« ●クダアザミウマ科の仲間02 | トップページ | ●ヒゲナガサシガメの幼虫 »

2015年7月27日 (月)

●その後のギンシャチホコの幼虫

7月19日に掲載した●ギンシャチホコの若齢幼虫ですが、1週間経過したのを確認してみたら、スッカリ緑色のイモムシ君になっていました(^^;。個人的には、若齢幼虫の配色の方が気に入っていて、天敵から身を守るには今の配色の方が目立たないでしょうが、イモムシ感が強すぎですね!
今回の色の方がギンシャチホコの幼虫としては一般的なようで、脱皮してこの色になった個体は、おちゃたてむしさんのところでもギンシャチホコ幼虫として掲載されていました。
更に1週間経過した個体(正確には同じ場所にいた個体で、同一固体かは不明です)が最後の写真で、一段とイモムシらしくなったように見えます。この後、もう少ししたらサナギになるのでしょうが、どこでサナギになるのでしょうね。

ギンシャチホコ (チョウ目/シャチホコガ科)
Youchu1_1507261 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS HD 2X DGX
SS1.3  F14  ISO100  (撮影:2015.07.18, 横浜市港南区芹が谷)

Youchu1_1507262 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS HD 2X DGX
SS1.6  F14  ISO100  (撮影:2015.07.18, 横浜市港南区芹が谷)

Youchu1_1507263 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS HD 2X DGX
SS1.0  F14  ISO100  (撮影:2015.07.18, 横浜市港南区芹が谷)

Youchu1_1507264 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS HD 2X DGX
SS1.6  F14  ISO100  (撮影:2015.07.18, 横浜市港南区芹が谷)

更に1週間後の別個体
Youchu1_1507265 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS HD 2X DGX
SS2.0  F14  ISO100  (撮影:2015.07.25, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●クダアザミウマ科の仲間02 | トップページ | ●ヒゲナガサシガメの幼虫 »

チョウ(蛾の仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

立派に育ってますねぇ♪
無事に羽化できると良いです(^^)
ギンシャチホコ、確かに若齢の方が配色良いかもしれないですね。
うちにも小さいけどコナラの木があるから今度探してみます。コナラは色んな虫が付くから新しい発見があるかも~♪

投稿: ミル | 2015年7月28日 (火) 10時53分

ミルさん、こんばんは、

今回は、まだ背の低いコナラの木で見つけることができたので、どんどんイモムシになっていくのが良く分かりました(^^;。
確かに、コナラは色々なムシが好むようですが、この場所にあるコナラの木は高い木ばかりなので、なかなか恩恵にあずかれません。人の背丈くらいのだと、観察するには良いのでしょうが、大飯食らいがいたら直ぐに丸坊主でしょうね(^^)。


投稿: そら | 2015年7月28日 (火) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●クダアザミウマ科の仲間02 | トップページ | ●ヒゲナガサシガメの幼虫 »