« ●ヒメハマキガ亜科の仲間 | トップページ | ●ウスモンミドリカスミカメ »

2013年9月22日 (日)

●久しぶりのハエの仲間はフンコバエ科の仲間

今まで撮ったハエ目の写真と比較した範囲では、キモグリバエ科の仲間が一番近いと思いますが、微妙に違うような気もします。
残念ながら、このカットの写真しか撮れなかったのですが、ネタがなくなってきたので仕方なくの登場です(^^;。
大きさは、翅の先端までで約3.4mmで、上から見たお腹の感じだと横からの写真も絶対に撮っておきべきでしたね。

昨日は、千葉まで行ってシュノーケリングをしながら防水デジカメを借りてで撮影してみましたが、自分自身が波に揺られて動くので簡単には撮れませんでした。まあ、何枚か撮ってみましたが、結果をもらってないのでどの程度撮れたのかは分かりませんが、普通の人が普通に撮った内容でしょうね(^^)。

9月23日追記
ezo-aphidさんから「たまたま「diptera info」で見かけたのですが、イボハダハヤトビバエ属 Ischiolepta だと思います。国内には9種いるそうですが、皇居でも採れている「エゾ・・・・・」や「トウヨウ・・・・・」なのかもしれません。すみません、いまはハヤトビバエ科をやめてフンコバエ科としているので、 Ischiolepta はイボハダフンコバエ属というのですね(皇居のリストを参照)。
」とのコメントを頂けましたので、タイトルと記事の追加訂正をすることにしました。
ezo-aphidさん、いつも、ありがとうございます。

フンコバエ科の仲間 (ハエ目/フンコバエ科)
ハエの仲間_1309141 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.5  F14  ISO100  (撮影:2013.09.14, 港南区芹が谷)

翅の方にピントを合わせたつもりです
ハエの仲間_1309142 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.5  F14  ISO100  (撮影:2013.09.14, 港南区芹が谷)

|

« ●ヒメハマキガ亜科の仲間 | トップページ | ●ウスモンミドリカスミカメ »

ハエ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

見るからに妖しいハエですねー。
後脚第1ふ節が大きく膨らんでいて、小楯板の指状突起8本というのも奇妙ですねー。肌がザラザラで、翅脈のラインが重たげに見えます。
たまたま「diptera info」で見かけたのですが、イボハダハヤトビバエ属 Ischiolepta だと思います。国内には9種いるそうですが、皇居でも採れている「エゾ・・・・・」や「トウヨウ・・・・・」なのかもしれません。

投稿: ezo-aphid | 2013年9月22日 (日) 11時45分

すみません。いまはハヤトビバエ科をやめてフンコバエ科としているので、 Ischiolepta はイボハダフンコバエ属というのですね(皇居のリストを参照)。

投稿: ezo-aphid | 2013年9月22日 (日) 11時48分

ezo-aphidさん、こんばんは、

フンコバエ科ですか、前にマダラオオフンコバエを撮って教えて頂きましたが、私にはコイツが同じ科だとは気が付きませんでしたね(^^;。
折角撮った写真なのと、弾切れで載せてみましたが、お陰でまた1種類増えることになりました。ありがとうございます。

投稿: そら | 2013年9月22日 (日) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/58198493

この記事へのトラックバック一覧です: ●久しぶりのハエの仲間はフンコバエ科の仲間:

« ●ヒメハマキガ亜科の仲間 | トップページ | ●ウスモンミドリカスミカメ »