« ●ウスキホシテントウを深度合成 | トップページ | ●ひとりごと(エサキモンキツノカメムシ) »

2012年2月19日 (日)

●ハエの仲間はクロツヤバエ科の仲間?

去年の暮れに撮ったハエですが、既に掲載済みかと思って調べてみたら、初めて撮ったハエのようです。
体長は約4.0mmで、あまり大きくはありませんが、どちらかと言うと幅広の感じがします。 でも、コバチの仲間に比較したら、これでも十分に大きい方に分類されますね(^^)。
どこかで見たような雰囲気がありますが、例によって正体不明だったのでお蔵入りになっていたのが事実なのでした。
この時期は収穫が少ないので、未整理の写真を眺め直してみて、撮影枚数が少なくても他のと組み合わせれば何とかなることもあったりして(^^;。
ハエやコバチが好きな方もいらっしゃるようなので、折角撮った写真は、「もしかし…」を期待してできるだけ公開してみるのでした(^^)。

12月04日追記
ezo-aphidさんから「クロツヤバエ科の雄だと思います」とのコメントを頂けたので、タイトルと記事の追加訂正することにしました。
クロツヤバエ科 の 1種 として、BABAさんところに掲載されています。
ezo-aphidさん、ありがとうございます。

クロツヤバエ科の仲間 (ハエ目/クロツヤバエ科)
ハエの仲間_1202101 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS3.2  F16  ISO200  (撮影:2011.12.25, 港南区芹が谷)

ハエの仲間_1202102 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS3.2  F18  ISO200  (撮影:2011.12.25, 港南区芹が谷)

|

« ●ウスキホシテントウを深度合成 | トップページ | ●ひとりごと(エサキモンキツノカメムシ) »

ハエ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

これはクロツヤバエ科の雄だと思います。BABAさんの「2011.12.27」にも載ってますが、平均棍が真黒で、触角第3節はやや細長い種が多いようです。

投稿: ezo-aphid | 2012年2月19日 (日) 11時46分

ezo-aphidさん、こんばんは、

いつもありがとうございます。
BABAさんとこを見てきましたが、ストロボの有無でこれだけ感じが違うと、私には違う種に見えてきます(^^;。
でも、載せたおかげで正体が割れたので、また一つ正体が割れた種が増えました!

投稿: そら | 2012年2月19日 (日) 21時09分

変わった頭部の面白いハエだな〜。1度見てみたいなぁ。

え!(^^;; ezo-aphidさん凄いですね〜。わたしも別種と思っておりました。そらさん、お仲間ですね(^^;;

投稿: BABA | 2012年2月19日 (日) 22時58分

BABAさん、こんばんは、

確かに、頭の部分のバランスがチョッと変ですね!

皆さん、ストロボを使用しているので、見慣れた虫なら色の感じの違いは分かっているつもりですが、今回のように別種に見えることもあるんですね!
ちなみに、私とお仲間と言うことはど素人の部類と言うことですが良いのかな(^^;。

できれば、ハエよりもコバチを撮って載せたいです!

投稿: そら | 2012年2月19日 (日) 23時15分

同じ種かどうかも判りません。眼の間の幅は違いますが、これが性差なのか種間差なのかさえ・・・・。属を絞ろうとしましたが、顔とか胸部側面の刺毛、小楯板の刺毛などがよく見えないので、無理でした。日本では調査不足で、3属3(+a)種しか判っていません。科名の「Lonch-aeidae」は、雌の尾端が尖り、産卵管がヤリのように長く突出することから名づけられたようです。

投稿: ezo-aphid | 2012年2月20日 (月) 00時05分

ezo-aphidさん、こんばんは、

お気楽モードの二名の発言と言うことで、ご勘弁下さい(^^;。
白い壁に黒いハエという最悪の組み合わせだったので、細部までキレイに撮れてなかったですね!
平たい壁に止まっているのは、真正面(=背中)から以外は本当に撮り難いです。

投稿: そら | 2012年2月20日 (月) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/53966431

この記事へのトラックバック一覧です: ●ハエの仲間はクロツヤバエ科の仲間?:

« ●ウスキホシテントウを深度合成 | トップページ | ●ひとりごと(エサキモンキツノカメムシ) »