« ●ミズアブ科の仲間はトゲナシミズアブと言うことに! | トップページ | ●正体不明の繭は? »

2012年5月 2日 (水)

●ひとりごと(ヤブキリの幼虫)

ヤブキリの幼虫がたくさんいる割には、脱皮に遭遇することが少ないのは、虫の方も心得ていて襲われる確率の少ない条件で脱皮しているからなのでしょうね。
久しぶりに、ヤブキリの脱皮に遭遇しましたが、今回のは脱皮中にしては色が濃いような気がしました。
もう暫くは、ヤブキリの幼虫がたくさんいる状態が続くのでしょうが、成虫になれば強いヤブキリも小さい間は敵も多いのでしょうか。

今日一日頑張れば、やっと後半の4連休になりますが、空模様の方がチョッと気になります。
でも、4連休の半分は天気も良さそうなので、大いに期待しているのですが、日曜日に撮り逃したニジュウシトリバにも、今回は再会できるかな(^^;。

ヤブキリ (バッタ目/キリギリス科)
ヤブキリ_1204291 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1/10  F16  ISO200  (撮影:2012.04.28, 港南区芹が谷)

|

« ●ミズアブ科の仲間はトゲナシミズアブと言うことに! | トップページ | ●正体不明の繭は? »

バッタ」カテゴリの記事

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●ひとりごと(ヤブキリの幼虫):

« ●ミズアブ科の仲間はトゲナシミズアブと言うことに! | トップページ | ●正体不明の繭は? »