« ●オオシマカラスヨトウ | トップページ | ●ムネグロメバエも再び »

2015年8月 3日 (月)

●その後のギンシャチホコ(2)

ギンシャチホコの幼虫たち、更に大きくなっていましたが、コナラの葉を食べ尽くしてしまいそうになったので、残っていた二匹を別のコナラに木に移動しちゃいました。でも、移動した先のコナラでも見当たらなくなってしまったので、サナギになるためにコナラから移動してしまったのやら(^^;。
残念ながら、サナギを見ることは出来なかったようで、もしかしたらスズメガの仲間のように地べたに降りて、土の中でサナギになるのでしょうか。
しかし、シッカリ食べて太ったイモムシ特有のブヨンとした感じが私は苦手で、触ったら今にも破裂してしまいそうな感じがいけませんね(^^;。
ギンシャチホコの幼虫も三回目になるので、今回は部分的なアップを載せてみました。近寄ってアップで撮ると、イモムシって動いていないようで体が微妙に動いていることがあって、何となくスッキリしない写りになってしまいました。重力の影響もあって、ぶら下がっていると非常にユックリですが、下に動いていることがあったりします(^^)。

ギンシャチホコ (チョウ目/シャチホコガ科)
Shachihokoga_1508011 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS HD 2X DGX
SS1.6  F14  ISO100  (撮影:2015.07.30, 横浜市港南区芹が谷)

Shachihokoga_1508012 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS HD 2X DGX
SS3.2  F14  ISO100  (撮影:2015.07.30, 横浜市港南区芹が谷)

Shachihokoga_1508013 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS HD 2X DGX
SS5.0  F14  ISO100  (撮影:2015.07.30, 横浜市港南区芹が谷)

Shachihokoga_1508014 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS HD 2X DGX
SS3.2  F14  ISO100  (撮影:2015.07.30, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●オオシマカラスヨトウ | トップページ | ●ムネグロメバエも再び »

チョウ(蛾の仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

ギンシャチホコは木の幹に直接繭を造ります。ヒロヘリアオイラガの繭を大きくしたようなやや扁平なマユなのであればすぐ判ると思いますよ。

投稿: Acleris | 2015年8月 3日 (月) 19時49分

Aclerisさん、こんばんは、

ヒロヘリアオイラガの繭で検索してから、ギンシャチホコの繭で検索して、繭の形が良く分かりました。
同時に、前から気になっていた、今回ギンシャチホコの幼虫を移動させたコナラの近くにある太めの木の幹にあった小さな穴の開いた繭が、ギンシャチホコの繭だったことを初めて知りました。これと同じものを探せばよいのですね、ありがとうございます。

投稿: そら | 2015年8月 3日 (月) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●オオシマカラスヨトウ | トップページ | ●ムネグロメバエも再び »