« ●アザミウマの仲間 | トップページ | ●ハナアブ科の仲間はノヒラマメヒラタアブ »

2014年10月31日 (金)

●ハマキガ科の仲間はフシモグリヒメハマキ

ふと葉の上を見たら、小さなガが止まっているのが見えました。大きさは翅の先端まで約7.2mmで、ハマキガ科の仲間としては小さい部類になると思います。
見たことの無い模様だったのですが、比較的特徴のある模様だったので、直ぐに種が分かると思って帰ってきましたが、調べてみたら以外に同じ模様のガが見つかりません。
色の感じも、落ち着いた灰色がかったところに茶色の模様と言うことで、全体的に洒落た感じのする配色だと思います(^^)。
全体の感じと形からして、ハマキガ科の仲間で間違いないと思いますが、何故同じ種が見つからないのかな。

11月1日追記
フッカーSさんから「ネットで調べてもさっぱり分からなかったので、ハマキガ類の専門家の先生にメールしてみました。その結果、「Andrioplecta pulverula フシモグリヒメハマキ」との回答をいただきましたのでお知らせします。」とのコメントを頂きましたので、タイトルと記事の追加訂正をすることにしました。 フッカーSさん、ありがとうございます。

フシモグリヒメハマキ (チョウ目/ハマキガ科)
Hamakiga_1411181 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F14  ISO100  (撮影:2014.10.18, 横浜市港南区芹が谷)

Hamakiga_1411182 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.0  F14  ISO100  (撮影:2014.10.18, 横浜市港南区芹が谷)

Hamakiga_1411183 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.0  F14  ISO100  (撮影:2014.10.18, 横浜市港南区芹が谷)

Hamakiga_1411184 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F14  ISO100  (撮影:2014.10.18, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●アザミウマの仲間 | トップページ | ●ハナアブ科の仲間はノヒラマメヒラタアブ »

チョウ(蛾の仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

ネットで調べてもさっぱり分からなかったので、ハマキガ類の専門家の先生にメールしてみました。その結果、「Andrioplecta pulverulaフシモグリヒメハマキ」との回答をいただきましたのでお知らせします。
「みんな蛾~」では和名未定で学名のみ掲載されているヒメハマキです。日本産蛾類標準図鑑には載っているそうです。
本種の幼虫は、タマバチ類のゴールを食べるようで、記録ではナラメイガフシ(ナラメイガタマバチの虫えい)、クリメコブズイフシ(クリタマバチの虫えい)、クヌギエダイガフシ(クヌギエダイガタマバチの虫えい)などから得られるようです。ナラメイガタマバチはコナラの他に、ミズナラやカシワの芽にも虫えいするようです。
ホストとなる木は周囲に多く植わってますし、クリやクヌギの虫こぶもけっこう見かける割には、このヒメハマキを今まで見たことが無いというのがちょっと不思議です。しかし、前述の虫こぶを手当たり次第に採ってきたら、ひょっとして本種の幼虫が見られるかも?あるいは本種が羽化してくるやもしれませんね。
私も今後はちょっと注意して、同種を探してみたいと思ってます。
なお、韓国のサイトに本種の情報が少しあったとのことでしたので、アドレスを転記しておきます。
http://bric.postech.ac.kr/species/insect/insect_detail.php?nId=Lep-007-00322

投稿: フッカーS | 2014年11月 1日 (土) 05時08分

フッカーSさん、おはようございます。

わざわざ調べて頂き、ありがとうございます。自分で撮った写真で、名前が分かるのは嬉しいことです。
情報を頂いた虫えいは、確かにたくさん見掛けますが、このヒメハマキは初めてですが1匹しかいないと言うことはないので、目に付かないところで生活しているのでしょうか(^^;。
今日は、朝から雨降りなので虫撮りはお休みになってしまいチョッと残念です。しかし、この時期も日の出前の暗いうちから起きているのかな、それとも夜更かし?


投稿: そら | 2014年11月 1日 (土) 07時31分

おー、これは立派ですなぁ(翅の傷みは少ないように見えます)。標準図鑑の図を見ても、本種と気づけるかどうか疑問です。そういう意味では価値ある画像と思います。
標準図鑑の解説には「5月と8月に羽化」とありますが、10月も加えるべきなのかも。

投稿: ezo-aphid | 2014年11月 1日 (土) 17時46分

ezo-aphidさん、こんばんは、

犬もたくさん歩けば色々な棒に当たるようで、和名があるのにネットで検索しても画像が見つからない種が撮れるから面白いです(^^)。
こう言うのだったら「みんなで作る日本産蛾類図鑑」に載せてあげた方が良いのかなと思いましたが、方法が分かりませんでした。

投稿: そら | 2014年11月 1日 (土) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●アザミウマの仲間 | トップページ | ●ハナアブ科の仲間はノヒラマメヒラタアブ »