« ●ヒメコバチの仲間のサナギの群れ | トップページ | ●ミツボシハマダラミバエの♀と♂ »

2022年6月18日 (土)

●カメノコテントウのサナギ

シロダモの葉の裏で見つけたのは、カメノコテントウの幼虫でしたが既にサナギになる前段階だったようです。2日後に確認したときには、サナギになっていました。これで、この地でもカメノコテントウが生息を始めたことが確認できました。しかし、成虫が大きなテントウムシと言うことだけあって、幼虫もサナギも大きいですね。

カメノコテントウ Aiolocaria hexaspilota (コウチュウ目/テントウムシ科)
Tentoumushi_22060601 撮影:2022.05.029, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tentoumushi_22060602 撮影:2022.05.29, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tentoumushi_22060603 撮影:2022.05.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Tentoumushi_22060604 撮影:2022.05.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

|

« ●ヒメコバチの仲間のサナギの群れ | トップページ | ●ミツボシハマダラミバエの♀と♂ »

甲虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●ヒメコバチの仲間のサナギの群れ | トップページ | ●ミツボシハマダラミバエの♀と♂ »