« ●お馴染みさんのベッコウハゴロモの幼虫 | トップページ | ●プライヤハマキの夏型 »

2013年7月16日 (火)

●コマユバチの仲間?が出てきた

前回は、たくさんのコマユバチ幼虫が出てきて繭を一斉に作りましたが、今回のはお尻の部分に1個だけ繭が作られていました。
でもって、繭の糸で後ろ脚を固定されてしまったので、小さなイモムシ君は身動きが取れなくなっていましたが、この段階ではチャンと生きていました。
繭なら手間が掛からないので、今回もお持ち帰りして何が出てくるか観察することになりました。
出てきたのは黒い色のコバチで、真っ黒けで翅脈が良く見えないのですが、ヒメバチの仲間ではなくどうもコマユバチの仲間のようです。
コマユバチは団体さんが多く、ヒメバチは個体が多いと言う印象を持っていましたが、必ずそうなる訳ではないようですね(^^;。
どうも、オスのハチは羽化すると直ぐにメスを探す必要があるのか、容器の中をしきりに歩き回って止まらないので、写真を撮るのに羽化してから3日ほど掛かってしまいました。
最後は、今回も冷蔵庫で温度を下げて動きを鈍くして、何とか動きを止めたところで撮ることができました(^^)。

コマユバチの仲間? (ハチ目/コマユバチ科?)
ヒメバチの仲間_1307071 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.6  F14  ISO100  (撮影:2013.06.30, 港南区芹が谷)

ヒメバチの仲間_1307072 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.4  F14  ISO100  (撮影:2013.06.30, 港南区芹が谷)

ヒメバチの仲間_1307073 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.0  F11  ISO100  (撮影:2013.07.06, 港南区芹が谷)

ヒメバチの仲間_1307074 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS3.2  F11  ISO100  (撮影:2013.07.06, 港南区芹が谷)

|

« ●お馴染みさんのベッコウハゴロモの幼虫 | トップページ | ●プライヤハマキの夏型 »

ハチ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/57744840

この記事へのトラックバック一覧です: ●コマユバチの仲間?が出てきた:

« ●お馴染みさんのベッコウハゴロモの幼虫 | トップページ | ●プライヤハマキの夏型 »