« ●オオホシカメムシ | トップページ | ●ウスバフユシャクの産卵 »

2014年3月23日 (日)

●コガネコバチ科の仲間が今年は多い

この冬になって何回となく登場しているコガネコバチ科の仲間ですが、ヒメコバチが全然少ない中で例年になく良く会うのがコガネコバチ科の仲間です。
頭でっかちで、ずんぐりしていて、愛嬌のある顔が気に入っているので、他のコバチが撮れない分だけ余計に撮影しています(^^;。
写真に撮ると大きく見えますが、羽の先端までで2mm弱と小さいので、撮影するときはリバースレンズを使用しています。このシステムだと、概ね100mmマクロ+2xテレコンの倍の大きさで撮ることができます。
ただ、このシステムだと欠点がいくつかあって、その中の一つがレンズの先端から被写体までの距離が稼げないことです。
真上からの写真だったら何とでもなりますが、真横や真正面からの写真だと、虫が止まっている葉にレンズの先端がぶつかってしまいます。
毎回、葉の縁の方に止まっていてくれれば良いのですが、そうでない場合は最後の手段として実は葉っぱの一部を切り取って、レンズが当たらないようにして撮っているのでした(^^)。

コガネコバチ科の仲間 (ハチ目/コガネコバチ科)
Koganekobachi_1403211 EOS 70D 24mm/F2.8 リバース + 31mm + 21mm接写リング
SS4.0  F--  ISO100  (撮影:2014.03.16, 横浜市港南区芹が谷)

Koganekobachi_1403212 EOS 70D 24mm/F2.8 リバース + 31mm + 21mm接写リング
SS3.2  F--  ISO100  (撮影:2014.03.16, 横浜市港南区芹が谷)

Koganekobachi_1403213 EOS 70D 24mm/F2.8 リバース + 31mm + 21mm接写リング
SS4.0  F--  ISO100  (撮影:2014.03.16, 横浜市港南区芹が谷)

慎重の作業を行って周囲の葉を切り取ります(^^;Koganekobachi_1403214 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.6  F14  ISO100  (撮影:2014.03.16, 横浜市港南区芹が谷)

|

« ●オオホシカメムシ | トップページ | ●ウスバフユシャクの産卵 »

ハチ(コバチの仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ハサミは必需品、いつも持ち歩いています。
ですが、被写体の乗っている葉っぱを切り取る用途は気がつかなかったです。
せいぜい、まわりの邪魔な草を切るぐらい。
葉っぱの一部を切り落とす技、おぼえました。
それにしても、よく飛ばれなかったですね(^^)。


投稿: jkio | 2014年3月24日 (月) 08時28分

jkioさん、こんばんは、

私の場合は、撮影方法の関係で葉っぱを切り取ることが結構あります。
でも、切り取ろうとして逃げられることもあるし、切り取った瞬間の衝撃で逃げられたり、せっかく切り取っても撮影前に移動されてしまったりと、なかなか思うようにかないことが多いです(^^;。
ハエの仲間は敏感ですが、コバチは意外にジッとしていてくれることが多いような気がします。

ちなみに、写真のコガネコバチ君は熟睡していたみたいです(^^)。

投稿: そら | 2014年3月24日 (月) 21時02分

3月は忙しく、久しぶりにまとめてみています。
葉っぱの一部を切り取るとは、すごいですね。
私がやると、絶対に逃げられます。そもそも、前々から、葉っぱを切り取る(衝撃)だけでもすごいと思っていました。

下から2番目の写真顔の下側が光っていますが、レフ板か何かを使われているのですか。

投稿: tukik | 2014年4月 6日 (日) 22時28分

tukikさん、こんばんは、

私の場合は、ストロボを使わないので撮影できる条件が皆さんよりも厳しいので、ダメ元で葉っぱの切り取りを実行しているのが現実でしょうね。でも、明らかに逃げられると思われる場合は、撮影を断念して移動することもあります。

真正面の写真は、多分葉っぱに当たった上からの光の反射だと思います。この写真も、2枚目の写真と同じくらい傾斜で葉っぱを固定して、斜め上から見下ろす角度で撮るので、真上からの明るさが丁度葉に反射して顔に当たるんでしょうね。気がつきませんでした(^^)。

投稿: そら | 2014年4月 6日 (日) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ●オオホシカメムシ | トップページ | ●ウスバフユシャクの産卵 »