« ●ひとりごと(ヒメバチの繭?) | トップページ | ●虫えいからでてきたのはアブラバチ科の仲間(Ephedrus ?persicae) »

2013年5月 8日 (水)

●ホウセンカヒゲナガアブラムシを再び

前に掲載したホウセンカヒゲナガアブラムシを撮ったサルトリイバラは、近くに出向いたときは毎回チェック(サルトリイバラには色々な虫が多いように思っているので)を入れています(^^)。
今回は、前のホウセンカヒゲナガアブラムシよりも背中が真っ黒なのがいたので、改めて撮ってきました。 脚もヒゲも、全体的に長いような気がします。
別の場所のサルトリイバラでは、既に有翅成虫が出てきていて、一歩手前の幼虫もたくさんいました。
有翅成虫は、この後ツリフネソウ属の植物に移動していくと教えて頂きましたが、植物が苦手な私の場合は近所にツリフネソウの仲間が生えているのかが分からないのでした(^^;。
虫の方は、微妙な違いが結構分かるのですが、植物の場合はネットの写真と比較しても合っているのかが分からない始末で、情けないです。

ホウセンカヒゲナガアブラムシ (カメムシ目/アブラムシ科)
ホウセンカヒゲナガアブラムシ_1305031 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F16  ISO100  (撮影:2013.05.03, 港南区芹が谷)

ホウセンカヒゲナガアブラムシ_1305032 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F16  ISO100  (撮影:2013.05.03, 港南区芹が谷)

有翅成虫と終齢幼虫
ホウセンカヒゲナガアブラムシ_1305041 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F16  ISO100  (撮影:2013.05.03, 港南区芹が谷)

ホウセンカヒゲナガアブラムシ_1305042 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F16  ISO100  (撮影:2013.05.03, 港南区芹が谷)

|

« ●ひとりごと(ヒメバチの繭?) | トップページ | ●虫えいからでてきたのはアブラバチ科の仲間(Ephedrus ?persicae) »

カメムシ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

なーるほど、4月16日の個体にくらべ、触角や脚が体長に比べて長いような気がします(写角の違いがあるので厳密ではありませんが)。なので、前回の個体はやはり「幹母(=卵から孵化した成虫)」と信じることにしました。
ツリフネソウやキツリフネは、湿け地で釣り舟型の花をぶら下げていますので、夏以降にはすぐに見つけられるでしょう。(果実が跳ね飛ぶので)別名オコリンボともいい、被写体としても面白いと思います。

投稿: ezo-aphid | 2013年5月 8日 (水) 21時16分

ezo-aphidさん、こんばんは、

前回の4月16日の個体が幹母と言うことですね、当然のことながら私も信じます、ありがとうございます(^^)。
ツリフネソウは、早速調べてみましたが面白い形をしていて、確かに写真向きかも知れませんが、花って虫に比べると撮るのが難しい気がしています。
どの角度から撮るのが、一番良いのかが見極めにくいのですよね、と言うのは虫撮りさんの感じ方ですが。

投稿: そら | 2013年5月 8日 (水) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/57302715

この記事へのトラックバック一覧です: ●ホウセンカヒゲナガアブラムシを再び:

« ●ひとりごと(ヒメバチの繭?) | トップページ | ●虫えいからでてきたのはアブラバチ科の仲間(Ephedrus ?persicae) »