カメムシ

2021年1月25日 (月)

●ヒメヨコバイの仲間

このカットを撮影してから、お亡くなりになった固体化と思い触ってみたら逃げられてしまったので、このカットしか撮影できませんでした。こんな渋い感じの外観だと、生きているのか死んでいるのかが非常に分かり難いです。

ヒメヨコバイの仲間 (カメムシ目/キジラミ科)
Yokobai_21011901 撮影:2021.01.02,  横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

●これもベニキジラミ?

コイツはミツバアケビの葉の裏で見つけたものですが、前に載せた「ベニキジラミの秋型?」と同じ個体なのだろうか?。色が薄いままですが全体の雰囲気は似ているので、紅色ではありませんがベニキジラミなのかと思っています。

ベニキジラミ? (カメムシ目/キジラミ科)
Kijirami_21011901 撮影:2021.01.02,  横浜市港南区芹が谷周辺

Kijirami_21011902 撮影:2021.01.02,  横浜市港南区芹が谷周辺

Kijirami_21011903 撮影:2021.01.02,  横浜市港南区芹が谷周辺

Kijirami_21011904 撮影:2021.01.02,  横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

●オビヒメヨコバイの仲間2

オビヒメヨコバイの中では、この模様のヤツが一番華やかで綺麗かも知れませんね。

オビヒメヨコバイの仲間2 (カメムシ目/ヨコバイ科)
Yokobai_21010301 撮影:2020.12.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yokobai_21010302 撮影:2020.12.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yokobai_21010303 撮影:2020.12.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

●あけましておめでとうございます!

2021年も今日からスタートですが、性懲りも無くブログは続いていきます(^^;。
冬場は虫が少ないので年初に適した虫が撮れてませんので、適当に選んできたのを載せることにしました。
年初からこの状況だと、先が思いやられます!

セモンジンガサハムシクロスジホソサジヨコバイ (カメムシ目/ヨコバイ科)
Mushi_20123101 撮影:2020.12.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

ヒガナガサシガメの幼虫と抜け殻 (カメムシ目/ヨコバイ科)
Mushi_20123102 撮影:2020.12.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年12月24日 (木)

●ヨモギのコナジラミ科の仲間

最初に撮影したのはだいぶ前になりますが、その後は探しても見つからないままとなっていました。今年も、ヨモギを見つけては葉の裏をの探していたのですが、意外なところに思ったよりも生息していることを発見した次第です。

ヨモギのコナジラミ科の仲間 (カメムシ目/コナジラミ科)
Konajirami_20122201 撮影:2020.12.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

Konajirami_20122202 撮影:2020.12.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

Konajirami_20122203 撮影:2020.12.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

Konajirami_20122204 撮影:2020.12.06, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年12月19日 (土)

●キジラミ科の仲間(深度合成)

少し前に記事にした、マテバシイのキジラミの仲間も捕獲して深度合成してみました。相変わらず、被写体を希望の位置で保持するのに苦労しています。お亡くなりになるときの脚の状態で、プレパラートガラスの上に置いたときの形が決まるので、非常に置きにくい状態になってしまうこともあります。

キジラミ科の仲間 (カメムシ目/キジラミ科)
Kijirami_20121501 採取:横浜市港南区芹が谷周辺

Kijirami_20121511 採取:横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年12月18日 (金)

●クスグンバイ(深度合成)

今日もグンバイムシの深度合成写真になりますが、今日はクスグンバイになります。過去に撮影して、まだ登場していないのは、キクグンバイ、ヒメグンバイとヤブガラシグンバイになりますが、ヒメグンバイを除くと簡単には捕獲できそうに無いです。

クスグンバイ Stephanitis fasciicarina (カメムシ目/グンバイムシ科)
Gubaimushi_20121511 採取:横浜市港南区芹が谷周辺

Gubaimushi_20121512 採取:横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年12月17日 (木)

●プラタナスグンバイ(深度合成)

先日の深度合成写真の続きのグンバイムシ、今日はプラタナスグンバイになります。冷蔵庫で頑張っていたプラタナスグンバイも、ついに被写体になってしまいました。

プラタナスグンバイ Corythucha ciliata (カメムシ目/グンバイムシ科)
Gubaimushi_20121501 採取:横浜市港南区芹が谷周辺

Gubaimushi_20121502 採取:横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年12月16日 (水)

●マテバシイのキジラミの仲間

マテバシイの葉の裏に、数多くのキジラミの仲間がいました。この形のキジラミはトガリキジラミになるのでしょうが、特徴が少ないので他の場所で見掛ける種と同じなのか別物なのかが良く分からないです。

キジラミの仲間 (カメムシ目/キジラミ科)
Kijirami_20120101
撮影:2020.11.29, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kijirami_20120102
撮影:2020.11.29, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kijirami_20120103
撮影:2020.11.29, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kijirami_20120104
撮影:2020.11.29, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年12月 9日 (水)

●クロトゲマダラアブラムシ

皆、同じアブラムシの仲間なのでしょうか。同じだとすると、色の違いは何なのでしょう。

クロトゲマダラアブラムシ Tuberculatus stigmatus (カメムシ目/アブラムシ科)
Aburamushi_20120111 撮影:2020.11.22, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

より以前の記事一覧