« ●コナチャタテ科の仲間はLiposcelis? | トップページ | ●イスノフシアブラムシを深度合成 »

2012年3月23日 (金)

●チョッと大きめのヤドリバエ科のカイコノウジバエ属の仲間

葉っぱが重なっていた隙間で休んでいたチョッと大きめのハエを見つけ、久しぶりの大物と言うことで嬉しくなってと撮ってきました(^^;。
体長が約15mmですから、最近としては本当に大物になります。
どこかで見たような気がしないでもないが、これと言った根拠もなく見た目の勝負でヤドリバエあたりが怪しいと言うことになりました(^^)。← 合ってました!
この時期でなかったら、積極的には撮ることの少ないハエの仲間ですが、探しても常連さんのムシも見つからないような状況なので、そこは貴重な被写体となるのでした。
もうチョッとで4月になりますから、さすがにムシの方だって出てくるための準備を進めてくれているだろうと期待しています。
桜が咲く頃になっても、今のままだったらブログ閉鎖になっちゃいますよ~(^^;。

3月23日追加
ezo-aphidさんから情報を頂き、カイコノウジバエ属の仲間として記事の追加の訂正をしました(^^;。
ezo-aphidさん、ありがとうございました。

ハエの仲間 (ハエ目/ヤドリバエ科)
ハエの仲間_1203181 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.4  F16  ISO200  (撮影:2012.03.18, 港南区芹が谷)

ハエの仲間_1203182 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.6  F16  ISO200  (撮影:2012.03.18, 港南区芹が谷)

ハエの仲間_1203183 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.8  F16  ISO200  (撮影:2012.03.18, 港南区芹が谷)

|

« ●コナチャタテ科の仲間はLiposcelis? | トップページ | ●イスノフシアブラムシを深度合成 »

ハエ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

ためしにカイコノウジバエで検索してみたら、名前が売れてるために、いろんなヤドリバエにこの名が・・・・・。
対馬の「虫つれづれ・・・」2009.06.12 に似てますねー。

投稿: ezo-aphid | 2012年3月23日 (金) 19時27分

ezo-aphidさん、こんばんは、

「虫つれづれ@対馬」さんところを見てきましたが、確かにソックリです。
私には、これで十分なので「カイコノウジバエ属の一種」とすることにします。
いつも、ありがとうございます。

投稿: そら | 2012年3月23日 (金) 21時40分

少し調べたら、日本にはBlepharipa属は9種も記録があり、「福光村昆虫記」には似たような画像が5枚ほども・・・・。深入りしない方が賢明のようです。
それにしても強そうなハエ、体にあたってもめげずにブンといって飛んでいきそう・・・。

投稿: ezo-aphid | 2012年3月24日 (土) 15時14分

この日は寒かったので、チョッと振動を与えた位では動く気配もなくデンと構えてました。
冬場は、小さなムシが主体なので、このクラスのハエになると迫力有ります(^^)。

投稿: そら | 2012年3月24日 (土) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/54252662

この記事へのトラックバック一覧です: ●チョッと大きめのヤドリバエ科のカイコノウジバエ属の仲間:

« ●コナチャタテ科の仲間はLiposcelis? | トップページ | ●イスノフシアブラムシを深度合成 »