« ●コブウンカ | トップページ | ●久しぶりのハエの仲間はフンコバエ科の仲間 »

2013年9月21日 (土)

●ヒメハマキガ亜科の仲間

この手の小さなガは、単に止まっているのを見つけることよりも、飛び立って止まった場所を覗き込んで見つけるのが大半です。でないと、見つからないですよね。
いつもお世話になっている多摩蛾廊さんところで調べてみたら、「ヒメハマキガ亜科 sp. (1)」と同じ種のように見えました(^^)。
ガの仲間は、固体変異があるのと似た模様で別種というのが混在しているので、本当に分かり難いです。

今日から3連休ですが、初日の今日は虫撮りではなく海(多分、今年最後でしょうね)に出掛けることになりました。
海で、普段目にしない生き物が見つかると良いのですが、見つけても写真は撮れないしね(^^)。

9月23日追記
Hepotaさんから「うちのとは下唇鬚が違うので別属だと思います。シンクイヒメハマキガ族には違いないと思いますが、未記載種が多そうな雰囲気です。」とのコメントを頂きましたので、タイトルと記事の追加訂正をすることにしました。
Hepotaさん、ありがとうございます。

ヒメハマキの仲間 (チョウ目/ハマキガ科)
ヒメハマキの仲間 _1309151 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F14  ISO100  (撮影:2013.09.14, 港南区芹が谷)

ヒメハマキの仲間 _1309152 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F14  ISO100  (撮影:2013.09.14, 港南区芹が谷)

ヒメハマキの仲間 _1309153 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F14  ISO100  (撮影:2013.09.14, 港南区芹が谷)

|

« ●コブウンカ | トップページ | ●久しぶりのハエの仲間はフンコバエ科の仲間 »

チョウ(蛾の仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
うちのとは下唇鬚が違うので別属だと思います。シンクイヒメハマキガ族には違いないと思いますが、未記載種が多そうな雰囲気です。

投稿: Hepota | 2013年9月21日 (土) 18時58分

Hepota さん、こんばんは、

コメントありがとうございます。
やっぱり外してしまいましたか、まあ「未記載種が多そうな雰囲気」とのことなので、私としては外しても想定内と言ったところでしょうね(^^;。
夏バテなのか、調子が出てこないので虫撮りも虫調べも、何となく中途半端な状態に陥っていて困ってます。

投稿: そら | 2013年9月21日 (土) 21時31分

過去に撮った画像を見てみたら、都内で同じような個体を撮ってました。上翅全体の色合いがじゃっかん異なっている(こちらのは茶色っぽくて、黄色みが感じられない)のですが、色を除けばとてもよく似てます。私の方も種類がよく分からずに未同定でファイルされてましたが、改めて「みんな蛾」を見てみるとヒメハマキガ亜科のGrapholita属あたりが最も近いような気がします。

投稿: フッカーS | 2013年9月24日 (火) 03時08分

フッカーSさん、こんばんは、

普通だったら、ブログに登場することなく「ヒメハマキガ亜科の仲間」として、フォトの方にさりげなく載る種でしたが、虫不足に付き登場となりました(^^)。
こう言う単調な模様のがは、詳しく調べようとしても直ぐに行き詰まってしまいます。ヒメハマキガ亜科のGrapholita属ですか、う~む難しいです。
ありがとうございます。

投稿: そら | 2013年9月24日 (火) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/58198478

この記事へのトラックバック一覧です: ●ヒメハマキガ亜科の仲間:

« ●コブウンカ | トップページ | ●久しぶりのハエの仲間はフンコバエ科の仲間 »