カメムシ

2022年9月28日 (水)

●シリアカハネナガウンカ

狐久保でタケクンさんが、何かを撮影していたので近くまで行ってみたら、指を差して「ハネナガウンカがいる」とのこと。残念ながら、葉の裏に回り込まれてしまいましたが、何とか撮ることができたのが今年初見のシリアカハネナガウンカでした。本当は、茎に止まっているところを撮りたかったんだけど、文句は言ってられませんね。コイツが撮れたので、今年のハネナガウンカの成績は、アヤヘリハネナガウンカ、アカハネナガウンカの3種類になりました。
暑さは収まってきましたが、虫の方も目にする種類と数が減ってきたように思います。さて、この先も初見の虫との出会いは大丈夫でしょうか?

シリアカハネナガウンカ Zoraida horishana (カメムシ目/ハネナガウンカ科)
Unka_22092401 撮影:2022.09.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22092402 撮影:2022.09.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22092403 撮影:2022.09.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22092404 撮影:2022.09.17, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年9月22日 (木)

●オオクモヘリカメムシの幼虫

葉の裏を覗いて最初に見付けたときは「何じゃ、これ」状態だってけど、良く見たら緑色の背中が見えて嬉しくなってしまった。撮りにくい場所だったので地べたに近い場所に移動してもらいましたが、ジッとしたままでは無かったが動き回るほどでも無く、それなりに写真撮影に協力してくれたのは良かった。大きさは、体長(触角を除く)約4.5mmほどでしたが、触覚の方が長いし太さもあるので、何か動きにくそうな感じです。
見付けたときには、何カメムシの幼虫かは分かりませんでしたが、特徴のある触覚の感じからヘリカメムシの仲間として検索した結果、思ったよりも簡単に正体が割れました。検索した結果から、この位の時期の幼虫の方が見た目がキレイで、丁度良いときに出会ったのだと分かりました。実は、何故か成虫もカメラの上に乗ってきたのですが、幼虫を撮るのに夢中になっていて、払いのけてしまいました。成虫の方も、過去に一回しか撮ったことが無かったので、邪険な扱いをしないで撮っておくべきでした(^^;

オオクモヘリカメムシ Anacanthocoris striicornis (カメムシ目/ヘリカメムシ科)
Kamemushi_22091801 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_22091802 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_22091803 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_22091804 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_22091805 撮影:2022.09.12, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年9月20日 (火)

●アヤヘリハネナガウンカを再び

前回は休憩所の柱にいるの撮りましたが、動いていたので上手く撮れませんでした。今回は、ヤツデの葉をめくったらアヤヘリハネナガウンカがいるのが見つかったもので、絶対に撮りたかったので、葉っぱをひっくり返して洗濯ばさみを使用して固定して対応しました。それでも、思ったような向きに固定できなかったので、撮れた写真の角度がバラバラなかんじになってしまいましたね。
今年は、このアヤヘリハネナガウンカしか撮れないのかと思っていたら、この後アカハネナガウンカとシリアカハネナガウンカを撮ることができましたが、どちらもおなじみさんのから情報を得ることで達成することができたものです。
昨日の夜の時点では、台風の影響(特に雨)は午前中で収まるような情報でしたが、この記事が出る10時にはどうなっているでしょうね。

アヤヘリハネナガウンカ Losbanosia hibarensis (カメムシ目/ハネナガウンカ科)
Unka_22091301 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22091302 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22091303 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22091304 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22091305 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22091306 撮影:2022.09.10, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (2)

2022年9月 3日 (土)

●クモヘリカメムシ

イネ科の草の茎に止まっていたのは、お馴染みのクモヘリカメムシ。こういう感じに止まっていてくれると写真にしたときに、カメムシだけが浮き上がって良い感じになります。同じ場所に、カメムシの幼虫の姿も見られましたが、触角の模様の感じからクモヘリカメムシの幼虫のようです。カメムシの仲間は、幼虫が孵化した時点で成虫も生きている種が多いようで、他にも孵化した幼虫を抱え込んでいるカメムシもいたりしますね。
今日は土曜日ですが、台風の影響がどうなっていることやら。まだ、離れた場所にいるので雨が降るようなことは無さそうですが、風の方が気になりますね。

クモヘリカメムシ Leptocorisa chinensis (カメムシ目/ホソヘリカメムシ科)
Kamemushi_22090101 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_22090102 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_22090103 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_22090104 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_22090105 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kamemushi_22090106 撮影:2022.08.27, 横浜市戸塚区舞岡公園

 

| | | コメント (0)

2022年8月25日 (木)

●オオクロトビカスミカメ

名前にオオと付いていますが、体長3mm弱の非常に小さなカスミカメムシの仲間。触覚が非常に長いので、収まりの良くない写真ばかりになってしまった。草原に普通にいるカメムシなので、皆さんも気が付かないだけで遭遇していることと思います。

オオクロトビカスミカメ Ectmetopterus micantulus (カメムシ目/カスミカメムシ科)
Kasumikamemushi_22082301 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kasumikamemushi_22082302 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kasumikamemushi_22082303 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Kasumikamemushi_22082304 撮影:2022.08.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年8月17日 (水)

●アヤヘリハネナガウンカ

何人かの方が撮られていたシリアかハネナガウンカ探したのに見つからず、瓜久保の休憩所を引き上げようとしたら、柱にハネナガウンカがいるではないですか。何で、こんなところにいるのと思いながら、撮影を始めたら動き始めて上手く撮れない。仕方ないので、途中で後ろから「行かないで!」と声を掛けたら、一旦は止まってくれたのが4枚目で。その後、ピョンと跳ねて何処かに飛んで行ってしまったきり、見付けることはできなかった。もっとシッカリしたのを撮っておきたかったのに、しかも初めてのアヤヘリハネナガウンカだったので、とても残念でした。
私が撮ったのは、翅の模様からアヤヘリハネナガウンカとなりましたが、これも調べた範囲だと先日の幼虫の成虫では無いみたいです。と言うことは、まだ見てないハネナガウンカがいると言うことになるのですが・・・。

アヤヘリハネナガウンカ Losbanosia hibarensis (カメムシ目/ハネナガウンカ科)
Unka_22081201 撮影:2022.08.08, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22081202 撮影:2022.08.08, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22081203 撮影:2022.08.08, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22081204 撮影:2022.08.08, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年8月 8日 (月)

●オオトビサシガメの幼虫

柵の上を歩いていたオオトビサシガメの幼虫、このままでは写真が撮れないので軽く息を吹きかけたら、一瞬固まってくれたの撮影実行。
暫くすると、また歩き始めるので再び同じ事を何回かして、撮ったのが今回の写真になります。虫の動きを止めるのに、息を吹きかけたり、軽く振動を与えてみたりと色々ありますが、中には逆効果になって撮影を拒否されてしまうこともあるので要注意ですね。

舞岡公園で虫を撮っている方は結構多いし、ブログで撮った写真を公開している方もいます。その方たちのブログを拝見すると、相変わらず私が撮ってくるのと違った虫が多いですね。

オオトビサシガメ Isyndus obscurus (カメムシ目/サシガメ科)
Sashigame_22080201 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

Sashigame_22080202 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

Sashigame_22080203 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

Sashigame_22080204 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

Sashigame_22080205 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年8月 5日 (金)

●初めてのマルウンカ

ふと見たら、葉の上に何かいるので覗いてみたら、写真でしか見たことのないマルウンカの実物がいて、一瞬舞い上がるところでした(^^;。こう言う貴重品(私にとって)は、丁寧に取り扱わないと飛び跳ねて何処に行ってしまうことがあるので、嬉しさを押さえながら気も抜けない。今回は、何とか良い感じで撮り始めたと思ったのですが、途中から歩き始めてしまい軽く息を吹きかけたりして、一瞬立ち止まってもらったりしましたが、最終的には葉の裏側に回り込んだと同時に落下してしまったようで、残念ながら二度と姿を見ることは有りませんでした。

マルウンカ Gergithus variabilis (カメムシ目/マルウンカ科)
Unka_22073111 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22073112 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22073113 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22073114 撮影:2022.07.24, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年8月 4日 (木)

●アミガサハゴロモ

本当は、成虫よりも幼虫の方が圧倒的に良い形の虫だと思っていますが、舞岡初の成虫も撮れたので載せておきます。最近twitterで知ったのですが、アミガサハゴロモは羽化直後は翅は透明で数時間後に黒くなるのだそうで、その後さらに数時間経過すると緑の粉をふいたように見える(5枚目の写真)ようになるとのことでした。
と言うことで、一般に言われている「羽化してから数時間経過した状態では緑色の粉をふいたようになっていて、その後に粉が落ちて黒くなる」と言うのは間違っていないようですが、今回の写真の黒い個体がどの状態なのかは不明です。
なお、最後の幼虫の写真は、好きな虫の一つで何枚も撮っているので、オマケとして載せることにしました(^^)。

アミガサハゴロモ Pochazia albomaculata (カメムシ目/ハゴロモ科)
Hagoromo_22073101 撮影:2022.07.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hagoromo_22073102 撮影:2022.07.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hagoromo_22073103 撮影:2022.07.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hagoromo_22073104 撮影:2022.07.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hagoromo_22073105 撮影:2022.07.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hagoromo_22073106 撮影:2022.07.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (0)

2022年8月 2日 (火)

●ハネナガウンカ亜科の幼虫はアヤヘリハネナガウンカ(たぶん)

古民家内にある丸太を切っただけの休憩用のイスで、前にヒゲナガゾウムシの仲間を撮ったので、まだ居るかと思って探していたら何か小さいが動いた。最初は、ウロコチャタテかなって思ったけどカメラで確認してみたら、何か見たことのないのが写っていた。
ただ、良く見たら顔の形からウンカ科の仲間と判断してネットでの確認結果は、ハネナガウンカの幼虫でアヤヘリハネナガウンカミナミマエグロハネナガウンカ?の幼虫の可能性が高そうということだけど、成虫の確認ができたら確定ですね。幼虫の姿は既に消えてしまっていたので、羽化して成虫になったと思われます。
しかし、このハネナガウンカの幼虫たちの複数の個体を確認しましたが、みんなお尻に糸くずみたいなのを付けていたのは偶然なのかな?。
この公園で、こんなの(今回のは約4mmほどの大きさ)を撮って楽しんでいるのは、ヤッパリ私くらいかな(^^)。

2022年9月21日追記
tosakaさんから「ミナミマエグロハネナガウンカの幼虫とは違うようです。アヤヘリハネナガウンカの幼虫では。」とのコメントを頂いたのと、その後に近くの場所でアヤヘリハネナガウンカを見付けたことから、タイトルと記事の追加と訂正をしました。
tosakaさん、ありがとうございます。
しかし、この幼虫は小さいし色は黒いし樹木の表面にいるようなので、よほど注意していないと見付けるのは難しいと思います。本当は、この大きさだったら、お持ち帰りして羽化させてみれば良かったのでしょうが、来年また見付けたら確認してみるかも知れません。

アヤヘリハネナガウンカハネナガウンカ亜科の仲間 Losbanosia hibarensis (カメムシ目/ウンカ科)
Unka_22073101 撮影:2022.07.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22073102 撮影:2022.07.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22073103 撮影:2022.07.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22073104 撮影:2022.07.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

Unka_22073105 撮影:2022.07.18, 横浜市戸塚区舞岡公園

| | | コメント (2)

より以前の記事一覧