« ●ひとりごと(ジョロウグモ) | トップページ | ●ヒメバチの仲間はアメバチモドキの一種(Netelia sp.) »

2011年12月22日 (木)

●アブラススキヒゲナガアブラムシの有翅型

このところ、ちょくちょく顔を出しているアブラススキヒゲナガアブラムシですが、今回は有翅型がいたので登場してもらいました。
単独でいたら、どのアブラムシか分からない他のと同じような感じですが、アブラススキに幼虫と一緒にいたので、ほぼ間違いないと思います。
実際は、ススキの穂の中に紛れ込んでいましたが、それでは撮影できないので穂先をかき分けて、表面に出てくるようにして撮ってあります。
有翅型と言うことは、どこかへ飛んでいって卵を産んで、その子がまたアブラススキに戻ってくることになるのかな(^^)。
今年は、アブラムシをたくさん撮りましたが、被写体として区分するとツヤのあるアブラムシが、ピントも合わせやすいし撮れた写真もキレイです。
ワックスを噴いているのアブラムシは、ピントを合わせていても何となくぼやけた感じがしてピントが合わせにくく、実際に撮れた写真も何となくスッキリしないのでした(^^;。

アブラススキヒゲナガアブラムシの有翅型 (カメムシ目/アブラムシ科)
ブラススキヒゲナガアブラムシ_1112116α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.0  F16  ISO200  (撮影:2011.12.11, 港南区芹が谷)

ブラススキヒゲナガアブラムシ_1112117 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS0.5  F16  ISO200  (撮影:2011.12.11, 港南区芹が谷)

後ろのが有翅型の前段階?(^^)ブラススキヒゲナガアブラムシ_1112118 α700 Macro 100mm/F2.8 + 2.0x TELEPLUS MC7 DGX
SS1.6  F16  ISO200  (撮影:2011.12.11, 港南区芹が谷)

|

« ●ひとりごと(ジョロウグモ) | トップページ | ●ヒメバチの仲間はアメバチモドキの一種(Netelia sp.) »

カメムシ」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

コメント

そらさん、幼虫はご推察の通りです。有翅虫の方は、2011.12.11 のムギヒゲナガ褐色型と区別できませんねー。しかし、2枚目を見ると翅脈が未完成なので、ここで羽化して1日くらいのようす、つまりここで育った胎生雌と推察できます。これらはまた新たな産子場所(若いアブラススキ)を求めて飛んでゆくのでしょう。てなことで、表題は正解と認定いたします、ハイ。

投稿: ezo-aphid | 2011年12月22日 (木) 11時37分

ezo-aphidさん、こんにちは、

認定、ありがとうございます(^^)。
それでも、「2枚目を見ると翅脈が未完成なので…」付いては、「えっそうなんだ!」と言った具合ですから、まだまだ修行すべき事は山のごとく有るようです!

今日も、ブラック・サンタの置き土産の対応で遅くなりそうですが、いいコメントもあったから良しとしましょうね(^^;。

投稿: そら | 2011年12月22日 (木) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540275/53515719

この記事へのトラックバック一覧です: ●アブラススキヒゲナガアブラムシの有翅型:

« ●ひとりごと(ジョロウグモ) | トップページ | ●ヒメバチの仲間はアメバチモドキの一種(Netelia sp.) »