カメムシ

2017年3月19日 (日)

●カイガラムシの仲間0305

葉の裏に付いていたカイガラムシの仲間を見つけたのは、何の木だったのか毎回分かりませんが、確か赤い小さな実のなる木です。
幾つかの状態になっているのが確認できましたが、全て同じ種なのでしょうが何が違うのか(全部生きていると思いますが)が良く分かりません。
最初の写真から判断すると、最後に掲載した写真の良く見掛けるお馴染みのカタカガラムシ科の仲間なのだと思いますが(^^;。

カイガラムシの仲間0305 (カメムシ目/キジラミ科)
Kaigaramushi1_1703091 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.6  F16  ISO100  (撮影:2017.03.05, 横浜市港南区芹が谷)

Kaigaramushi1_1703092 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.6  F16  ISO100  (撮影:2017.03.05, 横浜市港南区芹が谷)

Kaigaramushi1_1703093 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.6  F16  ISO100  (撮影:2017.03.05, 横浜市港南区芹が谷)

Kaigaramushi1_1703094 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.6  F16  ISO100  (撮影:2017.03.05, 横浜市港南区芹が谷)

Kaigaramushi1_1703095 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.6  F16  ISO100  (撮影:2017.03.05, 横浜市港南区芹が谷)

お馴染みのコイツの見た目の違いなんでしょうが!
Kaigaramushi1_1703096 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.3  F16  ISO100  (撮影:2017.03.05, 横浜市港南区芹が谷)

| | コメント (0)

2017年3月17日 (金)

●ヤツデキジラミの幼虫を再び

少し前に掲載したばかりですが、再びヤツデキジラミの幼虫の登場になります。今回のは、完全な水没状態ではありませんが、逆に背中に丸い甘露を背負った状態になっていました(^^)。
背中の丸い部分が丁度レンズの役目をし、今回の幼虫は模様もハッキリしていたので(白っぽい感じの幼虫でなくて良かったです)、まあ面白い感じの写真が撮れました。それにしても、今回の幼虫は上手い具合に背中に乗せることに成功しましたね!

ヤツデキジラミ (カメムシ目/キジラミ科)
Kijrami1_1703091 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.5  F16  ISO100  (撮影:2017.03.05, 横浜市港南区芹が谷)

Kijrami1_1703092 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.5  F18  ISO100  (撮影:2017.03.05, 横浜市港南区芹が谷)

Kijrami1_1703093 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.5  F16  ISO100  (撮影:2017.03.05, 横浜市港南区芹が谷)

Kijrami1_1703094 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.5  F18  ISO100  (撮影:2017.03.05, 横浜市港南区芹が谷)

Kijrami1_1703095 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.5  F18  ISO100  (撮影:2017.03.05, 横浜市港南区芹が谷)

| | コメント (0)

2017年3月12日 (日)

●タケヒゲマダラアブラムシ

ヤツデの葉の裏にポツンと一匹だけいたアブラムシの仲間は、その外見からタケヒゲマダラアブラムシと言うことになりました。普通だったら、ササの葉の裏で見掛けることになるのですが、冬場は有翅成虫が散らばって過ごしているのでしょうか。

昨日、いつもの場所で撮影をしていたら、二回ほど近くの移動する小動物がいました。写真を撮ることは出来ませんでしたが、記憶していて外見とネットの検索の結果では一匹はハクビシンだったようです。
もう一方は、タヌキだったように思いますが、写真判定が出来ないので微妙ですすね(^^)。

タケヒゲマダラアブラムシ (カメムシ目/アブラムシ科)
Aburamushi1_1702261 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F16  ISO100  (撮影:2017.02.26, 横浜市港南区芹が谷)

Aburamushi1_1702262 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F16  ISO100  (撮影:2017.02.26, 横浜市港南区芹が谷)

Aburamushi1_1702263 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.5  F18  ISO100  (撮影:2017.02.26, 横浜市港南区芹が谷)

Aburamushi1_1702264 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F18  ISO100  (撮影:2017.02.26, 横浜市港南区芹が谷)

| | コメント (0)

2017年3月11日 (土)

●お馴染みのヤツデキジラミの幼虫

この冬は、ヤツデキジラミとの出会いも少ないような気がしますが、取り敢えず水没したヤツデキジラミを見つけたので撮影することに。いまいち、液体の形の盛り上がりに欠けるし幼虫の色も白っぽくて映えませんが、あまり贅沢なことを言っていられる状況でもないので我慢することにしました(^^;。
液体の表面で光が反射するので、なかなか撮影する角度によって撮れ方が変わってしまい、そう言う意味では今回の写りは良くなかったかもしれません。
しかし、毎回思うことですが水没している幼虫は、この状態に対して何とも思わないのでしょうか。息苦しいと言ったこともないのかチョッと気になりますね。

ヤツデキジラミ (カメムシ目/キジラミ科)
Kijirami1_1703051 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F16  ISO100  (撮影:2017.02.25, 横浜市港南区芹が谷)

Kijirami1_1703052 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F16  ISO100  (撮影:2017.02.25, 横浜市港南区芹が谷)

Kijirami1_1703053 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F16  ISO100  (撮影:2017.02.25, 横浜市港南区芹が谷)

Kijirami1_1703054 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F16  ISO100  (撮影:2017.02.25, 横浜市港南区芹が谷)

Kijirami1_1703055 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F16  ISO100  (撮影:2017.02.25, 横浜市港南区芹が谷)

Kijirami1_1703056 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F16  ISO100  (撮影:2017.02.25, 横浜市港南区芹が谷)

| | コメント (0)

2017年3月 9日 (木)

●トベラのキジラミの幼虫

トベラの葉の裏で見つけた、多分トベラのキジラミの幼虫のなれの果てだと想いますが、ただ菌に冒されているだけなのか寄生バチでも潜んでいるのか分からず、ひっくり返さずに今回はお持ち帰りしてみました(^^)。
それから、2週間弱ほど経過しましたが見た目に変化は無く、やっぱり病死して菌に冒されただけだったのかも知れません。次の休みに、ひっくり返し中を確認してみようかと思います。
こう言う、通常とは違う状態のは、ときとして当たりと言うこともあるので、虫の多いときだと気にも止めないことがありますが、この時期だと貴重な被写体になりますね。

トベラのキジラミの幼虫 (カメムシ目/キジラミ科)
Kijirami1_1702261 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.0  F16  ISO100  (撮影:2017.02.25, 横浜市港南区芹が谷)

Kijirami1_1702262 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS0.6  F16  ISO100  (撮影:2017.02.25, 横浜市港南区芹が谷)

Kijirami1_1702263 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS0.5  F16  ISO100  (撮影:2017.02.25, 横浜市港南区芹が谷)

| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

●トガリキジラミの仲間0219

ヤツデの葉の裏を探していると、時々見掛けるチョッと黒っぽい感じのトガリキジラミです。
詳しく確認したことがないので正体は不明のままですが、過去に撮影したキジラミと比較してみたらエノキトガリキジラミに似ているように見えました。
エノキはたくさん生えているので、エノキトガリキジラミがいろいろな場所で見つかっても不思議ではありませんね。
このキジラミ、ジッとしていないで体を揺さぶっていることが多いので、なかなかシャキッとした写真が撮れませんでしたじね(^^;。

トガリキジラミの仲間 (カメムシ目/キジラミ科)
Kijirami1_1702191 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.5  F14  ISO100  (撮影:2017.02.19, 横浜市港南区芹が谷)

Kijirami1_1702192 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.5  F14  ISO100  (撮影:2017.02.19, 横浜市港南区芹が谷)

Kijirami1_1702193 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.5  F14  ISO100  (撮影:2017.02.19, 横浜市港南区芹が谷)

Kijirami1_1702194 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.5  F14  ISO100  (撮影:2017.02.19, 横浜市港南区芹が谷)

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

●セグロヒメキジラミ

葉の裏で主脈に沿って横向きにとまっていることが多いセグロヒメキジラミ、貴キジラミの中では非常に小さな種になるでしょう。
今回撮影したのは、大きさが体長約1.6mmと体長約1.1mmで、大きさ以外に腹の部分の色が異なっていますが、これが雌雄の差なのでしょうか。
久しぶりに撮りましたが、相変わらず小さくて撮りづらいキジラミでした(^^;。

セグロヒメキジラミ (カメムシ目/キジラミ科)
Kijirami1_1702051 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F16  ISO100  (撮影:2017.01.29, 横浜市港南区芹が谷)

Kijirami1_1702052 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F16  ISO100  (撮影:2017.01.29, 横浜市港南区芹が谷)

Kijirami1_1702053 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F16  ISO100  (撮影:2017.02.05, 横浜市港南区芹が谷)

Kijirami1_1702054 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F16  ISO100  (撮影:2017.02.05, 横浜市港南区芹が谷)

| | コメント (0)

2017年1月21日 (土)

●ミカンヒメコナジラミ

前は探すのが大変だったミカンヒメコナジラミですが、最近はベランダのデコポンの葉に住みついています。久しぶりに、デコポンの葉を観察(ハダニやアザミウマがいるので)していて見つけたもので、よく見ると羽化に失敗した個体や干からびてペッタンコのまで見つかりました(^^)。
大木は体長約1.3mmで最初見つけたときのイメージでは、もう少し大きかったように思いましたが、これ位の大きさなのですね。色は黄色くてキレイなので、本当は緑の濃い葉の上にいるのを撮影した方がキレイに撮れます。
このデコポンですが種から育っているので、ミカンヒメコナジラミも風で飛ばされてやって来たのが住み着いてしまったのでしょうね。

ミカンヒメコナジラミ (カメムシ目/コナジラミ科)
Konajirami1_1701041 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.5  F14  ISO200  (撮影:2017.01.04, 横浜市港南区芹が谷)

Konajirami1_1701042 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F14  ISO200  (撮影:2017.01.04, 横浜市港南区芹が谷)

Konajirami1_1701043 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F14  ISO200  (撮影:2017.01.04, 横浜市港南区芹が谷)

| | コメント (0)

2017年1月18日 (水)

●イセリアカイガラムシ

久しぶりに、近所の川の様子を見に行ったときに、近くに生えていた木に白いものが付いているのを見つけ、イセリアカイガラムシが群れているのだと分かりました(^^)。ネットの写真を見ると集団でいることが多いみたいですが、私は単独でチョッとだけいるのしか見たことがありません。
最初の写真の一番上のヤツに小さな赤いのがいますが、これがイセリアカイガラムシの子ムシで、この大きさのときは良く歩き回ることが出来ます。では、大きい方の成虫は歩けないのかというと、そうでもないようで最後の写真をよく見てもらうと、ちゃんと黒い短い足が生えているのが分かります。
白く伸びた卵のうの部分を除けば、オオワラジカイガラムシと似たような形をしているので、歩き回っても何の不思議もありませんが(^^)。

イセリアカイガラムシ (カメムシ目/ワタフキカイガラムシ科)
Kaigaramushi1_1701041 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS0.3  F18  ISO100  (撮影:2017.01.01, 横浜市港南区芹が谷)

Kaigaramushi1_1701042 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS0.8  F18  ISO100  (撮影:2017.01.01, 横浜市港南区芹が谷)

Kaigaramushi1_1701043 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS0.8  F18  ISO100  (撮影:2017.01.01, 横浜市港南区芹が谷)

Kaigaramushi1_1701044 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS0.6  F18  ISO100  (撮影:2017.01.01, 横浜市港南区芹が谷)

Kaigaramushi1_1701045 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS0.6  F18  ISO100  (撮影:2017.01.01, 横浜市港南区芹が谷)

| | コメント (0)

2017年1月 7日 (土)

●ヒゲナガサシガメの幼虫

今の時期で多き的にも色合い的にも目立つ存在と言ったら、ヒゲナガサシガメの幼虫が一番ではないでしょうか。そんな幼虫ですが、まだ孵化したばかりの幼虫を見たことがありません。今回のも比較的小さい幼虫(腹の部分が短い)でしたが、孵化して間もない幼虫では無さそうです。
サシガメの仲間の卵は、例のトマトケチャップの入れ物みたいなヤツだと言うことは教わったので、コイツの卵の大きさも似たようなものだと思います。
それから判断すると、孵化したてはもう少し小さいのではと思いますが、ナナフシの例をみると、孵化して間もない幼虫も卵の大きさからは信じられない大きさなんてこともありそうですね(^^)。

ヒゲナガサシガメ (カメムシ目/サシガメ科)
Sashigame1_1612291 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.3  F16  ISO100  (撮影:2016.12.25, 横浜市港南区芹が谷)

Sashigame1_1612292 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS0.8  F16  ISO100  (撮影:2016.12.25, 横浜市港南区芹が谷)

Sashigame1_1612293 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.3  F16  ISO100  (撮影:2016.12.25, 横浜市港南区芹が谷)

Sashigame1_1612294 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS0.8  F16  ISO100  (撮影:2016.12.25, 横浜市港南区芹が谷)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧