« ●ひとりごと(ヤマトタマムシの翅) | トップページ | ●マルツノゼミかな? »

2012年7月23日 (月)

●アメイロホソムシヒキ?

折角見つけたアミガサハゴロモの成虫を撮り逃がして、近くを探していたら代わりに見つけたのが小さなムシヒキアブでした。
帰って名前を調べてみたら、アメイロホソムシヒキかその仲間らしいのですが、意外に情報が無くて分かったのはここまでです(^^;。
写真を良く見たら、口に赤い小さいのを咥えていて、どうやらダニの仲間を捕まえていたようです。
折角見つけた初物のムシヒキアブだったのですが、ササの葉にぶら下がっているし風が軽く吹いていて、しかも笹藪と言うのは足場が良くないので、三脚がシッカリ固定されてなかったようでブレ多発でした(^^;。
できることならば、もう一度お会いしてシッカリした写真を撮りたいものです。

アメイロホソムシヒキ? (ハエ目/ムシヒキアブ科)
アメイロホソムシヒキ?_1207211 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS6.0  F16  ISO100  (撮影:2012.07.21, 港南区芹が谷)

アメイロホソムシヒキ?_1207212 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS4.0  F16  ISO100  (撮影:2012.07.21, 港南区芹が谷)

アメイロホソムシヒキ?_1207213 EOS 7D  Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS6.0  F16  ISO100  (撮影:2012.07.21, 港南区芹が谷)

|

« ●ひとりごと(ヤマトタマムシの翅) | トップページ | ●マルツノゼミかな? »

ハエ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ムシヒキの種名はよく分からないのですが、赤いダニは口吻の付け根あたりにくっついているのを見ると、餌食になっているのはムシヒキの方ではないでしょうか。ムシヒキアブの仲間は飛行物体(糸にぶら下がった奴も含めて)しか襲わないのではないかと勝手に思っているのですが・・・。

投稿: おちゃたてむし | 2012年7月23日 (月) 20時40分

おちゃたてむしさん、こんばんは、

ムシヒキって、葉の上で歩いてるのなんかもアタックして捕まえているので、ダニも歩行中に見つかってしまったのかも知れません。
でなければ、いくらダニだって、そう簡単には口吻の近くに陣取るのは難しいようなきがしますが(^^;。

しかし、おちゃたてむしさんは目の付け所が違いますね(^^)。

投稿: そら | 2012年7月23日 (月) 22時07分

そらさん、こんばんは。
歩いているのも捕まえるんですか。大きな勘違いをしていたようです。何事も思い込みはいけませんね。
ところでマルツノゼミとオビマルツノゼミの違いですが、北隆館の図鑑には後者の翅の帯以外に、体長(翅端まで)がマルツノで4~5mm、オビマルで♂5.5、♀6.5mm内外とあります。大きさでもある程度見当がつきそうですね。

投稿: おちゃたてむし | 2012年7月24日 (火) 20時13分

おちゃたてむしさん、こんばんは、

虫を撮ろうとしていて、近くにいた虫がアッと言う間にムシヒキにさらわれたのを見たことがあります。
それ以来、虫もノンビリ日向ぼっこなんかしてられないんだなと思っています(^^;。

マルツノゼミの大きさですが、確認したら約5.5mmとなりましたが、今回のは見た目でマルツノゼミですよね。 大きさ的には、オビマルツノゼミになるようですが。

投稿: そら | 2012年7月24日 (火) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/55248482

この記事へのトラックバック一覧です: ●アメイロホソムシヒキ?:

« ●ひとりごと(ヤマトタマムシの翅) | トップページ | ●マルツノゼミかな? »