« ●タマゴクロバチ亜科の仲間 | トップページ | ●年末恒例の今年のお気に入りの虫/クモから »

2019年12月30日 (月)

●ツヤコマユバチ亜科の仲間

葉の裏で翅を広げて休んでいるツヤコマユバチ亜科の仲間、この体制の方が風の抵抗が減って冬の寒い風に飛ばされないメリットでもあるのでしょうか。
今年も残すところ1日、しかし今年は一段と生き物たちの数が減ってしまったように感じた一年でした。この地で10年以上撮影をしていますが、ここ数年は本当に生き物たちの数が減ってきているのを実感しています。それだけ、目に見えないところでも環境が変化していると言うことなのでしょうか。

ツヤコマユバチ亜科の仲間 (ハチ目/コマユバチ科)
Kobachi_19123001 撮影:2019.12.22,  横浜市港南区芹が谷周辺

|

« ●タマゴクロバチ亜科の仲間 | トップページ | ●年末恒例の今年のお気に入りの虫/クモから »

ハチ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●タマゴクロバチ亜科の仲間 | トップページ | ●年末恒例の今年のお気に入りの虫/クモから »