« ●エゴヒゲナガゾウムシ | トップページ | ●クズノチビタマムシの幼虫 »

2013年8月 9日 (金)

●ハエの仲間から先が・・・はヒロバセダカバエ属(Syneches)

例によって、何の木だか分からない葉の裏に止まっていたハエの仲間なんだけれども、これだけ特徴のある格好なのに、その先の科が分からないのが何とも情けない(^^;。
ハエの仲間と言うのは本当につかみ所が無くて、顔見ても良く分からないし他見てももっと分からないし・・・。
でも、この文章を書きながら、よくよく考えてみたら強い味方がたくさんいることを思い出しました。
北の地にいる方もハエの仲間はとっても好きそうなので、きっと私の代わりに正体を暴いてくれることと、勝手に期待しているのでした(^^;。
最近は(前からかな)、撮ってきた虫をジックリ時間を掛けて調べようという気力が落ちてしまって。
もしかしたら、BABAさんかおちゃたてむしさんのとことあたりで既に登場済みだったりするのかも知れません(^^;。

追記: もしかして、ヒロバセダカバエ属の仲間なのかな?。

8月17日追記
おちゃたてむしさんから「こちらの記事に便乗して私も同種と思われるものを記事にしようと思い、あらためて探していると「一寸のハエ」にAclerisさんがよく似た標本写真を投稿されているのが見つかりました。(2007.08.01付け・No.3718Syneches属の未記載種とされていて、盛夏に現れる種だそうです。」とのコメントを頂けましたで、タイトルと記事の追加訂正をすることにしました。
おちゃたてむしさん、ありがとうございます。

オドリバエ科(セダカバエ亜科)の仲間 (ハエ目/オドリバエ科)
ハエの仲間_1308011 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.0  F14  ISO100  (撮影:2013.07.28, 港南区芹が谷)

ハエの仲間_1308012EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.0  F14  ISO100  (撮影:2013.07.28, 港南区芹が谷)

ハエの仲間_1308013 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.5  F14  ISO100  (撮影:2013.07.28, 港南区芹が谷)

|

« ●エゴヒゲナガゾウムシ | トップページ | ●クズノチビタマムシの幼虫 »

ハエ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
少なくとも私のところではまだ登場していないんですが、ちょうど一週間ほど前に同種と思われるものを撮っていました。数枚しか撮れなかったのですがどうにか翅脈が見えるので調べてみると、そらさんのご推測どおりヒロバセダカバエ属Synechesが近いように思います。が、当たっているかどうかは北の地の方にお願いするしかありませんね。

投稿: おちゃたてむし | 2013年8月 9日 (金) 21時07分

おちゃたてむしさん、こんばんは、

そちらとは、気候的に条件が似ているようで、同じムシが同じ時期に見られることが多いように思います。
私も、最初は全然たどれなかったのですが、色々と検索条件を変えて、やっと「一寸のハエ…」にたどり着いた次第です。
目が大きいのと後ろ肢が細かったので、オドリバエ科は外してしまっていました。

寝る前に、北の方に向かってお願いしておくことにします(^^)。

投稿: そら | 2013年8月 9日 (金) 22時02分

セダカバエ亜科は間違いないのですが、「いまだ修行不足の身なれば、翅脈見らでは属名判らず・・・・」であります。ぼんやりと太く見える翅脈の形から推して、どちらかというとHybos属でしょうかねぇ。
成虫の尖った口器というのは捕食性を窺わせるので、科名を絞り込むのに良い手がかりとおもいます。

投稿: ezo-aphid | 2013年8月10日 (土) 13時51分

ezo-aphidさん、こんにちは、ありがとうございます。

無理矢理お願いしてしまって、スミマセンでした(^^)。これだけ特徴的な格好なので、直ぐに正体が割れると思っていましたが、それほど数が多くないのでしょうかね。
赤い目に夢中になってしまって、撮っておく必要があった翅脈の写真を撮るのをスッカリ忘れてしまいました。撮るのが専門なので、ついつい目にピンとを合わせるのが癖になってます。

顔と体形だけでなく、それなりに特徴のある部分の観察が必要なのですね(^^;。

投稿: そら | 2013年8月10日 (土) 16時36分

そらさん、ezo-aphidさん、こんばんは。
こちらの記事に便乗して私も同種と思われるものを記事にしようと思い、あらためて探していると「一寸のハエ」にAclerisさんがよく似た標本写真を投稿されているのが見つかりました。(2007.08.01付け・No.3718)
Syneches属の未記載種とされていて、盛夏に現れる種だそうです。

投稿: おちゃたてむし | 2013年8月10日 (土) 21時01分

おちゃたてむしさん、こんばんは、

連絡、ありがとうございます。「一寸のハエ」を見てきましたが、比較的個体数の少ないハエなので、ネットでも写真が少ないのですね。
しかし、おちゃてむしさんの写真を見ましたが、この手の体形だと後方からの写真を撮っておく必要があることが良く分かりました。
最近、虫を見つけるのがやっとで、観察力が低下しているような気がしてます(^^;。

投稿: そら | 2013年8月10日 (土) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/57908111

この記事へのトラックバック一覧です: ●ハエの仲間から先が・・・はヒロバセダカバエ属(Syneches):

« ●エゴヒゲナガゾウムシ | トップページ | ●クズノチビタマムシの幼虫 »