« ●ミミズクの幼虫 | トップページ | ●ナシアシブトハバチの若齢幼虫 »

2016年5月28日 (土)

●その後のカイガラムシの仲間0507

前に撮影した正体不明のままの、竹の皮の下にいる多分カイガラムシの仲間の幼虫ですが、その後の姿は写真のように綿を身にまといカイガラムシらしくなってきました。
この状況からすると、コイツらが最終的に最初に見つけた正体不明のコイツらになりそうですが、来月になったらまた竹の皮をめくって状況を確認してみることにします。

カイガラムシの仲間0507 (カメムシ目/???科)
Kaigaramushi1_1605221 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX + ストロボ
SS1/100  F14  ISO100  (撮影:2016.05.07, 横浜市港南区芹が谷)

Kaigaramushi1_1605222 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX + ストロボ
SS1/60  F14  ISO100  (撮影:2016.05.07, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●ミミズクの幼虫 | トップページ | ●ナシアシブトハバチの若齢幼虫 »

カメムシ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●ミミズクの幼虫 | トップページ | ●ナシアシブトハバチの若齢幼虫 »