« ●いつもの野鳥(カワセミ)  | トップページ | ●越冬中のムラサキシジミ »

2013年1月30日 (水)

●タマゴクロバチ亜科(Telenomus属)の仲間

お馴染みのヤツデの葉の裏で見つけた黒コバチは、タマゴクロバチ亜科の仲間だと思います。
既に、登場しているだろうと思って前に掲載したのを調べてみたら、2012年1月15日に掲載したのが体長約0.7mmで、今回のが体長約1.1mmと一回り大きいのですが雰囲気は似ている気がします。
そんな訳で、私のブログに登場するは初めてだと思いますが、タマゴクロバチも外見が似たのが多きので見逃しているかも知れません(^^;。
おちゃたてむしさんところをくまなく調べれば、同じのが見つかるのかも知れませんが、今回は調べる気力がなかったので未確認のまま掲載です。
肉眼では、小さすぎて細かな違いが分からないので、皆同じに見えてきますが、撮り比べてみると意外に違った種類が混ざっているみたいですね。

2月1日追記
ひげぶとさんから「顔の特徴が確認できないので、種の特定はできませんが、Telenomus属のタマゴクロバチです。」とのコメントが頂けましたので、タイトルと記事の追加訂正することにしました。
ひげぶとさん、ありがとうございます。
しかし、今後は顔写真もシッカリ撮らないと駄目と言うことですね(^^;。

タマゴクロバチ亜科(Telenomus属)の仲間 (ハチ目/ハラビロクロバチ科)
タマゴクロバチ亜科の仲間_1301131 α700 24mm/F2.8 リバース + 36mm + 20mm 接写リング
SS4.0 F--  ISO200  (撮影:2013.01.05, 港南区芹が谷)

タマゴクロバチ亜科の仲間_1301132 α700 24mm/F2.8 リバース + 36mm + 20mm 接写リング
SS3.2 F--  ISO200  (撮影:2013.01.05, 港南区芹が谷)

タマゴクロバチ亜科の仲間_1301133 α700 24mm/F2.8 リバース + 36mm + 20mm 接写リング
SS2.5 F--  ISO200  (撮影:2013.01.05, 港南区芹が谷)

|

« ●いつもの野鳥(カワセミ)  | トップページ | ●越冬中のムラサキシジミ »

ハチ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

顔の特徴が確認できないので、種の特定はできませんが、Telenomus属のタマゴクロバチです。
♀で触角が10節であり、その他の特徴からTelenomus euproctidis Wilcoxか、T. kuboi Yasumatsu、またはT. kyushuensis Ryu、あるいは日本未記録種、さらに新種のいずれかですね。

投稿: ひげぶと | 2013年1月30日 (水) 23時56分

ひげぶとさん、こんばんは、

コメント、本当にありがとうございます。

この手の小さなハチは、控えめなのかうつむき加減で休んでいるのが多いので、真正面の顔を撮るのが難しいです。
でも、顔の特徴が分かると種の特定に一歩近づくようなので、次回以降は顔の写真を撮れるように頑張りたいです。

投稿: そら | 2013年1月31日 (木) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/56579032

この記事へのトラックバック一覧です: ●タマゴクロバチ亜科(Telenomus属)の仲間:

« ●いつもの野鳥(カワセミ)  | トップページ | ●越冬中のムラサキシジミ »