« ●ひとりごと(ヤブキリの幼虫) | トップページ | ●アシナガオトシブミのオスは初めて »

2012年5月 2日 (水)

●正体不明の繭は?

前にアブラバチの繭を見つけた場所で、今回もなんだか良く分からない白い繭らしきものを見つけました。
最初は、クモの寝床かと思っていたのですが、試しに一個取って中身を確認してみたら、虫のサナギがでてきました(^^;。
形の感じからすると、ハチの仲間のようにも見えますが、どう言う種類の虫なのかは見当もつかず。
分からないものでも、撮ったものは載せて見ることで、もしかしたら知っている人がいて教えてくれるかも知れないと少しだけ期待して載せおきます(^^;。
しかし、こう言うのって開けてしまった場合の後処理困ってしまいますが、元に戻す訳にも行かないので、仕方なく上から枯れ葉をそっと載せて木の根元に置いてきました。
お布団を剥いでしまいましたが、もう寒くもないから風邪引かないよね(^^;。

正体不明の繭 (???)
正体不明の繭_1204221 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.5  F16  ISO200  (撮影:2012.04.21, 港南区芹が谷)

正体不明の繭_1204222 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.5  F16  ISO200  (撮影:2012.04.21, 港南区芹が谷)

正体不明の繭_1204223 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.8  F16  ISO200  (撮影:2012.04.21, 港南区芹が谷)

Fum正体不明の繭ei_1204224 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.8  F16  ISO200  (撮影:2012.04.21, 港南区芹が谷)

|

« ●ひとりごと(ヤブキリの幼虫) | トップページ | ●アシナガオトシブミのオスは初めて »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

とりあえず資料が皆無で確認の手段が無いのですが、この偏平な腹部、全体的な体のつくり、脚の感じ、翅の生え方、触角の構造や太さ・・・・ひょっとすると、カイガラムシの仲間のオスの蛹かも?
腹部の側面を見てて連想するのは、コナカイガラムシ科かなぁ(ちょっとギザギザしてるように見えるので)。
ちなみに、カイガラムシのオスは完全変態で蛹になっているように見えますが、実際には3齢幼虫の「擬蛹」(蛹と幼虫の中間のような状態)という形態であって厳密に言うと「不完全変態」なのだそうです。
オスは交尾の時期に短期間出てくるだけで、それ以外の時期にはどこでどうやって過ごしているのかがよく分からないのですが、もしこれがコナカイガラムシ科のオスの擬蛹ならば、謎だった生態の一部がビジュアルとして確認できたってことで嬉しいですね。

しかしまあ、以上はあくまでも私の勘です。海外のサイトも見てみましたが、「オスの擬蛹」や「樹皮裏の繭」などの画像が見つからないので・・・・・。

ハズレてたらスイマセン(笑)。

投稿: フッカーS | 2012年5月 4日 (金) 21時35分

フッカーSさん、こんばんは、

明日、繭のあった場所に行って、どうなっているか確認してみることにします。
もし残っていたら、お持ち帰りするしか無さそうですが、サナギだったら餌の心配はいらないから何とかなるかも(^^)。
もし、お持ち帰りできたら、何が出てくるか楽しみですね!

投稿: そら | 2012年5月 4日 (金) 21時48分

おー、フッカーSさん、ご明察です。口器が見えず、絹糸ではなく大量のワックスに覆われてる、と見れば妥当ですねー。
カイガラムシ図鑑317頁に「カメノコロウムシ」全ステージの腹面図があり、雄の蛹にそっくりです。マルカイガラムシ科の雄の蛹も基本形が似ているので、これがコナカイガラムシ科としてもおかしくありません。ただし、羽化した雄成虫を見ても、参考書が少ないため所属の見当はつかないだろうと思います。そこで、雄の蛹と同様の位置(エノキ?ケヤキ?)にたくさんいるはずの大型の雌個体を撮っておくことをお勧めします。雌では、たぶん、これほど多量のワタ(wax)を被らず、そのままで概形が判るだろうと思います。エノキ・ケヤキなどの樹幹に寄生するカイガラムシ候補は、それぞれ10種以上いますので、絞り込みは容易ではありません。

投稿: ezo-aphid | 2012年5月 5日 (土) 08時55分

ezo-aphidさん、おはようございます。

今朝、シッカリ確認してきました。
結果は、ワタカイガラムシ科のオオワラジカイガラムシと言うことになりました(^^)。
写真もチャンと撮ってきましたので、後日ブログに載せることになります!
昨日今日と、オオワラジカイガラムシのオスが出始めています。メスも、今年は久しぶりの大発生していて、交尾も始まっていました。

それにしても、これがカイガラムシのサナギだって分かるなんて、皆さん凄いです!

投稿: そら | 2012年5月 5日 (土) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/54588980

この記事へのトラックバック一覧です: ●正体不明の繭は?:

« ●ひとりごと(ヤブキリの幼虫) | トップページ | ●アシナガオトシブミのオスは初めて »