« ●ヤノネカイガラムシ | トップページ | ●カモドキサシガメの仲間 »

2015年1月12日 (月)

●ヤツデキジラミの寄生バチ

去年の4月にも同じタイトルで載せてますが、ヤツデの葉の裏を覗いても本当に虫が少ないので、目に付いたものを撮って記事にすることにしました(^^;。
ヤツデキジラミの幼虫にカビが生えたようになっているのがあって、そう言うのは寄生バチに寄生された個体のなれの果てのことが多い。
今回は、大きさの違うのを同じ葉の裏で見つけたので、違いを比較してみることにしましたが、大きい方のサナギが体長約1.6mmで小さい方が体長約1.0mmでした(写真は同じ倍率で載せてあります)。
中身を確認すると、大きい方は既にサナギの状態になっていますが、小さい方は一歩手前の感じがします。ただ、入れ物の大きさからすると同じ種の寄生バチなのかは分かりません。
寄生バチだったら餌の心配もいらないので、持ち帰るという手もあるのですが、普段は昼間の観察ができないので持ち帰りはやめにしました。
こちらはヤツデの葉の裏ですが、おちゃたてむしさんのところのヒメコバチ科Tetrastichinaeの一種に近いコバチが出てくるのでしょうか(^^;。

ヤツデキジラミの寄生バチ (ハチ目/???科)
Kiseibachi_1501041 EOS 7D 24mm/F2.8 リバース + 36mm + 20mm接写リング
SS2.0  F8  ISO100  (撮影:2014.12.30, 横浜市港南区芹が谷)

Kiseibachi_1501042 EOS 7D 24mm/F2.8 リバース + 36mm + 20mm接写リング
SS2.5  F8  ISO100  (撮影:2014.12.30, 横浜市港南区芹が谷)

Kiseibachi_1501043 EOS 7D 24mm/F2.8 リバース + 36mm + 20mm接写リング
SS2.5  F8  ISO100  (撮影:2014.12.30, 横浜市港南区芹が谷)

Kiseibachi_1501044 EOS 7D 24mm/F2.8 リバース + 36mm + 20mm接写リング
SS2.5  F8  ISO100  (撮影:2014.12.30, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●ヤノネカイガラムシ | トップページ | ●カモドキサシガメの仲間 »

ハチ(コバチの仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

裏表でビジュアルが全く異なるって、何か手品みたいで面白いですね。
既にヒメコバチのフォルムがしっかり出来上がってるのが驚きですが、この腹部の幅を見る限りおちゃたてむしさんの方とは別種が出てきそうな気がします。ひょっとすると、大小の蛹はそれそれも別種かも。大きい方は、何となくですがメタリックグリーンのヤツが出てきそうな雰囲気・・・・。

投稿: フッカーS | 2015年1月12日 (月) 16時38分

フッカーSさん、こんばんは、

残念ながら、今回はお持ち帰りしなかったので、どのコバチが出てくるのかは分かりません。一度、何個か持ち帰って撮影は無理としても、どのコバチが出てくるのか確認してミルのも面白いかも知れません。ただ、結構目にする代物ですが、探すと意外に見つからないかも知れませんね(^^;。
フッカーSさんに、お願いした方が確実かも知れませんが。

投稿: そら | 2015年1月12日 (月) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●ヤノネカイガラムシ | トップページ | ●カモドキサシガメの仲間 »