« ●タケヒゲマダラアブラムシ | トップページ | ●ヤドリノミゾウムシとアカアシノミゾウムシ »

2017年3月13日 (月)

●コナカゲロウ科の仲間0227

ヤツデの葉の裏で見つけたコナカゲロウの繭を持ち帰って、出てくる個体を確認してみました。コナカゲロウ科の仲間の繭が、少なくとも2種類あることは分かっていますが、その中の一つは確認が取れました(^^)。
羽化は会社に行っている間にあったようで、帰って容器を確認したら繭の近くで羽化した個体がジッとしていました。今回は、室内で蛍光灯の下で撮影したので、いつもとは違った雰囲気の写真が撮れましたね。
羽化して間もないと言うことで、翅にはワックスがほとんど付着していませんが、それでも体の一部には既にワックスが付着しているので、幼虫のときに付着していたワックス成分が羽化のときに付いたのでしょう。

コナカゲロウ科の仲間 (アミメカゲロウ目/コナカゲロウ科)
Konakagerou1_1703091 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.0  F16  ISO100  (撮影:2017.02.19, 横浜市港南区芹が谷)

Konakagerou1_1703092 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS3.2  F16  ISO100  (撮影:2017.02.27, 横浜市港南区芹が谷)

Konakagerou1_1703093 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS3.2  F16  ISO100  (撮影:2017.02.27, 横浜市港南区芹が谷)

Konakagerou1_1703094 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS3.2  F16  ISO100  (撮影:2017.02.27, 横浜市港南区芹が谷)

Konakagerou1_1703095 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS3.2  F16  ISO100  (撮影:2017.02.27, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●タケヒゲマダラアブラムシ | トップページ | ●ヤドリノミゾウムシとアカアシノミゾウムシ »

アミメカゲロウ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●タケヒゲマダラアブラムシ | トップページ | ●ヤドリノミゾウムシとアカアシノミゾウムシ »