« ●舞岡公園でもササキリの幼虫が | トップページ | ●産卵中のシリアゲコバチ »

2024年6月14日 (金)

●イチモンジカメノコハムシのサナギ

イチモンジカメノコハムシの幼虫が、サナギになり始めていますね。
サナギは、幼虫と違って禿をイメージさせる外観になっていますが、成虫とも結構違いますね。
幼虫のときは、敵から隠れる意味もあってか、ほとんど葉の裏にいるようですがサナギは葉の表に。
どうも、サナギから羽化するときに落っこちないための対策なんでしょうか?

昨日は、曇り空で風もほとんど無く、私的には絶好の虫撮り日和となりました。
大物はいませんでしたが、久しぶりに沢山の種類の虫を撮ることが出来ました。
土日は用事があって虫撮りはなしなので、さて今日はどうしましょうかね。

イチモンジカメノコハムシ Thlaspida cribrosa (コウチュウ目/ハムシ科)
Is2024061008 撮影:2024.06.09, 横浜市保土ケ谷区たちばなの丘公園

Is2024061009 撮影:2024.06.09, 横浜市保土ケ谷区たちばなの丘公園

Is2024061010 撮影:2024.06.09, 横浜市保土ケ谷区たちばなの丘公園

Is2024061011 撮影:2024.06.09, 横浜市保土ケ谷区たちばなの丘公園

Is2024061012 撮影:2024.06.09, 横浜市保土ケ谷区たちばなの丘公園

| |

« ●舞岡公園でもササキリの幼虫が | トップページ | ●産卵中のシリアゲコバチ »

甲虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●舞岡公園でもササキリの幼虫が | トップページ | ●産卵中のシリアゲコバチ »