« ●カラスアゲハの幼虫(2) | トップページ | ●オオハキリバチ »

2016年10月11日 (火)

●クロコノマチョウ

今年は出会いの多かったクロコノマチョウの幼虫ですが、最後に出会った場所の幼虫がだいぶ大きくなってきていたので、そろそろサナギになる頃かと思って探してみたら、非常に残念な結果になっていました。折角大きくなったのに、最後に来て病気になってしまったのかと思ったら、病死ではなくクモに捕まってしまったようです。
大きさ的には、幼虫の方が圧倒的に大きいのですが、サナギになるために身動きできないところをクモに見つかり毒液を注入されてしまったようです。身動きしなければ、クモに捕まることもないと思われるので、チョッとした偶然が重なった結果なのでしょう。
今年は、幼虫だけでなく成虫も例年になく姿をたくさん見掛けました。少し、生息数が増えたみたいですが来年はどうなるでしょうね。ちなみに、クロコノマチョウのサナギは、過去に一回見ただけです(^^;。

クロコノマチョウ (チョウ目/タテハチョウ科)
Tatehachou1_1610021 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS2.0  F14  ISO100  (撮影:2016.10.02, 横浜市港南区芹が谷)

Tatehachou1_1610022 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS3.2  F14  ISO200  (撮影:2016.10.02, 横浜市港南区芹が谷)

Tatehachou1_1610023 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.0  F14  ISO100  (撮影:2016.10.02, 横浜市港南区芹が谷)

Tatehachou1_1610024 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.0  F16  ISO100  (撮影:2016.10.02, 横浜市港南区芹が谷)

Tatehachou1_1610025 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.0  F16  ISO100  (撮影:2016.10.02, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●カラスアゲハの幼虫(2) | トップページ | ●オオハキリバチ »

チョウ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

あと一歩という所でクモに見つかってしまったんですね。
クモも生きるために必死なんですもんね。改めて自然界の厳しさを痛感します。そんな中で無事成虫になれた蝶たちって本当に奇跡ですよね。
先月、我が家の庭でも、カマキリがキアゲハの幼虫を捕食している姿を目撃(>_<)取り敢えずカマキリにはお引越ししてもらいましたが、また別の日に別のカマキリが、我が家に吸蜜にやって来たツマグロヒョウモンを捕食・・・また引っ越してもらいました。肉食は苦手です。

投稿: ミル | 2016年10月12日 (水) 00時11分

ミルさん、こんばんは、

自然の世界は厳しいですね。チョッと可愛そうな気もしますが、これも運命というヤツなんでしょう! しかし、クモの毒(消化液)は凄い威力でっすね。
カマキリは好きな虫の一つなので、捕食している姿を見ると凄いな~と思うと同時に、力強さを感じます(^^;。まあ、皆さん自分がお気に入りのムシが被害に遭っているのを見ると、結構ガッカリしたりするのでしょうが、逆もありなんでしょう(^^)。

投稿: そら | 2016年10月12日 (水) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●カラスアゲハの幼虫(2) | トップページ | ●オオハキリバチ »