« ●ひとりごと(チャタテムシの幼虫) | トップページ | ●イモキバガの幼虫のその後 »

2014年7月31日 (木)

●チビガ科の仲間

一番最後の写真のサナギですが、色々な葉の裏でよく見掛けますが、持ち帰って何が出てくるのか未確認のままでした。今回は、試しに持ち帰って正体を確認することとなりました(^^)。
出てきたのは小さなガで、頭から翅の先端までで約2.7mmの大きさでした。最近、初見のガを見つけたときは、まずはお世話になっているHepotaさんの多摩蛾廊をよく利用させて頂いています。そこで見つけたのがチビガ科?で、色の濃さに違いがありますが、多分同じ種ではないかと思います。
Hepotaさんのところで「?」が付いたままになっていたので、私の方も「?」付きのタイトルとなってしまいました(^^;。

チビガ科の仲間? (チョウ目/チビガ科?)
Ganonakama_1407271 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS4.0  F14  ISO100  (撮影:2014.07.25, 横浜市港南区芹が谷)

Ganonakama_1407272 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS34.0  F14  ISO100  (撮影:2014.07.25, 横浜市港南区芹が谷)

Ganonakama_1407273 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS3.2  F14  ISO100  (撮影:2014.07.25, 横浜市港南区芹が谷)

Ganonakama_1407274 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS3.2  F14  ISO100  (撮影:2014.07.25, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●ひとりごと(チャタテムシの幼虫) | トップページ | ●イモキバガの幼虫のその後 »

チョウ(蛾の仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

なーるほど、Bucculatrix 属に間違いなさそうですね。羽化個体のためか、ご参照のネット画像より斑紋の損傷が少ないので、同定用の基準標本としても役立ちそうです。ただし、この斑紋パターンはこの属ではわりと一般的のようなので、種類判別の決め手としては不十分でしょう。
脱出マユの形も科の推定に役立つと思いますので、載ってるのはありがたいですねー。幼虫は(たぶんマユを作った)木の葉に潜っていたと思われるので、できれば、樹種が記録されると完璧なのですが(貴重品なら、再捕獲の手がかりになるのです)。
 ある程度育った2枚の葉を採り、表と裏を並べて撮ってあると、後で調べることもできそうです。これは裏が白いのでシロダモ・イヌガシの類なのでしょうかねー。

投稿: ezo-aphid | 2014年7月31日 (木) 17時19分

以前見れなかった『日本産チビガ科の分類学的再検討』が見れるようになっていました。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110007619554

前翅の斑紋からの検索表が載っていましたが、さっぱりわかりません。どなたかお願いします。

投稿: Hepota | 2014年7月31日 (木) 19時38分

Hepotaさん、お久しぶりです。
 蛾類標準図鑑Ⅳのチビガ科は同じ著者らによるものなので、この報文を反映しているはずです。その図版とこの検索表はちゃんと対応するはずですが、私には正しい方向へ読みとれてゆきません(違う種の方を選んでいったりします。・・・・・いちどお試しください)。
 これらに載っていると仮定しても、斑紋の変異幅が判らないと無理ですし、未記録種だったらあたらないのは当然です。なので別の形質(交尾器など)を見た方がいいと思いました。寄主植物が判ると、種を絞り込む見当がつくかもしれませんね。
 

投稿: ezo-aphid | 2014年7月31日 (木) 20時58分

ezo-aphidさん、こんばんは。
標準図鑑IVはまだ入手しておりません。
アオギリにいたアオギリチビガ(たぶん)を元に用語を解読しようとしてみましたが難しいです。
http://blog.tamagaro.net/?p=1955

投稿: Hepota | 2014年7月31日 (木) 22時14分

ezo-aphidさん、Hepotaさん、こんばんは、

昨日は、帰ってきたのが今日(午前0時過ぎ)だったので、ブログの方は見ないで寝てしまいましたので失礼しました。私のブログの場合は、普通の人が見て???と思うようなのに限ってコメントが入るような気がします(^^;。
ブログのタイトル通り、ご近所の生き物だったら何でもありなので、これらかも色々と出てくる可能性はあるでしょうから、今後ともよろしくお願いします。

投稿: そら | 2014年8月 1日 (金) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●ひとりごと(チャタテムシの幼虫) | トップページ | ●イモキバガの幼虫のその後 »