョウ目/コブガ科)
Ringa_18110901撮影:2018.11.03, 横浜市港南区芹が谷周

Ringa_18110902撮影:2018.11.03, 横浜市港南区芹が谷周

Ringa_18110903撮影:2018.11.03, 横浜市港南区芹が谷周

Ringa_18110904撮影:2018.11.03, 横浜市港南区芹が谷周

Ringa_18110905撮影:2018.11.03, 横浜市港南区芹が谷周

| | コメント (0)

2018年11月 6日 (火)

●ミノウスバ

晩秋のガになるのでしょうか、久し振りにミノウスバを見ました。今回のはオスで、お腹の部分がフサフサしていて、とても暖かそうな感じがします。

虫撮りに出掛ける時間は十分にあるのに、肝心の虫の姿が極端に少ない状況が続いています。この先も、冬に向かって状況は良くなさそうなので、しばらくの間は「不定期更新」とすることにしました。時間はあるので、少し場所を変えた方が良いのかも知れませんね(^^)。

ミノウスバ (チョウ目/マダラガ科)
Minousuba_18110401撮影:2018.11.03, 横浜市港南区芹が谷周

Minousuba_18110402撮影:2018.11.03, 横浜市港南区芹が谷周

Minousuba_18110403撮影:2018.11.03, 横浜市港南区芹が谷周<

Minousuba_18110404撮影:2018.11.03, 横浜市港南区芹が谷周<

Minousuba_18110405撮影:2018.11.03, 横浜市港南区芹が谷周

| | コメント (2)

より以前の記事一覧