« ●今年初のカワセミ君 | トップページ | ●ハラビロクロバチ科タマゴクロバチ亜科(Gryon属)の仲間 »

2012年1月 2日 (月)

●ハラビロクロバチ科(Synopeas属)の仲間

最初はユスリカの仲間でも止まっているのかと思いましたが、良く見たらハチの仲間でした。
全然動く気配が無かったので、細い枯れ草で突っついてみましたが、逃げたのか私が飛ばしてしまったのか良く分かりませんでした(^^;。
何となく見覚えのあるハチだったので、いつものようおちゃたてむしさんところをチェックした結果、ハラビロクロバチ科の仲間では無いかと言う結論になりました。
体長が約1.7mmと小さかったのと、ハチらしい形をして無かったので、肉眼で見たときにはハチとして認識できませんでした。
この冬も、葉っぱの裏を探して回る日々が続きそうですが、昨年の冬に撮ってない種類がまだまだいるようなので、何とか春まで持つかも知れませんね(^^;。

1月4日追加
kurobachiさんから「Synopeas属で結構です。腹部が円盤状に強烈に変形していて,かつてはSactogasterという属にされていましたが,オスは普通のSynopeasと区別がつかないので統合されました。」とのコメントを頂いたので、タイトルと記事の追加の訂正をしました(^^;。
kurobachiさん、ありがとうございました。

ハラビロクロバチ科の仲間 (ハチ目/ハラビロクロバチ科)
コバチの仲間_1201011_2 α700 24mm/F2.8 リバース + 36mm + 20mm 接写リング
SS1.0  F--  ISO200  (撮影:2011.12.31, 港南区芹が谷)

コバチの仲間_1201012_2 α700 24mm/F2.8 リバース + 36mm + 20mm 接写リング
SS1.0  F--  ISO200  (撮影:2011.12.31, 港南区芹が谷)

|

« ●今年初のカワセミ君 | トップページ | ●ハラビロクロバチ科タマゴクロバチ亜科(Gryon属)の仲間 »

ハチ(コバチの仲間)」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

こんばんわー。触角が見えずに弱りましたが、腹部の特異な形からしてSynopeas属の雌でしょうね。Hepotaさんの(2011.04.21)にも同属の2種が載っていて、kurobachiさんのコメントがあります。

投稿: ezo-aphid | 2012年1月 2日 (月) 18時49分

ezo-aphidさん、こんばんは!

ハラビロクロバチ科で合っていたようで良かったです。新年早々のチョンボじゃ、この先が思いやられますからね(^^;。
おちゃたてむしさんをはじめ、皆さんコバチをたくさん撮られていますが、ここでも探せば結構見つかるようで楽しみが増えました。

投稿: そら | 2012年1月 2日 (月) 23時16分

Synopeas属で結構です.腹部が円盤状に強烈に変形していて,かつてはSactogasterという属にされていましたが,オスは普通のSynopeasと区別がつかないので統合されました.

投稿: kurobachi | 2012年1月 4日 (水) 12時33分

kurobachiさん、こんにちは、

こちらは、Synopeas属と言うことが確定して、撮ってきた虫の正体が分かるととっても嬉しいです。
早速タイトルから「?」を取ることにします、ありがとうございました。

投稿: そら | 2012年1月 4日 (水) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/53629459

この記事へのトラックバック一覧です: ●ハラビロクロバチ科(Synopeas属)の仲間:

« ●今年初のカワセミ君 | トップページ | ●ハラビロクロバチ科タマゴクロバチ亜科(Gryon属)の仲間 »