« ●ひとりごと(オドリバエ科の仲間) | トップページ | ●タイワントガリキジラミ »

2013年4月 8日 (月)

●アカハネムシ

3月の後半になったら、急に見掛けるようになった赤い色の小型のコウチュウの仲間です。
ボテッとした感じで松鶴の櫛の部分の短いのがメスで、立派な櫛のある触角を持ったのがオスというこにとになるそうです。
虫の世界では、オスの立派な触角でメスを探すというのが多いように思いますが、全部がそうでもないようでオスとメスで似た形状の種もいますね(^^;。
コイツの幼虫ですが、前に「アカハネムシ科の幼虫かな」と言う記事を掲載していますが、ここで見掛ける成虫から合っていると思ってます。
しかし、良く見るとオスの顔の部分の先端部分が、人の顔に見えるのを記事を書いていて見つけました(^^)。
次回、再びオスを見つけたら、もっと色々な角度から撮ってみる必要ありですね。

アカハネムシ (コウチュウ目/アカハネムシ科)
アカハネムシ_1303301 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS2.0  F16  ISO100  (撮影:2013.03.30, 港南区芹が谷)

アカハネムシ_1303302 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F16  ISO100  (撮影:2013.03.30, 港南区芹が谷)

アカハネムシ_1303303 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F16  ISO100  (撮影:2013.03.30, 港南区芹が谷)

触角の立派なのがオス
アカハネムシ_1303304 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS3.2  F16  ISO100  (撮影:2013.03.24, 港南区芹が谷)

|

« ●ひとりごと(オドリバエ科の仲間) | トップページ | ●タイワントガリキジラミ »

昆虫」カテゴリの記事

甲虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/57068918

この記事へのトラックバック一覧です: ●アカハネムシ:

« ●ひとりごと(オドリバエ科の仲間) | トップページ | ●タイワントガリキジラミ »