« ●ツツジコナジラミモドキ | トップページ | ●キモグリバエ科の仲間(2) »

2012年3月13日 (火)

●ひとりごと(スズメ)

久しぶりに川に様子を見に行ってきましたが、去年に比較すると野鳥の姿が全然少ないです。
本当は、川沿いに植えてある川津桜が咲き始めたかと思って出向いたのですが、残念ながらチョッと早かったようです(^^;。
お仲間の二方に会ったので話を聞いてみましたが、やはり今年は野鳥の数が少ないと言ってました。 この川だけでなく、全般的に数が少ないようで、どうも餌になる木の実が少ないの原因らしいとのことでした

サクラは未だだったし、野鳥はいないしで、この冬は川に行ってもトリは少ないし、山に行っても虫は少ないし、自然を相手にしていると毎年同じと言う訳には行きませんね(^^;。

スズメ (トリ目/ハタオリドリ科)
スズメ_1203121 EOS 7D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
SS1/800  F8.0  ISO200  (撮影:2012.03.11, 港南区(戸塚区)平戸永谷川)

|

« ●ツツジコナジラミモドキ | トップページ | ●キモグリバエ科の仲間(2) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

年々歳々、花あい似たり。歳々年々、人同じからず。

・・・・と詠まれた時代とは違うということでしょうかね。
「降る雪や、明治は遠くなりにけり」 う~ん、ジジクサイ。

投稿: ezo-aphid | 2012年3月13日 (火) 15時04分

ezo-aphidさん、こんばんは、

私なんかは、「自然というのは毎年同じという方が異常なのかも知れない」って思うことがあります。
でも、人間の方はもっと凄い早さで変化しているので、自然の変化に気が付きにくい気がします。

昭和も遠くなり始めた気がするが、単なる歳取ったせいで物忘れが増えただけか(^^;。

投稿: そら | 2012年3月13日 (火) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ●ひとりごと(スズメ):

« ●ツツジコナジラミモドキ | トップページ | ●キモグリバエ科の仲間(2) »