« ●クダアザミウマ科の仲間0228 | トップページ | ●ヒメコバチ科の仲間29 »

2016年3月 9日 (水)

●ツヤコバチ科の仲間1

この場所では比較的多くの個体(ヤツデやツツジの葉の裏で見掛けます)を見つけることができるツヤコバチ科の仲間ですが、いざ撮るとなると結構大変な存在になります。と言うのも、見つけても直ぐに移動を始めてしまい、なかなかジッとしていてくれません(^^;。
今回、珍しく動きが鈍いのがいたのと久しぶりと言うことで撮影しましたが、大きさは翅の先端まで約1.3mmと小さいので写りが良くないです。
少し前に、そよ風のなかで Part2のとこでツヤコバチ科 Aphelinus japonicusとして、よりきれいに写っているのが登場していますが、写りの差を感じてしまいますね。
どうも、コイツの表面の出来具合が写真がキレイに撮れる条件なっていないようで、キレイニ撮るにはそれなりの対応が必要みたいですね。私のように、成り行きで撮っていると完全に相手任せなので、ヤッパリ限界なんでしょうね(^^)。

ツヤコバチ科の仲間1 (ハチ目/ツヤコバチ科)
Kobachi1_1602281 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.0  F14  ISO100  (撮影:2016.02.27, 横浜市港南区芹が谷)

Kobachi1_1602282 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.0  F14  ISO100  (撮影:2016.02.27, 横浜市港南区芹が谷)

Kobachi1_1602283 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + TELEPLUS HD 2X DGX + 1.4X DGX
SS1.0  F14  ISO100  (撮影:2016.02.27, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●クダアザミウマ科の仲間0228 | トップページ | ●ヒメコバチ科の仲間29 »

ハチ(コバチの仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●クダアザミウマ科の仲間0228 | トップページ | ●ヒメコバチ科の仲間29 »