« ●ビジョオニグモを再び | トップページ | ●ウスイロチャタテの仲間?の幼虫 »

2011年12月20日 (火)

●モミジニタイケアブラムシ

今年は豊作なアブラムシですが、今日のは紅葉の葉で見つけたモミジニタイケアブラムシです。
いつものようにネットで調べた画像との照合と、ホストがモミジだったことから、今回は間違いないと思います。
有翅型は別として、やはりアブラムシはお腹がまん丸なの方が良いようで、今回のたモミジニタイケアブラムシのように、背中が洗濯板(古い!)みたいに波打ってないほうが綺麗な感じがします(^^;。
モミジは、秋も深まると紅葉して葉が落ちてしまうのと、今まで気にしながらモミジを見ても、何の収穫もなかったので予想外の発見でした。
と言うことなので、このアブラムシも今回初めて実物を見たのでした(^^)。
これで、ここ最近見掛けたアブラムシは、一通り登場したことになります!

モミジニタイケアブラムシ (カメムシ目/アブラムシ科)
モミジニタイケアブラムシ_1112111 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F16  ISO200  (撮影:2011.12.11, 港南区芹が谷)

モミジニタイケアブラムシ_1112112 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F16  ISO200  (撮影:2011.12.11, 港南区芹が谷)

モミジニタイケアブラムシ_1112113 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F16  ISO200  (撮影:2011.12.11, 港南区芹が谷)

|

« ●ビジョオニグモを再び | トップページ | ●ウスイロチャタテの仲間?の幼虫 »

カメムシ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

実は、日本のモミジ類(Acer属)に寄生するニタイケアブラムシ属Periphyllusは8種います。モミジニタイと呼ばれるcaliforniensisが3mm前後と大きく、もっとも普通種なのかもしれませんが。このほかの種は、緑色だったり、体長2mm以下のようです。
1・2枚目は卵生虫(後脛節が太い)と、有翅の胎生虫(雄にしては腹が太め?)だろうと思います。

投稿: ezo-aphid | 2011年12月20日 (火) 19時37分

ezo-aphidさん、こんばんは、

このアブラムシにもお仲間が8種類もいるのですか! ブログに写真を掲載するようになってコメントを頂く度に、本当に虫の種類が多いのが実感できるようになりました(^^)。
植物に付いたアブラムシは、取っても取ってもきりがないようですが、私の方も撮っても撮っても、初顔が出てきてきりがないようです(^^;。
その分、色々なのが撮れるので楽しい限りですが!

投稿: そら | 2011年12月20日 (火) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/53459593

この記事へのトラックバック一覧です: ●モミジニタイケアブラムシ:

« ●ビジョオニグモを再び | トップページ | ●ウスイロチャタテの仲間?の幼虫 »