« ●久しぶりのツヤコバチ科の仲間 | トップページ | ●ひとりごと(トビムシの仲間) »

2013年3月 7日 (木)

●今度こそキクイムシ科の仲間

これも、ケヤキの樹皮の裏で見つけたコウチュウの仲間で、今回は注意深く観察した結果キクイムシの仲間と言うことになりました。
その線で調べた結果、フッカーSさんの「東京23区内の虫」のカワノキクイムシ亜科の一種と同じだろうと言うことになったのでした(^^;。
体長は約2.7mmで、大きさ的には小さなコウチュウですが、キクイムシによる被害の方は大きかったような気がします。
横から見て、先端の黒い部分が目だとばかり思っていたら、その内側に複眼がチャンとあって黒い部分は頭だったんですか。
この手のムシも、樹脂を剥がしたときはジッとしているように見えますが、結構モゾモゾ動くので撮った写真を後から見ると動体ブレが多発しました(^^;。
折角眠っていたのに、いきなり表に出されたんじゃ、ジッとしている訳には行かないですかね。

キクイムシ科の仲間 (コウチュウ目/キクイムシ科)
キクイムシの仲間_1302241 α700 24mm/F2.8 リバース + 36mm + 20mm 接写リング
SS3.2  F--  ISO200  (撮影:2013.02.24, 港南区芹が谷)

キクイムシの仲間_1302242 α700 24mm/F2.8 リバース + 36mm + 20mm 接写リング
SS3.2  F--  ISO200  (撮影:2013.02.24, 港南区芹が谷)

キクイムシの仲間_1302243 α700 24mm/F2.8 リバース + 36mm + 20mm 接写リング
SS3.2  F--  ISO200  (撮影:2013.02.24, 港南区芹が谷)

キクイムシの仲間_1302244 α700 24mm/F2.8 リバース + 36mm + 20mm 接写リング
SS3.2  F--  ISO200  (撮影:2013.02.24, 港南区芹が谷)

|

« ●久しぶりのツヤコバチ科の仲間 | トップページ | ●ひとりごと(トビムシの仲間) »

昆虫」カテゴリの記事

甲虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/56833307

この記事へのトラックバック一覧です: ●今度こそキクイムシ科の仲間:

« ●久しぶりのツヤコバチ科の仲間 | トップページ | ●ひとりごと(トビムシの仲間) »