« ●オナガバチ亜科の仲間 | トップページ | ●トゲナナフシと卵 »

2014年8月31日 (日)

●キバガ科の仲間(ウスキボシキバガかも知れない)

一昨日掲載したガの仲間の幼虫の記事ですが、ホソバネマガリガではないかとのコメントを頂きましたが、幼虫を入れておいた容器の中に小さなガがいるのを見つけました。
ホソバネマガリガもネットで検索して画像を確認しましたが、今回出てきたのはキバガ科の仲間のようです。例の、丸く切り取られた葉をまとった幼虫以外は入れてなかったのですが、一番下の写真の個体だけ他のとは違った状況にありましたので、コイツが怪しいと思っていますが中を未確認(サナギの抜け殻が有るか)のままです(^^;。
まだ3個体残っていますが、「幼虫はこのケースに入ったまま地表に落下して、そのまま越冬し、平地では6月頃に羽化するそうです」との事なので、残りがホソバネマガリガだとすると、直ぐに羽化してくることはなさそうです。

9月7日追記
キバガ屋さんから「Teleiodes属がこんなポータブルケースを幼虫が作ることにも驚きました。成虫写真だけで種の同定をすると痛い目にあいやすいグループなので慎重を期したいですが、もしウスキボシキバガならば、クヌギが寄主植物というのはうなづけます」とのコメントを頂けましたので、タイトルと記事の追加訂正をすることにしました。
キバガ屋さん、ありがとうございます。
それにしても、マガリガ科の幼虫とキバガ科の幼虫が、同じように葉を丸く切って背負って偶然ですが同じ場所にいたようです。

キバガ科の仲間 (チョウ目/キバガ科)
Ganonakama_1408301 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS6.0  F14  ISO100  (撮影:2014.08.28, 横浜市港南区芹が谷)

Ganonakama_1408302 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS5.0  F14  ISO100  (撮影:2014.08.28, 横浜市港南区芹が谷)

多分コイツが怪しい(^^;
Ganonakama_1408303 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.0  F14  ISO100  (撮影:2014.08.30, 横浜市港南区芹が谷)

2014年9月1日追加
いつもコメントを頂いているezo-aphidさんから要望を頂きましたので、上の怪しい写真の中身を撮影しましたので掲載します。
偶然なのでしょうが、直ぐ近くに似たような形で違う種類の幼虫が、住んでいたんですね(^^)。

Sanagi_1409011 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.0  F14  ISO100  (撮影:2014.08.30, 横浜市港南区芹が谷)

Sanagi_1409012 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.0  F14  ISO100  (撮影:2014.08.30, 横浜市港南区芹が谷)

Sanagi_1409013 EOS 70D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.0  F14  ISO100  (撮影:2014.08.30, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●オナガバチ亜科の仲間 | トップページ | ●トゲナナフシと卵 »

チョウ(蛾の仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

さすがに羽化成虫は鱗片が立っていてきれいですね。
斑紋だけでは同定できないそうですが、たぶんウスキボシクロキバガ Teleiodes hortensis だろうと思われます。Teleiodes属はQuercus属(ドングリの木類)の葉を食べるものが多いようですが、ウスキボシの食樹は未記録です。
Teleiodes属の幼生期の生態もはっきりしないようなので、怪しいケースの裏側を(たぶんケースから突出して空っぽの)蛹殻とともにお見せいただけると参考になりますね。

投稿: ezo-aphid | 2014年8月31日 (日) 19時53分

ezo-aphidさん、こんばんは、

ウスキボシクロキバガですか、どうも持ち帰ったのは似た形状をしていますが、1種類ではなかったような気がしてきました。
ご要望の写真ですが、今回はゴミとして処理しないでチャンと保管してありますので、夜よりも太陽の明るさの下で撮った方がきれいに撮れるので、少しお待ちください。
珍しく仕事で忙しいのと、そのせいも有ってかお腹の調子も良くなくて体重減で、気力まで落ちてしまって困ってます(^^;。

投稿: そら | 2014年8月31日 (日) 20時22分

前回最初の写真に、上方に緑色が残った円板、下方に枯葉色の円板が写っています。両者には違いが見られます。
緑の円板を裏返した写真では、幼虫は小さな枯葉の下に棲んでいて、(大きな生葉も食べてるようですが)切り取った円板もかじっています。
一方、枯葉色の円板はかじられた形跡が無く、それが付着していた生葉の方に大きな食痕と多数の糞があります。
ウスキボシ?の姿は、学名で検索すると画像が見つかります。
  ・・・・・残暑もまだ続きそうなので、ご自愛ください。

投稿: ezo-aphid | 2014年8月31日 (日) 20時59分

ezo-aphidさん、こんばんは、

ご要望のあった写真を追加しておきましたので、確認してみてください。しかし、お持ち帰りも想定外のことが多く、結構楽しめるものだと感心してしまいます。ありがとうございます。

投稿: そら | 2014年9月 1日 (月) 22時46分

ありがとうございます!!
さっそくキバガ科の研究者にお知らせしてみます。
どのくらい重要な発見なのか(それともアッタリマエー、のことなのか)、私には判りませんのです。

再掲の写真1枚目の円板上にある褐色の塊は終齢幼虫の脱皮殻でしょう。このようすから見て、マガリガ類の幼虫は2枚の切離葉の間に棲んで葉面をかじるのに対し、キボシクロキバガの幼虫は切離葉1枚を背負いつつ移動しながら葉面をかじっているように思われます。

投稿: ezo-aphid | 2014年9月 1日 (月) 23時09分

ezo-aphidさんから聞きました。きばが屋です。そらさんはじめまして。びっくりしました。Teleiodes属がこんなポータブルケースを幼虫が作ることにも驚きました。成虫写真だけで種の同定をすると痛い目にあいやすいグループなので慎重を期したいですが、もしウスキボシキバガならば、クヌギが寄主植物というのはうなづけます。ウスキボシは本州に分布するけど北海道ではとれていない。北海道にクヌギガないせいかもしれません。

お金と暇があれば、すぐにでも採集に伺いたい!!

投稿: きばが屋 | 2014年9月 2日 (火) 09時01分

ezo-aphidさん、こんにちは、

早速連絡して頂けたようで、嬉しいコメント(大当たりだったようす)が入っていました。きばが屋さんも北海道在住のようなので、お知り合いなのでしょうね。

投稿: そら | 2014年9月 2日 (火) 12時24分

きばが屋さん、こんにちは、

わざわざお越し頂き、ありがとうございます。驚きの写真とのことで、頂いたコメントに大喜びをしています(^^)。

仮に、採集にこられても期待に添えるような場所では無いような気がしますが、横浜当たりの残された自然の中でも、色々がことが起こっているものですね。
同じ場所は、毎回の虫撮りのたびに通る場所なのですが、その後キバガの幼虫らしき姿(今回の1個体のみです)を見てませんが、採集できたら連絡を差し上げたいと思います。
仕事のことで、だいぶストレスをため込んでますが、コメントをみて少しは気分が晴れました。ありがとうございます。

投稿: そら | 2014年9月 2日 (火) 12時31分

きばが屋さん、おでまし有難うございます。
どうやらプロが驚く重要な発見だったようです。ただし、肝心の「正しい種名」がはっきりしていません。そこで、そらさんに(ムシのいい)お願いですが、このようなポータブルケースをきばが屋さんに送って頂けないでしょうか? (判別が面倒でしょうから、ごちゃまぜでも多めに)
百均のプラケースなどに入れて郵送すれば、つぶれずに届くでしょう。まんいち途中で死亡しても、蛹内の交尾器は完成済みでしょうから、雄なら同定可能と思います。
送り先は次の通りですので、体調よろしき折にご検討ください。
〒890–0065 鹿児島市郡元1–21–24
 鹿児島大学農学部害虫学教室

投稿: ezo-aphid | 2014年9月 2日 (火) 12時59分

そらさん、すみません。さきのコメント未読のまま送信してしまいました。
キバガ幼虫のケースを探すのはとても面倒だと思いますので、円い穴のあいたクヌギの葉を手あたり次第採ってきて、ポータブルケースがついてるモノを送って下さればいいと思います。作り主の判別はきばが屋さんがやるはずですので。

投稿: ezo-aphid | 2014年9月 2日 (火) 13時11分

ezo-aphidsん、こんばんは、

宿題(苦手だな~)の件は了解しましたが、今からだと抜け殻ばかりになってないと良いのですが。土日に、捜索隊を出すことを予定しておきますが、期待できるかどうか(^^)。成果が有れば、メールアドレスを受け取ってますので、直接連絡を入れるようにします。
そうそう、折角羽化した成虫ですが追加の写真を撮ろうとして、部屋の中で逃げられてしまい行方不明のままです(^^;。残しておけば、抜け殻と一緒に送ることができたのですが。

ブログのコメント欄なので、送り先の名前のみ削除させてもらいました。

投稿: そら | 2014年9月 2日 (火) 21時31分

ご配慮ありがとうございます。お手数をおかけしてすみません。捜索隊長のご健勝をお祈りしています。

投稿: ezo-aphid | 2014年9月 2日 (火) 21時54分

あんまり期待されると、プレッシャーを感じてしまいます。捜索隊は、プレッシャーに非常に弱いのでチョッと心配です(^^)。

投稿: そら | 2014年9月 3日 (水) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●オナガバチ亜科の仲間 | トップページ | ●トゲナナフシと卵 »