« ●1匹だけ出てきたコマユバチの仲間 | トップページ | ●コミスジの交尾 »

2020年9月18日 (金)

●ニホンカナヘビ

抜け殻が残っていた、まだ小さめのニホンカナヘビがじっとしていました。脱皮直後をと言うことが影響したのか、結構近くまで寄りましたが逃げることはありませんでした。名前に「ヘビ」と付くだけあって、しっぽが非常に長く、全体的な作りはトカゲよりもカナヘビの方が気に入ってます。

ニホンカナヘビ Takydromus tachydromoides (有隣目/カナヘビ科)
Kanahebi_20090801 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanahebi_20090802 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanahebi_20090803 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanahebi_20090804 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanahebi_20090805 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kanahebi_20090806 撮影:2020.08.31, 横浜市港南区芹が谷周辺

|

« ●1匹だけ出てきたコマユバチの仲間 | トップページ | ●コミスジの交尾 »

爬虫類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●1匹だけ出てきたコマユバチの仲間 | トップページ | ●コミスジの交尾 »