« ●オオトビサシガメの幼卵塊でした! | トップページ | ●コマユバチ科の仲間0712 »

2020年7月31日 (金)

●ヒメクダマキモドキ_幼虫

キリギリス科の仲間の幼虫は、良いのがたくさんいますね。ただ、後ろ脚が長いので被写体としては撮りにくい形になります。最近は、クダマキモドキの幼虫よりもヒメクダマキモドキの幼虫の方が目にする機会が多く、生育環境に何か変化があったのでしょうか。

ヒメクダマキモドキ_幼虫 Phaulula macilenta (バッタ目/キリギリス科)
Kudamakimodoki_20072101 撮影:2020.07.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20072102 撮影:2020.07.12, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20072103 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20072104 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20072105 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

Kudamakimodoki_20072106 撮影:2020.07.20, 横浜市港南区芹が谷周辺

|

« ●オオトビサシガメの幼卵塊でした! | トップページ | ●コマユバチ科の仲間0712 »

バッタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●オオトビサシガメの幼卵塊でした! | トップページ | ●コマユバチ科の仲間0712 »