« ●ワカバグモの交接なの? | トップページ | ●お馴染みのミノウスバ »

2022年11月15日 (火)

●ホソガ科の仲間1106

これもアオキの葉の裏の産物ですが、良いのが見つかって初めて見るホソガ科の仲間だと思っていたのに、帰って確認してみたら近所で既に撮影済みでした(^^;。
でも、虫の数が減ってきている中、小さくてもキレイで形の整った蛾は貴重な被写体になります。そんなホソガ科の仲間ですが、思ったほど数が多くはないようで、同じ種にあることは滅多にありません。
眼が真っ赤なので、チョット見は怖い感じがしますが、ジックリ見るとアクセントになっていて良い感じですね。

昨日は、風の強い中舞岡公園へ虫撮りに出向いてみました。途中でお会いしたひろしさんに聞いたら、「(虫が)全然いない」と言っていましたが、確かに目に付く虫の数は非常に少なかったです。仕方ないので葉の裏を探しまくった結果、私の方は、それなりの成果を得ることが出来ました(^^)が、他の皆さんにはお勧めできる方法ではなさそうです(小さい虫か多いです)。

ホソガ科の仲間1106 Chrysocercops castanopsidis. (チョウ目/ホゾガ科)
Hosoga_22100801 撮影:2022.11.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hosoga_22100802 撮影:2022.11.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hosoga_22100803 撮影:2022.11.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

Hosoga_22100804 撮影:2022.11.06, 横浜市戸塚区舞岡公園

| |

« ●ワカバグモの交接なの? | トップページ | ●お馴染みのミノウスバ »

チョウ(蛾の仲間)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●ワカバグモの交接なの? | トップページ | ●お馴染みのミノウスバ »