« ●ハエの仲間0414 | トップページ | ●ササグモ »

2017年4月26日 (水)

●トゲナシミズアブの仲間1

最近は、裏の草原での撮影が多くなりましたが、これは草の丈が丁度良い感じで虫を見つけやすいのと、早朝だと風が弱いことが多いのが理由になります。欠点は、朝露で草がビッショリなので、足下もビショ濡れになることとカメラの設置位置に制限が出る場合があることか。
カメラの三脚を草むらに設置しても、レンズと虫との間に草が入り込みことも多いし、それを除去するためのハサミで草刈りをして虫に逃げられることがあったりと大変です。虫との間の障害物が除去できても、風で草の葉が揺れている間は撮影できないし、色々なものと戦いながらの撮影になります。

トゲナシミズアブの仲間1 (ハエ目/ミズアブ科)
Mizuabu1_1704161 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.0  F14  ISO100  (撮影:2017.04.16, 横浜市港南区芹が谷)

Mizuabu1_1704162 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.0  F14  ISO100  (撮影:2017.04.16, 横浜市港南区芹が谷)

Mizuabu1_1704163 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.0  F14  ISO100  (撮影:2017.04.16, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●ハエの仲間0414 | トップページ | ●ササグモ »

ハエ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●ハエの仲間0414 | トップページ | ●ササグモ »