« ●ミバエの仲間ではなくヒロクチバエ科の仲間0726 | トップページ | ●ムラサキツバメの幼虫 »

2015年8月 9日 (日)

●ヒメシロモンドクガ

マンションの廊下の壁に止まっていたもので、暑さで虫の種類が少ないときなので撮っておくことにして、ブログの記事に利用させてもらいました(^^;。立派な触角を持っていて、ヒメシロモンドクガのオスだと言うことが分かります。
ドクガの仲間の中には、オスとメスで色の感じが異なる種がいますが、コイツもメスのほうは白っぽい色合いなので、チョッと見だと別種のように見えます。
ドクガのオスには、クシ状の立派な触角を持っているのがいて、これを正面から撮ると可愛い感じに見えるのが気に入ってます(^^)。
ドクガ科と言っても、成虫が毒針毛を持っていることは少ないようですが、中には幼虫時代の毒を持った毒針毛を持ち越している種(ドクガやチャドクガは確定ですね)がいるようで、必ずしも成虫だから毒針毛がないと言うことでは無いようです。
安全を確保する上では、卵、幼虫、成虫の全てに接触しないように気を付けることですか。見つけたら、「君子危うきに近寄らず」と言うことで、近寄らないことが一番ですね。

ヒメシロモンドクガ (チョウ目/ドクガ科)
Dokuga_1508011 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS HD 2X DGX
SS1.6  F14  ISO100  (撮影:2015.07.26, 横浜市港南区芹が谷)

Dokuga_1508012 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS HD 2X DGX
SS1.3  F14  ISO100  (撮影:2015.07.26, 横浜市港南区芹が谷)

Dokuga_1508013 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS HD 2X DGX
SS1.3  F14  ISO100  (撮影:2015.07.26, 横浜市港南区芹が谷)

Dokuga_1508014 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS HD 2X DGX
SS2.0  F14  ISO100  (撮影:2015.07.26, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●ミバエの仲間ではなくヒロクチバエ科の仲間0726 | トップページ | ●ムラサキツバメの幼虫 »

チョウ(蛾の仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●ミバエの仲間ではなくヒロクチバエ科の仲間0726 | トップページ | ●ムラサキツバメの幼虫 »