« ●繭から出てきたヒメコバチ科の仲間 | トップページ | ●ヒメカメノコハムシのサナギと成虫 »

2014年7月 8日 (火)

●ヒメカメノコハムシの幼虫

雨がやんだので出掛けていきましたが、草木がビチョビチョで参りましたが、虫に食われた跡のある葉を見つけて裏側を覗いてみました。そこには、初めて見る幼虫がいましたが、体の後方に抜け殻を付けたままにしていたのと見た感じからカメノコハムシの幼虫だと察しが付きました(^^;。
帰ってから調べてみたら、お馴染みのHepotaさんところのヒメカメノコハムシ Cassida piperata Hope, 1842に、ヒメカメノコハムシの幼虫の違いが載っていました。今まで、ここで見たことのあるのは、イノコヅチヒメカメノコハムシだけでした。
初めてのカメノコハムシの幼虫を撮ることができたので、雨上がりの中出向いた甲斐があったというものです。でも、足下がビショ濡れになってしまいましたが(^^)。
今回は、チャンと食草も写真にシッカリ撮ってきたので、自分で調べるのでも参考になりました。ヤッパリ、虫がいた場所の写真も撮っておくことが大事だと感じた次第です(^^;。

ヒメカメノコハムシ (コウチュウ目/ハムシ科)
Hamushi_1407041 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.5  F14  ISO100  (撮影:2014.07.04, 横浜市港南区芹が谷)

Hamushi_1407042 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.5  F14  ISO100  (撮影:2014.07.04, 横浜市港南区芹が谷)

Hamushi_1407043 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.5  F14  ISO100  (撮影:2014.07.04, 横浜市港南区芹が谷)

Hamushi_1407044 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.3  F14  ISO100  (撮影:2014.07.04, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●繭から出てきたヒメコバチ科の仲間 | トップページ | ●ヒメカメノコハムシのサナギと成虫 »

昆虫」カテゴリの記事

甲虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●繭から出てきたヒメコバチ科の仲間 | トップページ | ●ヒメカメノコハムシのサナギと成虫 »