« ●ヒメバチ科の仲間 | トップページ | ●ベニシジミ »

2014年12月 4日 (木)

●アブラムシの仲間はイタドリオマルアブラムシでした。

今回見つけたのは、お腹の上の部分が黒くなっているアブラムシの仲間で、植物の名前が分からなかったので最後の写真に掲載しておきました(^^;。
最初の2枚が有翅成虫で、次の2枚が羽化する前かと思っていたのですが、よく見たら翅の元になる部分(名前を忘れた)が有りませんね。と言うことは、翅の無い個体も成虫になるとこの色合いになるのかな(^^;。
有翅成虫になる個体は、よく見たら4枚目に写っていましたが、この時点ではお腹の上の部分は全然黒くないので、成虫になると出てくるのでしょうね。

12月04日追記
そよかぜさん、ezo-aphidさんから「イタドリオマルアブラムシ」とのコメントを頂けましたので、タイトルと記事の追加訂正をすることにしました。
そよかぜさん、ezo-aphidさん、ありがとうございます。早々と名前が分かって嬉しいです。


イタドリオマルアブラムシ
 (カメムシ目/アブラムシ科)
Aburamushi_1411301 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F14  ISO100  (撮影:2014.11.29, 横浜市港南区芹が谷)

Aburamushi_1411302 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F14  ISO100  (撮影:2014.11.29, 横浜市港南区芹が谷)

Aburamushi_1411303 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.3  F14  ISO100  (撮影:2014.11.29, 横浜市港南区芹が谷)

Aburamushi_1411304 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.3  F14  ISO100  (撮影:2014.11.29, 横浜市港南区芹が谷)

Aburamushi_1411305 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.8  F14  ISO100  (撮影:2014.11.29, 横浜市港南区芹が谷)

Aburamushi_1411306 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.5  F14  ISO100  (撮影:2014.11.29, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●ヒメバチ科の仲間 | トップページ | ●ベニシジミ »

カメムシ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
植物はイタドリですね。
アブラムシは下のおちゃたてむしさんのところなどに載せられているイタドリオマルアブラムシだと思います。
http://mushi-akashi.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-f387.html

投稿: そよかぜ | 2014年12月 4日 (木) 11時34分

お見立てのとおり、イタドリオマルアブラムシでは、腹部の黒斑は幼虫には無く、成虫になると現れます。黒斑の大きさに変異があるようで、もっと小さくさびしいものがいます(おちゃたてむしさんを参照)。成虫の尾片(しっぽ様の突起)が突出せず、半球状の形のためオマル(尾丸)の名がついてます。
晩秋に黄変したイタドリの葉を探すと大集団がみつかりますね。

投稿: ezo-aphid | 2014年12月 4日 (木) 11時42分

そよかぜさん、こんばんは、

アブラムシのいたのがイタドリだと分かっていれば、タドリオマルアブラムシには辿り付けたと思いますが、いつもながら情けないです。おちゃたてむしさんのところでも出ていたんですね、おちゃたてむしさん=コバチのイメージが強く、完全に外していました(^^;。

投稿: そら | 2014年12月 4日 (木) 22時06分

ezo-aphidさん、こんばんは、

成虫になると、お腹の上が黒くなる(=腹黒くなる?)のも面白いですね。漢字で書くと虎杖尾丸油虫ですか(^^)。
イタドリの名前は知りませんでしたが、今までも何回となく葉の裏は見ているはずで、今年初めて見たのが不思議です。
「晩秋に黄変したイタドリ」を見ていたかが、分かれ目だったのでしょうかね。

投稿: そら | 2014年12月 4日 (木) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●ヒメバチ科の仲間 | トップページ | ●ベニシジミ »