カメムシ

2020年10月23日 (金)

●トビイロツノゼミの幼虫

見たことのないのが葉の上に、最初はなんだか良く分からなかったのですが、前からの顔写真を撮って気が付きました。この顔、どこかで見たことがあると考えてから、トビイロツノゼミの幼虫だと。初めて見た面白い姿をしている幼虫でしたが、何か非常に撮りにくい形でした。

トビイロツノゼミ Machaerotypus sibiricus (カメムシ目/ツノゼミ科)
Tsunozemi_20101801 撮影:2020.10.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsunozemi_20101802 撮影:2020.10.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsunozemi_20101803 撮影:2020.10.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tsunozemi_20101804 撮影:2020.10.05, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

●ヒメセダカカスミカメ

カナムグラの花に群がっていたのはヒメセダカカスミカメムシでしたが、もともとの翅の白い部分と花粉がごちゃごちゃになっていて、何となくゴミにまみれた感じの写りになってしまいました。それなりの数がいたのですが、撮影しようとしたら逃げていった個体も多くて、何か中途半端な写りだけになってしまいました。

ヒメセダカカスミカメ Charagochilus angusticollis (カメムシ目/カスミカメムシ科)
Kamemushi_20101701 撮影:2020.10.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20101702 撮影:2020.10.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20101703 撮影:2020.10.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20101704 撮影:2020.10.03, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

●リンゴマダラヨコバイ

少し前の写真になりますが、ヨコバイというのは冬のイメージが強いので、この時期に見掛けると「今頃いるんだ」と思ってしまいます。

リンゴマダラヨコバイ Orientus ishidae (カメムシ目/ヨコバイ科)
Yokobai_20091301 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yokobai_20091302 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yokobai_20091303 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年10月 3日 (土)

●シロセスジヨコバイ

足下からとんだ小さな虫がいたので確認して見たら、久しぶりに見たシロセスジヨコバイでした。チョット暗かったので、背中の白だけ目立ってしまい、他の部分がぼんやりとした感じになってしまいました。

シロセスジヨコバイ Scaphoideus albovittatus (カメムシ目/ヨコバイ科)
Yokobai_20092901 撮影:2020.09.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Yokobai_20092902 撮影:2020.09.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

●ナシグンバイの卵

ナシグンバイのホソハネコバチは見つけられませんでしたが、卵の方はやっと分かりました。こんな上たになっているので、今まで気が付かなかった訳ですね。

ナシグンバイ Stephanitis nashi (カメムシ目/グンバイムシ科)
Gunbaimushi_20092901 撮影:2020.09.15, 横浜市港南区芹が谷周辺

Gunbaimushi_20092902 撮影:2020.09.15, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年9月24日 (木)

●ホソハリカメムシの幼虫(2)

昨日に続きホソハリカメムシの幼虫ですが、昨日よりも大きくなった状態になります。触覚が異常に大きいのは変わりありませんが、色が親に似た茶色になっていて写真に撮るには昨日の方が良かったですね。
台風が接近していますが、週末の休みまでには抜けてしまうとのことで、土日の虫撮りには影響はなさそうで一安心です。

ホソハリカメムシ Cletus punctiger (カメムシ目/ヘリカメムシ科)
Kamemushi_20092211 撮影:2020.09.13, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20092212 撮影:2020.09.13, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20092213 撮影:2020.09.13, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20092214 撮影:2020.09.13, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

●ホソハリカメムシの幼虫(1)

お馴染みのホソハリカメムシの若齢幼虫になりますが、若齢幼虫時代の方が写真にとるには向いていると思います。成虫は、比較的単調な感じの色合いですが、幼虫時代の方が形も特徴があるし色合いも良い感じです。しかし、触覚が立派ですね!
ここに来て、一気に秋らしくなってきて気温が下がってきて虫の音も聞こえるようになってきましたが、目にする虫の数は思ったほど多くは無いままです。

ホソハリカメムシ Cletus punctiger (カメムシ目/ヘリカメムシ科)
Kamemushi_20092201 撮影:2020.09.13, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20092202 撮影:2020.09.13, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20092203 撮影:2020.09.13, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20092204 撮影:2020.09.13, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

●アワダチソウグンバイの卵

おちゃたてむしさんのところの「産卵するナシグンバイとホソハネコバチ」の記事を見て、これだったら私でも見つけることができるかも知れないと思い、サクラの木を探してみましたがナシグンバイが見つかりませんでした。仕方ないので、お仲間のアワダチソウグンバイのいるセイタカアワダチソウを探してみましたが、見つけることができたのはアワダチソウグンバイの卵まででホソハネコバチの姿を見つけることはできませんでした。それでも、卵を見つけることができたのは進歩で、今までは気にもしていなかったことを確認することができました。
最後の写真ですが、アワダチソウグンバイの卵に紛れ込んで他の虫の卵がありましたが、さて誰なのでしょうね。

アワダチソウグンバイCorythucha marmorata (カメムシ目/グンバイムシ科)
Gunbaimushi_20082411 撮影:2020.08.18, 横浜市港南区芹が谷周辺

Gunbaimushi_20082412 撮影:2020.08.18, 横浜市港南区芹が谷周辺

Gunbaimushi_20082413 撮影:2020.08.18, 横浜市港南区芹が谷周辺

Gunbaimushi_20082414 撮影:2020.08.18, 横浜市港南区芹が谷周辺

Gunbaimushi_20082415 撮影:2020.08.18, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

●エゴノネコアシアブラムシ

アブラムシがいたのは最初ササの葉の裏かと思いましたが、改めて確認したらアシボソと言うことでエゴノネコアシアブラムシと言うことになりました。初夏になると、「エゴノキの虫コブから移動してアシボソで、胎生単為生殖で無翅型の世代が繰り返される」のだそうです。

エゴノネコアシアブラムシ Ceratovacuna nekoashi (カメムシ目/アブラムシ科)
Aburamushi_20082401 撮影:2020.08.15, 横浜市港南区芹が谷周辺

Aburamushi_20082402 撮影:2020.08.15, 横浜市港南区芹が谷周辺

Aburamushi_20082403 撮影:2020.08.15, 横浜市港南区芹が谷周辺

Aburamushi_20082404 撮影:2020.08.15, 横浜市港南区芹が谷周辺

Aburamushi_20082405 撮影:2020.08.15, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

2020年8月31日 (月)

●キバラヘリカメムシの幼虫

このキバラヘリカメムシも、成虫に比べると幼虫の方が被写体としては圧倒的に良い感じがします。
8月も今日でおしまいですが、暑さが続いてむし枯れになってきていて、虫撮りに出掛けても汗をかく割には成果が少ないといった状態が続いています。猛暑だと、虫たちも出歩くの控えているみたいです(^^)。

キバラヘリカメムシ Plinachtus bicoloripes (カメムシ目/イトカメムシ科)
Kamemushi_20082411 撮影:2020.08.15, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20082412 撮影:2020.08.15, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20082413 撮影:2020.08.15, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kamemushi_20082414 撮影:2020.08.15, 横浜市港南区芹が谷周辺

| | コメント (0)

より以前の記事一覧