« ●ひとりごと(オカボキバラアブラムシ) | トップページ | ●ヒメヨコバイの仲間 »

2013年11月 5日 (火)

●ハラクロコモリグモ

草むらの表面を移動するクモを発見、良く見掛けるクモだったのですが、折角ジッとしているのを見つけたので撮ってみることに。
お馴染みのコモリグモの仲間ですが、似たような模様のが多いので、チョッと見だと名前が分かりにくいです。
前に回って、真正面からアップで撮ってみましたが、何かハエトリグモの可愛さとチョッと違っています。
改めて比べてみたら、大きな二つの眼は同じですが、残りの眼の付き方が違っていました(^^)。
そう言えば、眼の付きかたの位置は、科によって微妙に違っていると、どこかで見たような気がしますが・・・。

ハラクロコモリグモ (クモ目/コモリグモ科)
ハラクロコモリグモ_1310271 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.0  F14  ISO100  (撮影:2013.10.27, 港南区芹が谷)

ハラクロコモリグモ_1310272 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.0  F14  ISO100  (撮影:2013.10.27, 港南区芹が谷)

ハラクロコモリグモ_1310273 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F14  ISO100  (撮影:2013.10.27, 港南区芹が谷)

ハラクロコモリグモ_1310274 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.0  F14  ISO100  (撮影:2013.10.27, 港南区芹が谷)

|

« ●ひとりごと(オカボキバラアブラムシ) | トップページ | ●ヒメヨコバイの仲間 »

クモ」カテゴリの記事

コメント

そのとおり、クモは科によって単眼の並び方が異なっていたりするので、重要な同定ポイントになります。
ちなみに、「大きな二つの眼は同じですが」と書かれていますが、ハエトリグモを正面から見たときの真ん中2つの最大の単眼は「前中眼」(前列の内側の眼)であり「主眼」です。これに対してハラクロコモリグモなどのコモリグモ科を正面から見たときに最も大きく見える単眼2つは「後中眼」(後列の内側の眼)であり「副眼」で、主眼とは構造が違っているので、この最大眼から見えている光景はハエトリグモのそれとは異なっているのかもしれません。

投稿: フッカーS | 2013年11月 5日 (火) 23時20分

フッカーSさん、こんにちは、

てっきり「大きな二つの眼は同じ」だと思っていましたが、主眼と副眼の差があったのですか、知りませんでした(^^;。一番大きな眼が、主眼と思うのが自然の成り行きなのですが難しいです。
そう言えば、フッカーSさんのブログに「単眼の並び方」の記載された記事があったように記憶していますが違ったかな。
コメント、ありがとうございます。

投稿: そら | 2013年11月 6日 (水) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●ハラクロコモリグモ:

« ●ひとりごと(オカボキバラアブラムシ) | トップページ | ●ヒメヨコバイの仲間 »