« ●ダイミョウセセリ_幼虫のコマユバチの仲間 | トップページ | ●ビジョオニグモ »

2020年9月14日 (月)

●クズノチビタマムシのサナギから羽化したヒメコバチ科の仲間

2014年8月に掲載した「クズノチビタマムシのサナギから出てきたコバチ」を思い出して、クズノチビタマムシのサナギを確認して見ましたがハズレばかり。仕方ないのでクズノチビタマムシの羽化でも観察しようかと思い、サナギのある葛の葉を持ち帰ってきました。持ち帰った葉を全て確認しないで容器に入れておいたら、予想に反して青い色のコバチが羽化していました。未確認の葛の葉のサナギに、コバチに寄生されたサナギが含まれていたようです。羽化した個体は見た目に二種類いて、青い方がメスで黄色く見える方がオスのようです。しかし、このコバチはフィールドで見たことはありませんが、小さすぎて気が付かないだけかも知れませんね。

ヒメコバチ科の仲間 Closterocerus sp. (ハチ目/ヒメコバチ科)
Kobachi_20090801 撮影:2020.09.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_20090802 撮影:2020.09.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_20090803 撮影:2020.09.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_20090804 撮影:2020.09.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_20090805 撮影:2020.09.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kobachi_20090806 撮影:2020.09.01, 横浜市港南区芹が谷周辺

 

|

« ●ダイミョウセセリ_幼虫のコマユバチの仲間 | トップページ | ●ビジョオニグモ »

ハチ(コバチの仲間)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●ダイミョウセセリ_幼虫のコマユバチの仲間 | トップページ | ●ビジョオニグモ »