« ●トビコバチ科の仲間1124 | トップページ | ●ヒメコバチ科の仲間13 »

2018年12月 6日 (木)

●クスグンバイ

クスノキの葉の裏にいたのは、クスグンバイの幼虫でした。特定の部位の葉に集中的に群がっていて、探してみたら既に成虫になっている個体もいました。
火曜日は各地で気温が上がり、夏日になった地域も結構あったようですね。冬場の気温が高いというのは、虫たちにとっては越冬が楽になるのかも知れませんが、植物の発生状況が狂ったりすると、とんでもない影響を受けることになるのでしょうね(^^;。

クスグンバイ (カメムシ目/グンバイムシ科)Kusugunbai_18112701撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周

Kusugunbai_18112702撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周

Kusugunbai_18112703撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周

Kusugunbai_18112704撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周

Kusugunbai_18112705撮影:2018.11.24, 横浜市港南区芹が谷周

|

« ●トビコバチ科の仲間1124 | トップページ | ●ヒメコバチ科の仲間13 »

カメムシ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●トビコバチ科の仲間1124 | トップページ | ●ヒメコバチ科の仲間13 »