« ●ヒメガガンボ科の仲間 | トップページ | ●ハラブトハナアブ属の仲間はカクモンハラブトハナアブと言うことに »

2013年8月15日 (木)

●トビイロシマメイガ

マンションの廊下の壁に止まっていたものですが、そこそこの色をしていたので撮ってみることに。
パソコンで撮った写真を見たら、立体感のある止まり方をしているから翅全体にピンとが合わなくて、何となく見栄えが良くない。
部屋のすぐ前だったので、改めてカメラをスライダーにセットして持ち出して、深度合成用の撮影を開始ししました。
どちらの写りが好みかは意見の分かれるところでしょうが、久しぶりに大物の深度合成をしてみて、こう言う全然動かない状態だったら、大きな虫で比較的楽に出来ることが分かりました。
深度合成は、冬場にしか縁がないかと思っていましたが、そうでもないみたいです。でも、この暑さに器材が増えるの勘弁してもらいたいので、やっぱり出番は涼しくなるまで無いでしょうね(^^)

トビイロシマメイガ (チョウ目メイガ科)
トビイロシマメイガ_1308031 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.0  F14  ISO100  (撮影:2013.08.03, 港南区芹が谷)

トビイロシマメイガ_1308032 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.0  F14  ISO100  (撮影:2013.08.03, 港南区芹が谷)

トビイロシマメイガ_1308033 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
CombineZMの41枚合成  (撮影:2013.08.03, 港南区芹が谷)

トビイロシマメイガ_1308034 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
CombineZMの86枚合成  (撮影:2013.08.03, 港南区芹が谷)

|

« ●ヒメガガンボ科の仲間 | トップページ | ●ハラブトハナアブ属の仲間はカクモンハラブトハナアブと言うことに »

チョウ(蛾の仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

驚異の86枚合成

おはようございます。
朝一番からドキッとするほどの美麗な蛾。
下翅を見せてくれる止まりかたも珍しい。
トビイロシマメイガ、初めて見ました。
横浜にいるのだから、東京にもいるかな(^^)。

100ミリに2倍のテレコン、蛾の大きさは?
脅威の枚数、86枚をどうやって撮ったのか?
スライダーはどこ製?メーカーはどこですか?

0.5ミリ刻みで86枚として、
43ミリ移動させなければならない。
手動でピント送りをしたのでしょうか。
電動のステッピングモーターではありませんよね?

パソコンでの後処理も時間かかったのでは?
スパコンを使っている?(^^)。

4枚目の精細感、大きくしてみたら鱗粉もハッキリみえます。
暑い中での労作にパチパチパチ・・・・・・。

投稿: jkio | 2013年8月15日 (木) 10時29分

jkioさん、こんにちは、

特別珍しいガではないので、東京にもたくさんいると思います。この手のがなの中では、翅の赤がキレイなのがいいですね。
ガの起き差ですが、翅の幅で15mmくらいだったと思います。真上からの方が、厚みが少ない分、撮影枚数が少なくて済みましたが、斜め横からのは予想外に枚数を撮る羽目になってしまいました。
高度なスライダーは持ってないので、手動で送りのダイヤルツマミを少し回し、それからシャッターを切っての繰り返しです(^^;。スライダーも、以前はベルボンのスーパーマグスライダーを使ってましたが、バックラッシュが大きいので海外製のと変えましたが微調整がし難いので改善の余地有りです。
普段から、比較的じっくり写真を撮っている方なので、思ったほどで時間が掛かったという印象はありませんが、数カット×数十枚なら手作業でも何とかなります。
パソコンは、そこそこの性能のを持っている(高性能のハードも好きなので)ので、100枚程度の処理だったら、以外に速い(数分)です。

今回は、自分の部屋の前だったので試してみましたが、この暑さだとフィールでは耐えられそうにないですね(^^;。

投稿: そら | 2013年8月15日 (木) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/57970856

この記事へのトラックバック一覧です: ●トビイロシマメイガ:

« ●ヒメガガンボ科の仲間 | トップページ | ●ハラブトハナアブ属の仲間はカクモンハラブトハナアブと言うことに »